2016年07月05日

クレジットカードの外貨キャッシング(タイバーツ)

タグ:タイ
先日(2016年6月)のタイ滞在時,円高が進んでいたので,久しぶりにクレジットカードを使った海外キャッシングを使ってみました.タイでの海外キャッシングは,現地のATM手数料(200バーツほど)が痛いので慎重に利用する必要があります.今回は,前回手数料を取られなかったATMとカードの組み合わせで再度チャレンジしてみました.このカードの実質年率 は17.95%.

利用日 2016年6月28日 利用額 10,000バーツ

利用時には,画面に手数料が200バーツかかるけど良いか?という確認のメッセージが表示されます.内心「高けーよ!」と思いますが,実際には徴収されないことを信じて了承します.明細が上がってきたのは3日後ぐらい.

ご利用日ご利用店名支払い回数ご利用金額現地通貨額 通過名称 換算レート
2016/6/28******129,06210000.00 バ−ツ 2.907

手数料は計上されていないようでホッとしました.帰国後, 2016年7月4日にデスクに電話して,繰上返済処理を行いました.返済額は29,147円でした.

1万円あたりのバーツに換算すると,約3,430バーツ.滞在中のT. T. Currencyが,平均的に3,430THB/10,000JPYぐらい.一番良いときで3,460THB/10,000JPYだったので,ほぼ同レベルと考えてよさそうです.現状では,日本円の手持ちが少ない場合には,キャッシングも選択肢に入れて大丈夫みたいです.
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現地通貨

2016年05月23日

ニュー台湾ドルの両替(2)

前回の報告(参照:ニュー台湾ドルの両替)から追加で利用したので,その情報を追加してまとめてみました.

カード名利用日返済日JPYNT$交換レート前日終値推定手数料(%)
MUFGカード (Master)4/235/220,5626,0003.4273.4508-0.6897
桃園空港両替所4/23---5,0001,4053.5593.45083.1274
スルガ銀行デビッド4/29---10,9313,0003.6443.35656.3906
ソニー銀行デビッド5/16---34,35110,0003.4353.32303.3735
MUFGカード (Master)5/165/2316,7085,0003.3423.32300.5597

推定手数料の計算方法は前回と同様です.スルガ銀行は,ANAステータスによるキャッシング手数料のキャッシュバック(218円分)を差し引いて計算しています.またソニー銀行はキャッシング手数料無料分を利用しての額です.
やっぱり,一週間程度で繰り上げ返済できるならば,MUFGカードでのキャッシングが有利ですね.繰り上げ返済が面倒な場合は,ソニー銀行デビッドの利用もアリかもしれません.スルガは論外ですね.
追記
posted by Pen at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現地通貨

2016年05月03日

ニュー台湾ドルの両替

台湾に遊びに来たので、両替、デビッドカード、クレジットカードキャッシングの3つのパターンでレートを確認してみました。

両替(桃園空港第1ターミナル 内の両替所)
4/23 ¥5,000=NT$1,405(3.559JPY/NT$), 参考レート=3.4508JPY/NT$, 推定手数料3.1274%

スルガ銀行デビッドカード
4/29 ¥10,931=NT$3,000(3.644JPY/NT$), 参考レート=3.3565JPY/NT$, 推定手数料8.5555%

キャッシング(三菱UFJニコスMaster)
4/23 ¥20,562=NT$6,000(3.427JPY/NT$), 参考レート=3.4508JPY/NT$, 推定手数料-0.6897%

参考レートはYahoo! JAPNファイナンスの前日終値、推定手数料は、参考レートから何%上乗せされているかを表す数値です。スルガ銀行デビッドカードはATM使用料(218円)を含みます。またキャッシングは5/2に繰上げ返済した金額です。

こうして見ると、スルガ銀行デビッドカードのレートの悪さが際立っています。参考価格が前日終値なので、引き出し時にたまたま高かっただけかもしれませんが、この期間、円高傾向に推移していたことを考えると、やはり納得できません。現にキャッシングでは推定手数料がマイナス値になっています。後日、0.2%のキャッシュバックがあることを考慮したとしても高すぎます。

逆に現金両替は思っていたよりも悪くありませんでした。ATMを探す手間を考えたら、桃園空港の両替所でサクッと替えてしまうのも悪くない選択のようです。

スルガ銀行デビッドカードは、以前はその手軽さから、海外での現地通貨引き出しによく利用していました。しかし手数料の改悪以来、すっかり出番が減っています(参照:スルガVISAデビットカードが海外事務取引手数料を変更)。今回の実験結果から、いよいよ出番が無くなりそうです。そろそろ解約しても良いかもしれないと考えています。

そして、好レートを追求するなら、やっぱりキャッシング&繰上げ返済です。ちなみに、繰上げ返済のための電話は、余っていた携帯電話の無料通話分を利用、振り込みには新生銀行の無料振込を利用しました。
posted by Pen at 21:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現地通貨