2018年02月02日

2018年02月01日のつぶやき


posted by Pen at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 速報

ファンちゃんとラブラブメイクラブ×2(2日目 その2)

ファンちゃんがベッドに転がったので,寝やすいようにカーテンを閉めて部屋を暗くしてから,添い寝をしようと横に寝転がると,首に腕を回してディープキスをしてきました.眠たいと思っていたのでちょっとビックリしたけど,応戦して唇に吸い付くと,舌を絡めてきました.

舌を絡め合いながら,フォンちゃんの腕が背中に回り,そしてTシャツの中に入ってきました.これでスイッチが入り,彼女が着ていた子供っぽいトレーナーに手をかけて脱がそうとすると,ファンちゃんが自分で脱ぎすてちゃいました.

下に手をやると,ファンちゃんは既に濡れ濡れ状態,「ヤリたくてしかたない」という表情で,チンコにしゃぶりついてきました.そう,この子は見かけによらずとてもエロい女の子なのです.

久しぶりのファンちゃんとのエッチは大満足な内容で,2人とも事後はグッタリ.シャワーも浴びず,抱き合ったまま眠ってしまいました.




目が覚めたのは昼過ぎ.ファンちゃんも「お腹すいた」というので,シャワーを浴びて食事に出かけることにしました.

ソイブーカオのいつもの両替所で少し替えてからセントラルの地下フードコートへ.私は鶏肉がのったご飯を,彼女はカウソーイを注文しました.味はまあまあといったところ.

食事の後は,二人でビーチを歩きました.ファンちゃんが楽しそうなので嬉しくなります.コラートに居るときは,ときどき送金の無心があるけれど,一緒にいるときは面倒なことや贅沢なことは何も言いません.だから一緒にいて心からリラックスできるのです.

夕方になり,ホテル近くのマーケットで買い出しをして,コンビニでビールを買って部屋に戻りました.フォンちゃんと部屋飲み,すごく楽しい(^^) やっぱりこの子とはとても相性が良いみたいです.




買ってきた料理は食べきれず,お腹いっぱいになったところで,自然な流れでメイクラブ.事後は,またもシャワーを浴びることなく抱き合ったまま眠りに落ちてしまいました.
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月31日

ファンちゃん到着(2日目 その1)

翌朝,遠くで鳴っているビデオコールの呼び出し音で目が覚めました.寝ぼけながらも慌てて出ようとしたら切れてしまったので履歴を確認するとファンちゃんから何件かメッセーが入っていました.

それによると,昨夜2時ごろコラートを出て早朝にバンコクに到着.現在,バスでパタヤに向かっているとのことでした.すぐにメッセージ入れてみると,間をあけずに返信が入りました.

「今どこ」
「1時間以内にパタヤにつく」

まさかこんなに早い時間に到着するとは思ってなかったのでかなり焦ります.素早く部屋を片付けて,フロントで新しいバスタオルを1枚用意してもらい,なんとかフォンちゃんを迎え入れる体制を整えました.



なんとか昨夜の気配を消し,ホッとする間もなくファンちゃんから「着いたよ!」のメッセージ,そしてフロントからも来客を伝える電話がかかってきました.

慌てて1階に降りると,パジャマみたいなピンク色のフード付きフリースの上着を着て小さなスーツケースを下げたファンちゃんがフロント前で待っていました.

「おかなが空いた!」ということなのでさっそく朝食に出かけることにしました.胸にキティちゃんのワッペンがついたパジャマみたいな上着は,長距離バスの冷房対策と思っていたのだけれど,どうやらそのまま出かけるみたいです.

ファンちゃんが疲れているだろうから,手軽にパタヤクランのマーケット奥のフードコートに行くことにしました.

まだ時間が早いので,あまりお店が開いていません.知り合いの夫婦がやっている店も閉まっています.仕方がないので,適当に開いているお店に入りました.ファンちゃんはシーフードが入った炒め物,私はあっさりとした麺をオーダーしました.



前日に目をつけてあった病院近くのカフェ,カフェインを摂りたくなったので,入ってみることにしました.彼女はあいかわらずコーヒーが飲めないので,「ジュース飲む?」と尋ねるも「要らない」とのこと.私がカフェオレを飲んでいるのを,向かいの席に座りニコニコしながら見守ってくれました.





ファンちゃん,眠たそうにしているので「ホテルに帰って休む?」というと「うん」と頷くので,部屋に戻ることにしました.
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記