2018年02月09日

再出動でCちゃんに会うも…(3日目 その3)

エアコンを消してベッドに横になっていたら,少し回復したので再出動することにしました.あまりエアコンの風に当たりたくないので,オープンバーで飲みたいと考えてソイ6へ行ってみることにしました.

セカンドセカンドロード西側を徒歩で北上していると,ソイ6少し手前,道路東側のバーで,カウンターで暇そうにしていた女の子二人と目が合いました.年期の入ったビリヤード代が置いてあるオープンバーです.笑顔で手招きをするので,道路を渡って行ってみることにしました.

カウンターの外にスッピン顔の小柄な女の子,内側にはいかにも遊び人という風貌の若めの女の子.どっちかといえばカンターの内側の子の方が好みだけど,絶対に手のひらで転がされそうなタイプの子です.

流れ的に,始めに声をかけてくれた子(すっぴん顔)にビールを出して少し話をしました.22歳でパタヤにやって来てまだ3ヶ月ほどとのこと.ビリヤードも超ヘタクソで,私の腕でも余裕で勝てるほどでした.数ゲーム遊んでチェック(ビール2杯奢って500バーツほど),当初の予定どおり,ソイ6を目指しました.

まずはマメにメッセージをくれるCちゃん(参照:ソイ6のCちゃんは結婚!? など)に会っておこうと,セカンドロード側入り口付近,北側の彼女のバーに行ってみることにしました.ところが,お店の前で声をかけてくれたCちゃんは,太った上に老けが進み,一瞬誰だか分からないぐらい劣化.おもわず「マジか…」と口から出てしまうほどの残念さでした.

ひそかに彼女との再会を楽しみにしていたのだけれど,現状ではとてもじゃないけどお相手してもらう気持ちになれません.かといって,このままスルーすることもできないので,とりあえず一杯奢っておこうと入店することにしました.

「お客さんが全然いないからお金がない」

そう言って「上の部屋」での手合わせをお願いされたけど「今日は体調が悪い.ゴメン!」とお断りさせて頂きました.いつも優しくしてくれるのに,こんなときに協力してあげられなくてゴメンね.でも体調悪いのは嘘じゃないんだよー
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月07日

最後は反則技で発射成功(3日目 その2)

部屋に戻るなり色っぽい目で抱きつかれ,ベッドに入り,服を脱ぎ捨てて本日2度目のエッチスタート.「今度こそ」とがんばってみたけど,やっぱりイク気配はなく,またもや体力切れ不発でギブアップ.息が上がってベッドに沈んでしまいました.

ファンちゃんはテレビ観はじめたので、隣でウトウトしてたら,すぐに起こされてチンコにしゃぶりついてきました.

有無を言わさず試合再開.が,前日に放出しすぎで絶対にイケそうにありません.疲れてきたので体を話,ギブアップの意思表示の意味でゴムを外しました.

でもファンちゃんは許してくれる様子は無し.体を密着させ,チンコを刺激しながらキスしてきます.まだまだやる気十分な様子です.

ファンちゃんのエッチな表情をみていたら,こっちもだんだんと気持ちが復活してきました.正常位の体勢になり,チンコをクリトリスに擦り付けて刺激をすると,気持ち良さそうな表情をしてくれます.入り口付近に押し付けてもとくに抵抗する様子は無くエッチそうな表情を向けるので,思わずそのまま挿入しちゃいました.(またやっちゃいました (^^;; )

やっぱり生の威力は抜群で簡単に発射準備完了.ギリギリまで中でがんばって,お腹の上にフィニッシュしました.それをみて,ファンちゃん,満足げ.「(今日も)不発で終了は許さん!」ということだったのかもしれません.

ファンちゃんは,翌日の友達の結婚式に出るために,夕方のバスでコラートに帰らなければなりません.ベッドでイチャイチャしている間にバスの時間が近づき,身支度を整えて,バイタクに乗って帰ってゆきました.寂しい…(これを書いていたら,またファンちゃんに会いたくなっちゃいました)

ファンちゃんが帰っちゃったことで,がっかりしたのか,それとも2日間エッチでがんばり過ぎたためか,ホテルの前でファンちゃんを見送ると急に体にだるさを感じました.リフレッシュしようと考え,いつものマッサージ店に行ってタイマッサージを2時間受けました.

マッサージ店を出たのは午後7時ごろ.体調を整えるつもりが,店内の寒さにやられて逆に体調が低下してしまったようで,体にだるさを感じます.外の気温が心地良かったので,散歩がてら,セカンロードを歩いてホテルに戻りました.
(つづく)


前日のビーチデート
posted by Pen at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月05日

朝エッチあとのブランチ(3日目 その1)

お昼頃,先に目が覚めたので,ファンちゃんを起こさないようにベッドを抜け出して,顔を洗って歯を磨きました.部屋に戻るとファンちゃんはまだ寝ているので,寝顔をスマホで撮影していると気配を感じたのか目を覚ましてハグしてきました.スマホをベッドのサイドボードに置いて抱きしめ返すと,すぐに「シャワー」と言いながら体をほどきバスルームへ入ってゆきました.

2〜3分で戻ってくると抱きつかれてメイクラブ.自分がシャワーを浴びれば,こっちが浴びているかどうかは気にならないのですね.ホントにエロい子だなぁ.

ファンちゃんのネットリと濃いエッチに精神的に満たされたところで終了.残念ながら体力切れ不発も,朝から大満足のエッチでした.

事後はしばらくベッドで抱き合ってピロートーク,そしてシャワー.

「お腹すいた?」
「少し」
「何が食べたい?」
「KFCでチキンが食べたい」

珍しく明確な回答が返って来たので,「行こう」といって出かけることにしました.

セカンドロード側入り口付近のKFCで,ファンちゃんは胸肉のフライドチキン,私はフライドチキンバーガーを注文し,イートインコーナーに座って頂きました.タイの子はKFC好きですよね.タイ料理の方が美味しいと思うのだけどな.



食後,セントラルでウインドウショッピングでもしようかと思っていたのだけれど,ファンちゃんは買い物に興味はないみたいで,すぐにホテルの部屋に帰ることにしました.

部屋に戻ると,ファンちゃん,すぐに抱きついて,キスしてきました.不発に終わった朝の続きのつもりなのか,肉(鶏だけど)食って性欲アップしたのか,とても積極的です.拒否する理由は無いので,真昼間から始まっちゃいました.本日2度目のエッチです(^^;
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記