2019年09月21日

不発の朝エッチ〜Gちゃんペイバー(2日目)

目覚めるとJちゃんはまだ夢の中.カワイイ寝顔を楽しむために,そっとベッドを出て寝かせておきます. 寝相が悪いのでシーツがはだけてエロい.見ているだけでムラムラしてきちゃいます.笑

Jちゃんが目覚めるのを待って朝エッチも無念の不発.昨夜の一戦からまだ残量が回復していなかったようです.でも綺麗な体を抱くことができて満足です (^^)

事後のピロートークで日本人彼氏がいることを教えてくれました.そりゃそうでしょう.この子ならば同胞の皆さんは放ってはおかないはずです.彼氏がいることをカミングアウトしたあともとくに態度が変わることはなく甘えてくれました.

パタヤには40日居て,もう家族に18,000バーツ送金したそうです.自分の生活費を考えると,毎日のようにペイバーされていないと難しい額に思えます.「疲れた」と呟いたのが印象的でした.シャワーを浴びたあとバイタクで帰って行きました.

Jちゃんを返したあと,いつものお店で朝食.

お姉さん,新メニュー(Rice mix with shrimp pasteとスープ)ができたと嬉しそうに紹介してくれました.でもこの日は気分がカオマンガイだったので,新メニューはそのうち試してみることにして,いつものようにカオマンガイを注文しました.

食後はビーチまで散歩.今までリクライニングビーチチェアが並べてあったエリアで工事が行われていました.どうやらビーチを広げるようです.これもパタヤ健全化のための改革の一つなのでしょう.

馴染みのKさんのタイマッサージ(非エロ)を2時間受けてからソイ6へ. Butterfly Barの前でイケてる子が声をかけてくれたので入ってみました.



小柄だけど,目鼻立ちがはっきりとした綺麗な顔をしています.ひょっとしたらラテン系のハーフかもしれないなーなんて思っていたけど英語はまったく話せませんでした.印象としては英語をスラスラ話しそうな感じだったのにな(もちろん英語が話せないスペイン人も知っていますが.笑)


英語が通じないので,タイ語+google翻訳でコニュニケーション.いくら可愛い(私基準で特Aクラス)とはいえ,ソイ6でBF1,000+3,000のオファーにちょっとびっくり.当然,スタートがこの価格では妥協点を見いだせるはずもなく,また性欲があまりなかったこともあり,交渉には至らず飲んだだけでバイバイしました.

チェンマイ出身のGちゃんに開いたくなり,ソイハニーに行ってみることにしました.この子は以前,コンビニから出てきたところを見かけて気になり,後を付いていてバーを突き止めて知り合いになった子です(参照:ソイハニーGちゃんとの出会い).

バーにたどり着いたころ,ちょうど雨が激しくなってきました.幸いバーには,いつものようにソイに面したカウンター席に座って暇そうにしているGちゃんの姿がありました.

「パイナイ?(どこ行くの?)」
「(Gちゃんに)会いに来たよ」

そう言うと嬉しそうに奥の(といっても小さなバーなので壁の側面のカウンター席ですが)に案内してくれました.

いつもはクールなGちゃんなのですが,今日はニコニコしていて機嫌が良いように見えます.



さっそくビールと彼女のドリンクをオーダーして乾杯.Gちゃんから「キットゥン」「一緒に行きたい」と,いきなりのお誘いがありました.今日はいつもとちょっと様子が違うなぁ.

雨が降っていてバーポッピングは面倒だし,ちょうど腹も減ってきたところなので,今夜は彼女を連れ出して食事,そしてホテルというのも悪くない気がしてきました.



「一緒にご飯に行く?」
「行く!」
「雨だから遠くには行きたくない.良いレストラン知ってる?」
「うん」

というのでペイバーすることにしました.

支払いを済ませ,折りたたみの傘を取り出してさそうとすると「いらない」と制されました.で,向かったのは,バーの真向かいのホテルの1Fにあるレストランでした.笑 オーダーを任せると,タイ料理を数点を注文.「ラップムーが好き」と言っていたのを覚えていてくれたのかちゃんと注文に入っていました.

値段は普通.味も可もなく不可もなくと言ったところです.1人で来ることは無いだろうけど,Gちゃんと一緒のときは手軽で良いかもしれないな.

食後は雨を避けながらソイブーカオまで歩き,ソンテウに乗ってホテルに戻りました.
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186568603

この記事へのトラックバック