2015年11月09日

ソイ6のKちゃん引退(3日目 その3)

傷心のまま行くあてもなくセカンドロード方面に歩いていると,女の子が日本の高校生みたいな制服を着ているお店が目に入りました.ここは前回パタヤに滞在したとき初めて立ち寄り,予想外に楽しくて長居をしてしまったお店です(参照:ソイ6のバーでまったり).今のメンタル状態は,こういうお店で癒して貰うのが良いかもしれません.それにひょっとしたら前回一緒に飲んだ女の子たちに会えるかもしれないと思い,呼び込みに誘われるまま入ってみました.

お店の中では4〜5人の,ソイ6のどこの店にも居そうな女の子たちが暇そうにしていました.店内を見回してみたけど,前回一緒に飲んだ子たちは居ないようです.近くを通りかかった女の子を呼び止めて,5月に女の子たちと一緒に撮った写真を見せてみました.すると一番積極的だった「おさるさん」(ノンちゃん)(このページの写真右端の子)を指さして,「私,彼女を知ってる」と言いました.

「私と同じ出身なの」
「今日はお休み?」
「彼女は家に帰った」
「また戻ってくる?」
「知らない」
「お店を辞めたの?」
「そう」
「他の子は?」
「知らない」

3人とも,もうこの店には居ないのかもしれません.Kちゃんは返信が途絶えているし,他の2人の連絡先は知らないので,おそらくもうあの3人組と会うことは無いのでしょう.やっぱりパタヤでの楽しい思い出は刹那なものだと改めて実感します.

後日(帰国後),KちゃんからLINEのメッセージがありました.やはりパタヤでの仕事は辞めて実家(バンコク)で暮らしているそうです.メッセージと一緒にノーメイクの写真が送られてきました. 金色だった髪を真っ黒に戻し,ショートにカットしてすましている様子は,まるで別人のように見えます.彼女は今でもときどきLINEのメッセージやボイスコールをくれます.ひょっとしたら実家に帰ったものの,パタヤの華やかさが恋しくて連絡をくれているのかもしれません.

p201507_3_3.jpg


しばらくカウンター席で呑みましたが,女の子たちはあまり積極的に営業してきません.そりゃ,女の子の写真を見せて「この子たち知っている?」って聞いたのだから,「私たちには興味が無い」と思われても仕方ないですね.ソイ6のバーで放置はさすがに空しいので,残っていたビールを飲み干して会計を済ませました.
(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
初コメになります。

この子ですがかれこれ最初に会ったのは5〜6年程前になりますか…

最初に会ったのは違う店ですが、よく店の前に出て積極的に声を掛け、通せんぼをし、片言日本国で声を掛けられました。

その店に気に入ってる子が居たのでちょこちょこ話してはいましたが、引退ですか…

ちょっと寂しいですね…
Posted by SIN at 2015年11月26日 07:07
SINさん

こんにちは,コメントありがとうございます.けっこうなベテランさんですし,体力的にもそんなに長く続けられる仕事ではないので仕方が無いですね.彼女,まさにSINさんのおっしゃっているような営業で,性格も明るくて一緒に飲んで楽しい子でした.引退,寂しいですね.今はバンコクで両親と一緒に幸せそうにしています.
Posted by Pen at 2015年12月02日 11:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167376620

この記事へのトラックバック