2017年06月30日

Jちゃんとモーニング・メイクラブ(5日目 その1)

朝,起きるとJちゃんは先に目を覚ましていました.一晩ですっかり懐いてくれたようで,甘い雰囲気でベタベタしてきます.抱きしめてムチムチしたカラダを触って居るうちに興奮してきちゃいました.我慢ならなくなって「いざスタート」と体勢を入れ替えて上になったとこで「ダメ,先にシャワー!」と制されてしまいました.

素直に従って一時中断.交代でシャワーを浴びてから,ベッドに戻って再開.ムチムチのカラダがよく見えるように,彼女がバスルームに入っている間に部屋のカーテンを少し開けて明かりが入るようにしておいたのだけれど,めざとく見つけて「外から見えるからダメ!」といって閉められちゃいました.こういうところはしっかりした子です.

昨夜と同じエッチなFからスタート.十分楽しんだところで,攻守交代して口撃.大きな胸を両手で中央に寄せて左右の乳首を交互にベロベロすると身をよじって感じます.彼女の口から漏れる吐息のペースが早まってきたところで下に移動しようとすると,慌てて上体を起こして「パイナイ!?」(どこに行くの!?)と肩を掴まれました.視線を合わせると恥ずかしそうな表情.ひょっとして苦手なのかな.別にクンニは好きではないので,彼女が嫌なら無理強いする必要はありません.下への口撃はパスして,キスしてそのまま合体しました(※).

事後,もう一度シャワー.Jちゃんは部屋でダラダラしたそうだったけど,居着かれるのは面倒だったので,「ありがとう」といってチップを渡して帰ってもらいました.

Jちゃんを返してから,ホテル近くの食堂(GUN FOOD)に遅めの昼食に出かけました.この食堂,昼間は営業しているのだかどうだか分からない,まったくやる気を感じさせない店ですが,味が気に入ってちょくちょく食べにきています.この日は甘いソースがかかった豚肉の料理を頂きました.濃いめの味付けがご飯に良く合います.





部屋を出るとき,エレベータ横のベッドメーク担当の控え室で,掃除を依頼しておいたのだけど,帰ってきたらまだ掃除中.仕方がないので,ロビーのPCでネットを見て時間を潰しました.ここのホテルは,ロビーでコーヒーとお菓子のサービスがあるので,こういうときに助かります.30分ほどして戻るとルームクリーニングは終わっていました.

依然,喉に違和感を感じるので,大事をとって少し寝ようかと思っていたら,ファンちゃんからメッセージが入りました.

「今日の15時にバーに戻るよ.10時半に妹に会いにウォーキングストリートに行く予定」

彼女がパタヤに戻って来ると分かり,どうしても会いたくなってしまいました.

「会いたい.何時に戻るの?」
「後で連絡する」

後って何時ぐらいことだろう? LINEを入れている予備のスマホはwifi運用なので,wifiが無い場所では連絡が取れません.とはいえ,何時になるかわからないのに,ホテルの部屋で待つ気にはなれません.

「15時にバーに戻る」というのが,部屋に戻るだけなのか,仕事をするのかはわかりませんが,ソイ6にいることは確かだろうから,とりあえず夕方になったらお店まで行ってみることにして,出かけることにしました.
(つづく)

(※)実は単に恥ずかしかっただけみたいです.慣れて来たら「お前が舐めないなら,私も舐めないよ!」って態度に変わりました (^^;;
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180090530

この記事へのトラックバック