2017年05月26日

ソイ7でエムちゃんと再会(4日目 その3)

次にソイ7を探索していると,ソイの中程で若くてスタイルの良い子に腕を掴まれました.わりと好みです.この辺りはバーが密集していて,女の子たちもたくさんソイに出ているので,それがどの店の子かはすぐにはわかりません.確かエムちゃんのお店もこの辺りのはずです(参照:バービアのエムちゃんとすれ違い).

エムちゃんは美人ではないものの「気立てが良い」という語がよく似合う女の子.今滞在中に再開したいと思っていて初日に果たしたものの,ママさんや友達たちにたかられて無様に敗走したのでした.それでも彼女とは仲良くしたいと思っているので,他の女の子についてゆくところを見られたくありません.素早くそれと思われる方向を確認しましたが彼女の姿は見えませんでした.そこで,この子と少し飲んでみることにして彼女の後に続きました.

ところが,ソイからバーの敷地に足を踏み入れるよりも早く,すごい勢いで金髪ショートカットの女の子が駆け寄ってきてタックルを決めて腕をとり,声をかけてきた女の子から引き離されました.びっくりして,その子の方を見て再度びっくり.それはヘアスタイルを変えたエムちゃんでした.そして初めに声をかけてくれた女の子はMちゃんと同じ店の子だったのでした.さっき周囲を確認したときは,ヘアスタイルが変わっていたので,Mちゃんの存在に気づかなかったのですね.

Mちゃんに手を取られてカウンター席に座ったものの,初めに声をかけてくれた子の方が2レベルほど好みのルックスなので未練が残ります.飲みながらチラチラとチェックしていたら,Mちゃん,その視線に気付いたのか「彼女にもドリンクいい?」と遠慮気味に言いました.獲物を横取りしたお詫びのつもりでしょう.さすがに断れないのでOKすると,さっそく彼女を呼び寄せて,Mちゃんを挟んで反対側の席に座らせました.こんな感じ.( )(私)(Mちゃん)(ノンサンウ)

「彼女,ノンサンウなの」
「本当のシスター?」
「そう!」
「ママ,パパが同じ?」
「それは違うけど(テヘ)」

えーと,それは本当の姉妹じゃ無いですね.笑 どうやら同郷の出身(スリン)のようです.スリンのことに話題になったので「どんなところ?」と尋ねると「スリンは岩ばっかり.綺麗な場所はない」と苦笑.へぇ,スリンってそんなところなんだ.象が有名だから草原をイメージしてたんだけどなぁ.

再会を喜んでくれているようでエムちゃんは上機嫌.ショートカットにしてちょっと良い感じになっていることもあってか可愛く感じます.彼女と良い感じで飲んでいたら,彼女のボスが絡んできました.「俺とテーブルで勝負しよう.俺がかったら,お前は彼女をペイバーする.お前が勝ったら,彼女がお前にキスをする」.えーと,それってこっちに何かメリットあり?なんて思わなくもなかったけど,こういう勝負は受けるのが礼儀ですよね.で,このオヤジ,めちゃくちゃ上手くて,あっさり負けちゃいました(^^;

もともとその気になっていたので,すぐに約束通りペイバー宣言しました.会計を済ませて店を出るとき,エムちゃんが照れながらボスに「ありがとう」と言ってました.これってどういう意味だろう? 単にペイバー稼げたからというだけには見えなかったので,「彼女が私のことを気に入ってくれていてペイバーされたいと思っていたので,ボスがビリヤード勝負で助け船を出したのかも」なんて妄想を働かせてみたりしたけど,きっと思い過ごしですね(^^;
(つづき)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年05月25日

英国:テロ脅威レベルを最高レベルの5へ

2017年5月29日追記 在英国大使館からお知らせ(テロ警戒レベルの引下げ)
英国にお住まいの皆様および当地旅行者の皆様へ    在英国日本国大使館

5月27日,メイ英国首相は,マンチェスターでのテロ事件を受けて5段階中最高位である「Critical(危機的)」に引き上げていたテロ警戒レベルを,「Severe(深刻)」(5段階中上から2番目)に引き下げたことを発表いたしました。これはマンチェスターでのテロ事件の捜査の進展を受けたもので,警戒レベルは同事件の前のレベルに戻りましたが,「Severe(深刻)」はテロ攻撃が発生する可能性が非常に高い(highly likely)ことを意味しており,引き続きテロへの警戒が必要です。

