2016年02月29日

オイルマッサージでまさかの男性施術師が登場(6日目その1)

今回も,アッという間に最終日になってしまいました.午前9時頃起床.ベッドにはいるのは遅かったけど,熟睡できたので体調は良好です.しばらく部屋でダラダラしたあと,30分ほどホテルのプールで最後のひと泳ぎをしてシャワーを浴びました.

p201509_6_1_2.jpg


ゆっくりと荷物をパッキングして12時前にチェックアウト.Bell Travelのバンが迎えに来る16時半にはまだ余裕があるので,フロントに荷物を預けて少し出かけることにしました.まずは,近くのフードコートで昼食.この日はポークライスを頂きました.

p201509_6_1_1.jpg


食後はノースパタヤのBIG Cに自分用の土産物の買い出しに行くことにしました.セカンドロードでソンテウに乗車.まっすぐ買い物に行くと時間が余りすぎるので,途中でオイルマッサージでも受けてから行こうと考えてBIG Cより少し南のマッサージ店が集まっている辺りで下車.北方向に歩いていると,あるお店の前で思惑通り綺麗系のお姉さんに声をかけられました.

ここ,内装新しくなってるけど,確か昔,レディボーイに襲われた店のはず…(参照:タイマッサでLBに犯される;ー;).ちょっと躊躇したけど,綺麗なお姉さん効果に負けて,思わず「オイルマッサー」とオーダーしてしまいました.ところが,お姉さんは呼び込み要員だったようで店内に軽く声をかけると本人は呼び込みに戻っちゃいました.残念.そして出てきたのはなんと男性.ヤラレタ…

オイルマッサージで男性担当者に当たった時の気持ちって想像できますか? しかも綺麗系のお姉さんに担当して貰えると思ってたのに,一転しての残念な結果です.案内されてから着替えるまでずっと反省モードです.すぐに断ればよかった,とか,今からでもキャンセルできないかなとか.まあ既にまな板の上の鯉状態なので,キャンセルなんて出来そうも無い訳ですが.

でも,冷静に考えれば,日本でマッサージをおっさんにやって貰うのは普通だし(オイルじゃ無いけど),体がより密着するタイ式より,オイルの方が少しはマシかな,などと自分を納得させ,結局そのまま施術を受けることにしました.

現実逃避のために「こうなったらコンさんを探偵ナイトスクープで探してもらうか,いやいやパタヤで遊んでいることを全国のお茶の間に知られるのは恥ずかしいやろ」などと,頭の中で一人突っ込みを入れながらマッサージを受けました.

で結果は,普通に気持ち良かった.この方,プロフェッショナルでした.当然ながら性的な気持ち良さや,興奮は皆無です.最近またレディボーイの友達が増えているので「自覚は無いけど,もしやそっちの気(け)が有るのか」と心配していましたが,どうやらまだ大丈夫みたいでした(苦笑).ビジュアルが女性だったら,ひょっとしたら興奮したかもしれないけど.でも2回目は無いですねー 次は女性でお願いします.
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173998914

この記事へのトラックバック