2017年06月09日

ファンちゃんと感動の再会(1日目 その3)

お店がなくなり,連絡手段も失ってしまいました.今回,彼女に会うことが難しくなったと考えるのが普通です.ファンちゃんとの再会を強く望んでいたのですが,これも運命なのかと悲しくなりました.それに,スマホの件といい,悪いことは重なるものです.沈んだ気持ちでビーチロード側に向けて歩き出しました.

するとすぐに左手から名前を呼ぶ声がします.視線を向けると,なんと工事中のお店の前に,ファンちゃんの姿がありました! オーナーが変わって改装しているけど,元の女の子たちはそのまま雇用されているみたいです.店内はまだ改装途中だけど,お店の軒先に設置済みのカウンターに座って友達とおしゃべりしてました.「もう会えない」と思っていたので,喜びもひとしおで,おもわず駆け寄ってハグをしてしまいました.

驚くファンちゃんに,スマホを無くした経緯を説明します.ファンちゃん,私が一生懸命説明していたからか「うんうん」と頷きながら神妙に聞いてくれましたが,きっと彼女の英語力ではあまり理解できていなかったと思います.それでも,もう会えないかしれないと思ったコトの顛末を聞いてもらいたかったのです.

感動の再会を果たし,落ち着いたところで,さてお店に入って良いものかどうかよく分からない状況であることに気づきました.お店は工事中で営業しているようには見せません.果たして彼女たちは仕事中なのでしょうか.日本人的な常識で考えれば,お店が改装工事中は,「関係者以外立ち入り禁止」ですよね.

席に着くかどうか迷っていたら,一緒にいたファンちゃんの友達(LB友)が「一緒に飲もう.ビール買ってよ」と声をかけてきました.やっぱりお店ではまだお酒を出していないみたいです.以前,ブッダデイに店先でなつちゃんと酒盛りしたのと同じように,酒屋で酒を買って来て店先で「個人的な酒盛り」をしている状況であると把握しました.それにしても,この状況でよく再会できたものだ.彼女たちが部屋飲みしていたら会えなかったということです.幸運に感謝です.


LB友は良いヤツでした


ファンちゃんと一緒にセカンドロード,ソイ6入り口付近にあるセブンまで買い出しに出かけました.大瓶ビールを数本買ってきて彼女たちの宴会に参加…のつもりが,グラスに少し口を付けただけで,ファンちゃんが「2人で出かけたい」と言い出しました.どうやらビールは友達のためだったみたいです.もともとそのつもりだったので異論はありません.すぐに承知して一緒に出かけることにしました.お店はやっていないので,当然バーファインは無し.

「お腹空いている?」
「すこし」
「良いお店知ってる?」
「うん」

というのでついて行ってみると,それはビーチロードにある,彼女と初めて会ったとき行ったのと同じレストランでした.でも残念ながら今日は休業.仕方がないので,セカンドロード,ソイ7付近にある,以前一度だけ入ったことのあるレストランに入りました.(タイ語で「美味しい」という意味の名前の店だったのですが,味はイマイチでした)

食後,手を繋いで徒歩でホテルへ.長いキスのあと,ベッドに倒れこみ,愛撫.吐息が漏れ出したころ「シャワー」というので「一緒に行く?」というと少し照れたように微笑んで頷きました.
ボディーソープを付けてお互い洗いっこして,抱きしめてディープキス.ボディーソープでヌルヌルになったカラダをお互いに刺激しあいます.エロいシャワーですっかり気分が盛り上がりそのままベッドインしました.

ファンちゃん,少しだけ太ったようだけど,やっぱり(個人的に)可愛いし,性格の相性も良いので,とても幸せな夜を過ごすことができました.
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月07日

そして悪いことは重なる(1日目 その2)

スマホはもう出てくることは無いだろうから諦めるしかありません.それよりも問題は,初日から誰とも連絡が取れなくなってしまったことです.真っ先に頭に浮かんだのは,前回最終日に出会ったソイ6のファンちゃんの顔でした(参照:ソイ6ファンちゃんとの出会い).

ファンちゃんは若くはないし,とびきりの美人というわけでもないけど,南国風味の好みのタイプで性格の相性も良く,一緒にいて楽しい女の子です.今回も絶対に会いたいと願っていたので,彼女と連絡が取れないのはかなり痛いです.たぶんお店にゆけば会えるのだろうけど,何があるかわかりませんからね…

気分は最低.慌てて飛び出してきたのでアイちゃんが心配しているかもしれないと考えて,ビーチロード方面に歩きました.ハピネスのカウンターを確認すると,女の子やお客さんで賑わっているけど,彼女の姿は見当たりません.さっき慌ててお店を飛び出したことが少々恥ずかしいと感じたことと,もし会ったら,同情的な態度をとられる可能性があり,それもあまり嬉しく思わなかったので,お店には立ち寄ることなく,そのまま通過してしまいました.

ビーチロードで折り返してソイ8に折り返してセカンドロード側に歩いていたら,ソイ中程のバーで友達のTちゃん(LB)から声をかけられました.あまり気が進まなかったけど,ちょっと落ち着くために一杯飲んで行くことにしました.



スマホを無くした話をしてみたけれど,Tちゃんはあまり興味がない様子.こちらは,盗られたスマホのことがまだ頭の中から消えいないのか,Tちゃんの話があまりちゃんと入ってきません.会話が噛み合わないので,お互いやりづらく感じていたと思います.軽くペイバーを要請されたけど,苦笑いして断ったら,気分を害したのか真顔で「チェックビンでしょ?」と言われたので,めんどくさくなって会計を済ませました.