また,5月27日から6月27日頃までは,イスラム教のラマダン及びラマダン明けの祭りの時期にあたりますが,近年,ラマダン期間中に世界各地で多数のテロが発生しています。さらに英国では6月8日に総選挙が予定されています。皆様におかれましては,ニュース等で最新情報の入手に努めていただきつつ,外出時には周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意して下さい。

(以上)


2017年5月25日 大使館からの連絡です.渡航予定の方はお気をつけください.


英国にお住まいの皆様及び当地旅行者の皆様へ  在英国日本国大使館

今般,外務省は欧州でのテロ等に対する注意喚起を発出しましたので,以下の通りお知らせします。

英国政府は,マンチェスターでのテロ事件を受け,テロ脅威レベルを5段階中最高位の「critical」(危機的。テロ攻撃が差し迫っているとされるレベル)に引き上げました。これに伴い,警察と軍が連携し,英国内各所の警備が強化されますが,6月8日に総選挙が予定されていることもあり,不測の事態に巻き込まれることのないようにこれまで以上に注意してください。


<以下,スポット情報>

欧州でのテロ等に対する注意喚起

【ポイント】
○夏にかけて,スポーツ大会,音楽フェスティバル,独立記念日を祝う行事などのイベントが各地で予定され,また,ベルギーでのNATO首脳会議,イタリアでのG7サミットなどの国際会議や,英仏での選挙も予定されています。
○これらイベントに参加する人を狙ったテロに注意してください。また,これらイベントのための警備のため手薄となった他の都市でテロが実行される可能性もありますので,この点にも注意してください。
○最新情報の入手に努め,テロの標的となりやすい場所を訪れる際には,安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

【本文】
1 5月22日,英国マンチェスターでのテロでは80名を越える死傷者が発生しました。それ以前も,スウェーデン(ストックホルム),ロシア(サンクトペテルブルク),英国(ロンドン),ドイツ(ベルリン)等でテロが発生しています。

2 5月27日から6月27日頃までは,イスラム教のラマダン及びラマダン明けの祭りがあります。また,欧州では,これから夏にかけて,スポーツ大会,音楽フェスティバル,独立記念日を祝う行事などのイベントが各地で予定され,また,ベルギーでのNATO首脳会議(5/25),イタリアでのG7サミット(5/26,27)などの国際会議や,英(6/8)仏(6/11,18)での選挙も予定されています。
 ネット上では,銃器や爆弾の使用に加え,車両の突入やナイフによる殺傷といった実行が比較的容易な方法により,屋外で行われる集会や行事,あるいはナイトクラブや映画館などの混雑した閉鎖空間を狙ってテロを実行する呼びかけがなされ,これに実際に応じテロを実行したと見られるケースが続いています。また,国際会議等のための警備のため手薄となった他の都市でテロが実行される可能性が懸念されます。

3 以上を踏まえ,以下のテロ対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)以下の場所がテロの標的となりやすいことを十分認識する。
観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。
(3)上記(2)の場所を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払う。
【車両突入の場合】
●ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道などでは危険が増す。
【コンサート会場,スポーツの競技場等の閉鎖空間】
●会場には時間より早めに入る,終了後はある程度時間を置いてから退出するなど,人混みを避けるよう努める。
●セキュリティの確保されていない会場の外側や出入口付近は危険であり,こうした場所での人だまりや行列は避けるようにする。
【爆弾,銃器を用いたテロに遭遇した場合】
●爆発,銃撃の音を聞いたらその場に伏せるなど直ちに低い姿勢をとる。
●頑丈なものの陰に隠れる。
●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。閉鎖空間の場合,出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり,注意が必要。

