2016年07月29日

キンナリーパレスに初潜入(1)(3日目 その1)

いつものお店でタイマッサージを2時間受けて,現在の時刻は午後3時少し前.今日は,Fuuさん(このブログにコメントを下さる友人)に薦めて頂いたキンナリーパレスに潜入する予定です.初めての潜入で気合は入っているのですが,時間が少し早いような気がします.そこで昨日に引き続いてソイ6のバーでノンちゃんと飲んで(参照:ソイ6のノンちゃんのこと)時間を潰すことにしました.これはキンナリーパレスのことをあまり知らないがゆえの判断ミスだったわけですが…

マッサージ店から歩いて10分ほどでソイ6に到着しました.ノンちゃんはカウンターに座って化粧中だったけど,私と目があうと中断して奥のカウンター席に案内してくれました.カウンターの中にいた女の子が「コーラでしょ?」というのでうなずきます.連日なので覚えてくれたみたいです.

ノンちゃん,化粧がまだ未完成なので,いつもに増して色気はありません.でもニコニコ笑顔で付き合ってくれるので居心地は良好です. でも,この子に色気は求めてないので無問題.たくさんドリンクを出すわけではないのに,嫌な顔もせずに付き合ってくれるので,いつもついつい長居をしちゃいます.この日も,何をするでもなくゆっくりと時間が経過しました.この感覚,女の子と飲む以外に特段やる事が無い,パタヤならではの贅沢な時間の使い方に嬉しくなります.

そして午後4時ごろ,キンナリーパレスに向けて出動することにしました.

「そろそろ行くね」
「今日もありがとう.また来てね」

そう言うと,腕をとって軽く頬にキスしてくれました.ドリンク一杯でこんなに懐いてくれるなんて,なんて良い子なんだろう.たまには会いに来なきゃ,なんて呑気に考えてました.(この数時間後,再び会いに来ることになるわけなのですが…)(200バーツ)

セカンドロードでバイタクをつかまえてキンナリーパレスに移動.「発音が難しい」という事前情報がありましたが,「キンナリー」とだけ言えばすぐに運転手に伝わりました.料金は100バーツ.一応,乗る前に交渉しましたが,値下げはあまり期待できなさそうな雰囲気でした.バイクはソイブーカオを南下して,途中裏道を抜けて,丘を登って15分ほどで現地に到着しました.レンタルバイクがあれば自分でも来ることができそうです.

若干緊張しつつ玄関をくぐり,ロビーみたいな空間を抜けると,バーカウンターのあるゲストルームにたどり着きました.薄暗い部屋にはソファーが何セットか配置されていて,ファラン客が女の子たちと飲んで盛り上がっています.他にも部屋があるようですが,とりあえず目の前のカウンター席に着席.周りの様子をうかがいます.

女の子たちはすでにそれぞれお相手を見つけているようで,こちらには目もくれません.ヒマそうにしている子もごく僅かに居ますが,やる気が無いのか,それとも私に興味が無いのか,完全に無視状態.事前に聞いていた話と,ちょっと様子が違います.ここは我慢が大切なのかも,と間違った理解をしてビールをちびちび飲みながら粘りますが,状況は変わらず,時間だけが過ぎてゆきました.
(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
興味津々
続きが楽しみです。
行かれたのは午後4時過ぎだったのですね。
フムフム....
Posted by fuu at 2016年07月29日 00:50
Fuuさん,こんにちは.
ようやくキンナリーの報告にたどり着きました.あまり面白い話しでは無いかもしれませんがお付き合いください.
Posted by Pen at 2016年07月29日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176237450

この記事へのトラックバック