2017年05月29日

ソイ6ファンちゃんとの出会い(5日目 その1)

今回の滞在で一番会いたいと思っている女の子は,先月の滞在でプールデートをして楽し時間が過ごせた忍者のMちゃんでした(参照:Mちゃんとプールデート).そして昨日,昼間に健全な映画デートをすることができたのですが,夜は会うことができませんでした.

今日は滞在最終夜なので,今夜こそ彼女を抱きたいと思う反面,昨日のデートで「お疲れ」な様子を見てしまったためか今一つ積極的にもなれません.「いっそのことソイ6で済ませてしまってバービアでビリヤードでもしながらダラダラと過ごそうかな」なんて考えたりしながら,強い目的意識も無いままにセカンドロード側からソイ6に入ってみました.

ナツちゃんが居たら一杯飲ませてやろうと思い,入り口付近にある,前に一緒に酒盛りしたバーの中を覗き込んでみますが彼女の姿は見えません(参照:ソイ6でナツちゃんと酒盛り).通り過ぎたあとも後方を気にしながら歩いていると,不意に前方から駆け寄ってきた小柄な女の子にしっかりと腕を掴まれました.

胸元が強調されたワンピースが似合ったスリム体型によく似合っています.南国風味の好みのルックスにロングの黒髪.そして明るい笑顔.直感的に,おそらくここ(ソイ6)で,この子より好みの子を見つけられる可能性は限りなく低いと感じたので誘いに応じることにしました.こんなに積極的な呼び込みが久しぶりだったのでちょっと嬉しくなったこともあります.

腕組みのエスコートで案内されたのは,ビーチロード方向に向かって左側にある,まだ入ったことがないお店でした.明るくてモダンな造りの店内は,手前にテーブル席,奥にカウンター席という配置になっています.先客は無し.ソイに面したテーブル席に案内されました.ドリンクを注文するついでに女の子にも「どうぞ」とすすめると,笑顔でワイ.注文したビール(LEO)とアップジュースが入った小さなグラスを持ってきました.

改めて顔を見ると,小顔にクッキリとした綺麗な目が印象的です.「英語,話せる?」と尋ねると,たいていの女の子は「ニットノイ(少し)」とか,「ニーーットノイ」とか答えるのですが,この子の場合は,潔く「ノー」.仕方が無いので,google翻訳の力も借りながら,下手くそなタイ語で頑張ることにしました.苦戦が予想されましたが,彼女の明るい性格にも助けられて,思いの外楽しく会話が弾みます.頭の良さそうな子です.

彼女の名前はファンちゃん(仮名).24,5歳ぐらいかなと想像していたら,少しだけお姉さんの27歳.3週間ぐらい前にココにやってきたとのこと.それまでは故郷のコラートで堅気の仕事(ゴルフ場のキャディ)をしていたそうです.「子供いる?」と尋ねると「1人」の答え.小学生の男の子がいるみたいです.会話は落ち着いて居て,服装やメイクから清楚な印象を受けます.「座る?」と隣の席をすすめるまで,ずっと体が触れそうなぐらい近くに立って会話に付き合ってくれてました.

彼女曰く,「日本人が好き」なので「向こうから(私が)歩いてくるのが見えたので,待ち構えていた」とのこと.こんなことを言われるのは初めてなので,チョット嬉しいな.「お客さん,多い?」の質問の答えは「ニーーットノイ」(めっちゃ少ない)でした.

ドリンク一杯で嫌な顔もせずに付き合ってくれるので,気がつくと結構な時間話してしまいました.食べ物の好みの話題になったので,冗談ぽく「一緒に食べに行く?」と尋ねると,恥ずかしそうに「私は一緒に行きたい」と言ったあと,少し間をおいて「あなたが好きだから恥かしい」と付け加えました.さすが大人だけあって心の掴み方が上手です.こんな風に言われたら,ついつい本気になっちゃいます.

分かってはいるけど,お約束で「今日?」と尋ねると,また恥ずかしそうに小さく頷きました.
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179705076

この記事へのトラックバック