4 在留届の提出または,「たびレジ」への登録を必ず実施してください。
3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を,3ヶ月未満の場合は「たびレジ」への登録を必ず実施してください。(「たびレジ」の登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができます。また,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

5 外務省のテロ対策パンフレットも併せてお読みください。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

(注)最近の主なテロ事件等(以下,すべて現地時間)
【2017年】
○英国:マンチェスターのコンサート会場における爆弾テロ事件(5月22日)
○スウェーデン:ストックホルム市内におけるトラック突入テロ事件(4月7日)
○ロシア:サンクトペテルブルク市内地下鉄での爆発事件(4月3日)
○英国:ロンドン市内のウェストミンスター橋及び国会議事堂でのテロ事件(3月22日)
○フランス:パリ・オルリー空港での武器奪取事件(3月18日)
○フランス:ルーブル美術館での襲撃事件(2月3日)
【2016年】
○ドイツ:ベルリンのクリスマス・マーケットへの車両突入事件(12月19日)
○ドイツ:アンスバッハの野外音楽祭での爆弾テロ事件(7月24日)
○ドイツ:ヴュルツブルク近郊の近距離列車における乗客襲撃テロ事件(7月18日)
○フランス:ニースでの花火の見物客に対するトラック突入によるテロ事件(7月14日)
○ベルギー:ブリュッセルの地下鉄,空港での銃撃・自爆テロ事件(3月22日)
【2015年】
○フランス:パリでの国立競技場,レストラン,コンサートホールを狙った同時多発テロ事件(11月13日)

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)5139
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(携帯版) (了)
posted by Pen at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ情報

2017年05月24日

ソイ7とソイ8でLBをハシゴするw(4日目 その3)

ソイ6のお店を出て,ビーチロードでソンテウに乗車.久しぶりにTちゃんに会っておくかと考えてソイ8へ行ってみることにしました.Tちゃんは比較的長いつきあいの美形レディーボーイです.胸が大きくなり,目元もぱっちりして,ますます美人度が増してきました(参照:Tちゃん(LB)シリコン入れる).

この外見に惑わされて,これまで2度ほどペイバーをしたことがありますが,最近はいつも飲むだけ.彼女の場合,やっぱりペイバーするよりは,こうやって一緒に飲むほうが楽しく感じます.飲むたびに「(あなたと)一緒に行く!」と言われるのだけど「お前には韓国人の彼氏がおるやろ」と却下しています.この日も同じやりとりで却下.今のところ相手をしてくれてはいるけど,だんだんと対応がぞんざいになってきているので,そのうち相手にしてくれなくなっちゃいそうです(実際,後日,「お前は好きじゃない」宣言されてしまいましたw).(400バーツ)



Tちゃんのバーを出て,路地を通ってソイ7に抜け,セカンドロードに向かって歩いていると,出口付近でGちゃんに捕獲されました.Gちゃんは,ヘビメタのボーカルをやっていそうな綺麗な顔をしたレディーボーイです.胸は未改造で,一目でLBとわかりますが,ホルモン投与の影響なのか男の気配は感じさせません.

いつも一緒に飲むだけなので,下の改造の有無はわかりませんが,体型的におそらく「付いている」ものと予想できます.期せずして連続してレディボーイと飲むことになってしまいましたが,彼女(?)と飲むのも楽しいので,まあ良いでしょう.ドリンクを出すと「彼女にも」と言って,ママさんらしき女性を指差しました.

「どうして?」
「だって前に,次はママさんに一杯って約束したでしょ?」

うーん,そんな約束本当にしたかな.でも,そう言われちゃったら仕方ないですね.了承すると,Gちゃんがママさんを手招きして呼んだので,彼女のドリンクもオーダーしました.



ドリンクが来ると,ママさんなぜかノリノリでポースを決めて「写真を撮れ」と言います.これ,サービスのつもりなのかな?(^^; あんまり乗り気はしなかったけど,仕方ないので数枚撮影させて頂きました.



ひと段落したところで,いつものように飲みながらビリヤードで2ゲームほど遊びました.Gちゃんとは腕が同じぐらいなので,楽しく遊べるんですよね.(600バーツ)
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記