Tちゃんのお店を出てからセカンドロードまで歩く間に「ひょっとして,PCからLINEのアカウントに入れるかも」と思いつき,このアイディアを確認するために,いったんホテルに帰ることにしました.

急いで部屋に戻ってネットで調べた結果,紛失した電話番号へのテキスト受信ができないとPCからはアクセスできないことが分かったので断念.あきらめて,ファンちゃんに会うためにソイ6のお店まで行くことにしました.

気持ちは「誰とも連絡取れなくても,今回はファンちゃんにさえ会えればマイペンライ」.

こういう状況に陥ると「どうしても会いたい子」と「そうでもない子」とを自分の中ではっきりと分類できるようになります.どうやらファンちゃんは,私がどうしても会いたい女の子みたいです.逆にさっきまで一緒に飲んでいたエムちゃんは,生ぬるい心地よさを感じられる,「都合の良い存在」として捉えているのかもしれません.そんなことを考えながら,日が暮れて交通量が増えてきたセカンドロードをソンテウに揺られてソイ6を目指しました.

ところが… ソイ6に来てみると,なんとファンちゃんのお店が無くなっちゃっていました.お店のあった場所は内装が全て撤去されて工事中.新しいお店に模様替えしているようです.なんという間の悪さでしょう.お店が無くなっていて,連絡先も紛失.これって今滞在で再会できる可能性が限りなく低いってことですよね?

すぐ近くのお店の前にいた,性格が良さそうなLBらしき子(ナッティ)に,「ここにあったお店,どうなったか知らない?」と尋ねるも「知らない」とのこと.そりゃそうですよね.「一杯飲んでゆけ」というので,もう少し情報を仕入れたいと考えて入店しました.彼女の話によると,先週ぐらいから工事が始まり,女の子たちがどうなったのかは知らないとのこと.「彼女と会えるといいね」と励まされながらチェックビンしました.(300ぐらい)
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月05日

Xperia M4 Aqua 無くなる…(1日目 その2)

今回も,まずは徒歩圏内のソイ7からスタートすることにしました.前回,初めてペイバーして,彼女みたいなデートができたエムちゃん(仮名)に会いたいと思ったからです(参照:ソイ7でエムちゃんをペイバー).

日が落ちて賑わい始めたソイを抜けて彼女のバーに移動.ここはまだ客が入っていなくて,本格稼働前といった感じです.座ってスマホを見ていたエムちゃんに近づくと,一瞬ビックリしたようにこちらを見て,それから満面の笑みで迎え入れてくれました.

彼女の接客は2ヶ月前と変わらず,「初々しい恋人同士」みたいで心地の良く感じます.エムちゃんは相変わらず良い子だけど,ママさんやボスのドリンク催促が少し厚かましくなってきました.エムちゃんのことを気に入ったと判断し「カモ客認定」されてしまったようです.

ここで長居をするのは得策と思えないので,彼女を連れ出すのなら早めに結論を出すべきです.今夜彼女をペイバーしても良いけれど,それは今すぐではなく,もう少し遊んでからのつもりです.まだ初日の一軒目ですからね.

バーホッピングをしてからもう一度戻ってくるかな,などと考えながら飲んでいると,どこからともなく物売りの子供が現れて,背後からしつこくまとわりついてきました.何も買うつもりはないので無視していたら,そのうちどこかへ行っちゃいました.

とりあえず場所を変えて飲むことに決めてチェックを宣言.「またくるね」といってお店を出ました.

会計を済ませ,ビーチロード側に少し歩いたところで,いつもキャッチの女の子がたくさん出ているバービア(ハピネス)の前でアイちゃんと遭遇しました.アイちゃんは,何度か一緒に飲んだことがある,小柄な小動物系の女の子です(参照:ソイ7のアイちゃん).整いすぎている顔と,ど貧乳から私の中ではレディーボーイの容疑がかかっていますが,まだ物証は掴めていません.

いつか連れ出したいと思っていたのだけれど,タイミングがあわず実現していません.ここ最近は姿を見かけなかったので,彼女と会うのは久しぶりです.以前会った時はすごくカワイイと感じたのですが,なんだか劣化が進んでいるような気がします.それでも,普通にカワイイし,懐かしさもあって少し寄ってみることにしました.

勧められたカウンターに座って,ドリンクを注文する前に,異変に気づきました.ポケットに入っているはずのスマホが無いのです.状況を理解して,一気に酔いが覚めました.すぐにアイちゃんに事情を話し,慌ててエムちゃんのバーに引き返してみました.ビックリするエムちゃんに「スマホが無くなった」と事情を説明してから,さっきまで座っていた周辺を探してみたけど見つかりませんでした.

思い当たる節はただ一つ,さっきの物売りの子供です.その直前に,スマホを取り出して,エムちゃんと一緒に写真を見ていたので,お店にいる間にスられたことは間違いありません.

でも,いまさらどうしようもありません.エムちゃんたちに礼を言って,スタッフたちに気の毒そうに見送られながらバーを出ました.この事件が起こるまでは,また後からエムちゃんに会いに来ようと思っていたのだけれど,すっかりそいいう気分では無くなってしまいました.
(つづく)
関連記事:タイでスマホを盗られた話

在りし日のXperia M4 Aqua


ということで,この回の旅行はあまり写真が残ってないのです(;-;)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記