2017年06月12日

センタンでデート〜ソイ6周辺をうろうろ(2日目 その3)

雑用がすべて片付いたので,ファンちゃんとデート.セントラルフェスティバルのお店をウィンドウショッピングして回りました.彼女も新しいスマホを欲しそうにしています.今使っているASUSのスマホはバッテリーが弱っていて,すぐに無くなってしまうそうです.

「どれが欲しいの?」と尋ねると「OppoかHuaweiがいい.サムソンはダメ」とのこと.理由を尋ねると,今使っている安物のサムソンの使い心地があまり良くないのだそうです.Oppoだったら3,000バーツも出せばそこそこのが買えるし,何かの機会に買って上げてもいいかな.Oppoって日本ではあまり聞かないけどタイではメジャーなんですね.店員さんも「これはカメラが凄く良い!」と一押しでした.

夕方4時ぐらいになってファンちゃんのスマホに友達からメッセージが入りました.ファンちゃんいわく「友達が寂しがっている」とのこと.詳しい事情は分からないけど,ファンちゃんが心配そうにしているので,一緒にソイ6のバーに向かうことにしました.友達ってたぶん,昨夜のLB友のことだよなぁ.ひょっとして,ファンちゃんとLB友は付き合っている(この場合もレズビアンと言うのかな?)のか,などと余計な妄想を働かせてしまいました.


セントラルの入り口付近で雨宿りをする人たち


小雨の中,セカンドロードでソンテウに乗り,ソイ6のほぼ目の前で下車.急いでバーに戻ったのに,件の友達の姿は見えません.ファンちゃんは承知していたようで「すぐに帰ってくる」と気にする様子はありません.彼女はお店で友達を待つようなので,私はマッサージに行くことにしました.



いつものマッサージ店はソイ6からは歩いて5分の距離です.お店の前に馴染みのコンさんがいたけど,この後予約が入っているので「1時間まって」とのこと.もう一度ソイ6に戻って飲ながら待つことにしました.ファンちゃんのバーの前は通りたくないので,ソイ3から大回りして一旦ビーチロードへ抜けました.



ビーチロードには黒い服を着た人たちがたくさん集まっています.亡くなったプミポン前国王の大きな肖像画が飾られているので,追悼イベントなのかもしれません.「フリーフードフリードリンク」の文字が書かれたテントが出ていました.地元の人たちが王様を偲ぶためのイベントだと思うので,少し離れた場所から見学するだけにしておきました.

あまりファンちゃんのバーに近づくのは気が引けるので,ビーチロードに近い場所にあるDOLLSに入ってみました.ここに入るのはずいぶん久しぶりです.店内は音楽はかかっているものの客の姿は見えず,ダンスもまだ始まっていません.店内は予想していたより女の子が多く,質もアップしているように見えます.席に座ってビールを飲んでいると,何人かの子がフレンドリーに話しかけてきました.なかなか良い雰囲気なので,後でもう一度来てみることにしました.
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年06月11日

レディーボーイからの誘惑(2017年06月10日)



 あなたが好き.
 私,日本人の男とは寝たことないの.
 エロビデオで見るだけ.
 あんなことやってみたい

って感じでしょうか.しかもワクテカなステッカーがヤル気を表してますね.綺麗な顔をしていますが,かなり大柄で,一発で♂と分かるタイプのLBさんでした.
posted by Pen at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 速報

ファンちゃんとセンタン〜警察へ(2日目 その1)

昼ごろ「ランチに行こう」とロビーに降りると外は大雨でした.この雨の中,遠くまで出かける気にはなれなかったので,ソイブーカオ沿いホテル近くレストランに入ることにしました.バーが昼間は食堂として営業しているような感じのお店です.店番兼料理人のおばさんにヤル気を感じず,まったく期待してなかったわりには悪くない味でした.ホテルから近いし,値段も手頃なのでまた来てみることにしよう.

食後,前日にスマホを無くしてしまったので,せめてsimの再発行ができないかと考え,セントラルフェスティバル(センタン)にあるDTACのショップに行くことにしました.ファンちゃんも一緒に来てくれるようなので,二人して雨上がりのソイを歩いてセンタンへ.上階にあるお店で店員にスマホを無くしたことを話すと「じゃあパスポート出して」とのこと.食事のついでに出て来たので,パスポートなんて持ってません.仕方がないので一旦ホテル帰って出直すことにしました.

ファンちゃんと一緒にホテルに戻り,今度はバイタクに乗って再びセンタンへ.パスポートを出して電話番号を伝えると,約15分で新しいsimを用意してくれました.料金は無料.もちろん残高もプランもちゃんと引き継がれていました.高い通信料を設定しておきながら,くだらない手数料もきっちりと徴収する日本のキャリアは見習ってもらいたいものです.

スマホのことでもう1件済ませておきたいことがありました.昨夜,海外旅行の携帯品保険に入っていたことを思い出し,保険金の請求について下調べをしたところ,現地警察で被害届をもらう必要があるということがわかりました.そこで次は,その書類を作ってもらうために警察署に行くことにしました.

「次はポリス」というと「一緒に行って欲しい?」と顔を覗き込みます.通訳してくれるとありがたいので,お願いすることにしました.ビーチロード沿いにある警察に到着すると,期待していた通り,ファンちゃんがタイ語で状況を説明してくれました.「座って待て」とのことなので,ソファーで待っていると,日本語が話せる担当者(どうやら日本人のようです)が対応してくれて,受付完了.さらに30分ぐらい待たさたあと,カウンター席に呼ばれて書類を作ってもらえました.手数料のようなものはとくに請求されませんでした.(参照:タイでスマホを盗られた話(続報)



再びセンタンに移動してファンちゃんはアイス,自分はコーヒーで少し休憩.新しいsimが手に入ったので,安くてよさそうなスマホがあったら買っても良いかなと考えて,セントラルに入っている電気屋さんを見学して回りました.Sonyショップでz3 compactが8,000バーツで安売りされているのを発見.かなり迷ったけど,古い機種だし,ヤフオクで未使用品を買っても同じぐらいと考えてパスしちゃいました.帰国後,M4 Aquaの保険がおりたので,今思えば買っておけばよかったかな.
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記