2017年04月24日

Queen Clubの葵ちゃんと忍者のMちゃん(1日目 その4)

はやりWSは相性がよろしく無いのか,なかなか楽しく飲むことができません.そろそろ疲れてきたので,楽しい時間が過ごせると期待できるQueen Clubの葵ちゃん(仮名)と飲もうと考え,ソイLKメトロに移動することにしました.

前回の滞在(参照:帰国&反省会)で仲良くなった女の子は,このQueen Clubの葵ちゃんとアメジストのMちゃんの2人.葵ちゃんは大人の雰囲気で,化粧をしているとかなりの美形なのだけど,ビデオチャットでみるスッピンはブサイク系.体はガリガリに近いスレンダーで,矯正具を付けた歯も少し気になります.デレデレ接客なので一緒に飲むのは楽しいけれど,抱き心地に懸念があってペイバーには至っていません.

一方のMちゃんは,化粧をすると南国風美形でスッピンも南国風ロリ風味少女(美少女では無い).背は低いけど,スタイルも良好で,とくに胸がサイズ,形ともに申し分ありません.日本人客に人気があることは,簡単な日本語を話すことからも容易に予想できます.人懐っこい性格も好感がもてるけど,若干,「接待上手」が鼻につくこともあります.彼女からは後日「忍者に移った」という連絡を受けています.どちらとも再会したいと思っていますが優先順位はMちゃんが上.忍者は個人的にあまり相性の良い店ではありませんが,彼女が居るのならば行くしかありません.

Mちゃんからは,LINEで昼間のデートも匂わされています.彼女に会うと,まず間違いなくペイバーしちゃうだろうし,翌日のデートのお誘いがあれば連続してペイバーしてしまう可能性が高いように思います.そこで今夜のところは先に葵ちゃんに会ってみて,もしその気になればペイバーし,そういう展開にならなかった場合にはMちゃんに会いに行くという計画を立てました.

Mちゃんには前日に,「明日,パタヤに着く」と伝えてあります.一方,葵ちゃんには,「今週来る」としか伝えていません.この辺りからも,会いたい気持ちの大きさの違いがわかります.葵ちゃんは,会いたい時にだけ会いにゆく「都合の良い女」的な位置付けになっちゃっているのかもしれません.彼女の性格の良さに付け込んでいるようで,少し心が痛みます.

セカンドロードでソンテウに乗車.ソイダイアナ入り口付近で下車し,KISS Foodとマッサージ店の間の路地に入り,バービア群の横を通ってソイダイアナに抜けました.忍者の呼び込みのMちゃんの目を避けるため,一旦,ソイブーカオまで出て大回り.Queen Clubと忍者は隣り合わせなので,前方からの視線に注意しながらQueen Clubの入り口をくぐりました.

店内はそれなりに盛況です.入って右側の席に座ると,すぐに葵ちゃんがやってきて,ベッタリとくっついてきました.あまったるい接客が心地よく感じます.なんて思っているのもつかの間,彼女の馴染みらしい客が来店し,ステージを挟んで向かいの席に座ると「ちょっとまってね」と席を外してそちらに向かい,掛け持ち状態になってしまいました.

彼女の武器は「恋人風味接客」なので,掛け持ちではその魅力が半減してしまいます.しばらくは面白くない状況に付き合っていたけど,馴染み客がドリンクを追加したのを見届けてチェックビン.店を出ました.(560バーツ)
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月20日

シークレット再訪(1日目 その3)

シークレットのソイに入って歩いていると新しくできたドールハウスが目に入りました.ソイカウボーイ(バンコク)のドールハウスは割と好きな店なので,少し覗いてみることにしました.ところがここはバンコクのお店とは全く違う雰囲気です.なんというか,バンコクのような落ち着いた雰囲気が皆無です.とりあえず座ったけど,気になる女の子は一人もおらず,注文したソーダに少し口を付けただけで,逃げるように退店しました.

DSC_0073+(1).JPG


寄り道しながらようやく目的のシークレットに到着.ここは前回滞在時に割と楽しめたので,渡航前から再訪しようと考えていました.ところが,今夜は前回とはなんだか店内の雰囲気が違います.まず,客がほとんど入っておらず,女の子たちの平均年齢もどう見積もっても高め.しかも,そのほとんどが,全くやる気なさそうに見えます.ドアをくぐった後,一瞬ひるみましたが,ママさんらしき方に席をすすめられたので,「ひょっとして前回の子がいるかも」という淡い期待で着席してビールをオーダーしました.

このママさん,おそらく前に一緒に飲んだ方だと思うのですが,こちらのことは覚えられては居ないみたいです.前回同様,すぐに1人の女の子を呼んで隣に座らせました.いかにも東洋人が好みそうな素朴系で悪くは無いけど,ちょっとぽっちゃりタイプで,おそらく20代後半.前回会った女の子の方が2ランクぐらい上に感じます.でも,周りを見渡しても,今夜はこの子以上の女の子は見つかりそうにありません.客が少なくて失敗は避けたいでしょうから,ママさんも,おそらく現時点での最善の提案をしているのだと思います.

仕方が無いので,彼女にドリンクを出して少し一緒に飲んでみることにしました.でも,会話はあんまり盛り上がりません.ついには「好きな子がいたら言ってね」と周りにいるやる気なさそうな女の子から選ばせようとする始末なのでチェック.こういう店は,やっぱりタイミングが大切だと思います.(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月19日

ソイ6の女の子から送金依頼

ソイ6のバーの女の子から立て続けにタイ語のメッセージが入っていました.この子とは先月(2017年3月)の旅で知りあいました.色白でスタイルの良いカラダが目を引く,バンコク出身の女の子です.

Screenshot_20170417-182528.jpg


簡単にいうと「両親に金を送らないといけないのに,客が少ないから金が無い.ちょいと貸してくれないか」という内容.こういうときに女の子は,「くれ」とは言わず「貸して」と言いますよね.彼女たちにとっては同じ意味なのかもしれませんがw

しかし,この子,ペイバーしたわけではなく,一度,お店の上でお相手してもらっただけの関係です.なのにさっそくの送金依頼ということは,かなり舐められているか,カモ認定されたということですね.

送金する気は無いので,いつものように「助けてあげたい気持ちはやまやまだけど,送金する方法がない」と送ると,「Western union」という返信が返ってきました.よく知ってますねw 「そんなもん知らん」と無視していたら丁寧にWestern unionの画面のスナップショットを送ってきました.これ絶対に送金依頼初めてじゃないってことですよね.おそらくお得意様(カモ)が複数いるのでしょう.

Screenshot_20170417-191136.jpg


この子のセックスは最高だったけど,やっぱり面倒だからブロックだよなぁ.次回(5月)の旅行で再会したいと思っていたのだけれども,残念.
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記