2015年09月30日

出発(0日目)

5月に2回もタイを旅行したのでちょっとダレ気味ではありますが,少し休みがとれそうだったので勢いでチケットを買ってしまいました.PPが貯まるスターアライアンス系にすれば良いものを,年始に良い思いをした印象(参照:帰国)が強かったことからJALのチケットを購入しちゃいました(参照:スコータイに行きたい!(7月の渡航を計画)).今思えば,ANAにしておけば来年のプラチナ維持がもっと楽になっていたのですが…

今回の旅の予定は,スコータイ経由でピサヌロークまで行って現地の友達と一緒に遊んで1泊し,それからパタヤに移動して3泊するというものです.日本・バンコクを普通に購入し,バンコク・スコータイ間をバンコクエアウェーイズ(PG)の特典航空券を利用するという,ちょっと特殊な組み合わせです.この場合,スワンナプーム空港で一旦入国を済ませて出発ロビーに行き,PGのカウンターで改めてタイ国内分のチェックインをしなければなりません.乗り継ぎ時間は2時間で結構タイトです.

新千歳空港のチェックインカウンターでJALのお姉さんにその旨を伝えると,荷物をスコータイまで直接送るように(スワンナプームで一旦ピックアップしなくても良いように)いろいろ頑張って調べてくれました.PGへの乗り継ぎばまだ事例が少ないようで苦戦したみたいです.PGはJALと提携したばかりでしたしね.そんなわけでチェックインに要した時間は30分ほど.無事CTS→HND→BKK→THSと記載されたタグを付けて貰えました.で,渡されたチケットはP(プレミアムエコノミー)でした!C(ビジネス)じゃ無いけど,深夜便でのアップグレードはやっぱり嬉しいものです.ANAじゃこれまで一度も無かったもんね.

t201507_0_3.jpg
「本当にBKKでピックアップ不要?」と5回ほど確認したのですが…


スワンナプーム空港には定刻より早い現地時間の午前4時半に到着.PG便の出発時間は午前7時なので,これなら余裕だろうと少し安心します.ところがここからが大変でした.入国審査はそれなりに混雑していて,通過できたのが午前5時ぐらい.JALのお姉さんの言葉を信じて,入国後,ラゲッジクレームを素通りして税関を通過.セキュリティゾーンの外に出て4階に上り,PGのチェックインカウンター(Fの島)に向かいました.

PGのチェックインカウンターには10人ほどの行列ができています.NH*Gの表記を見せますが「ごめんなさい」とのことで優先レーンは使わせて貰えませんでした.10分ほど待ってようやく自分の順番になりました.ところがここでトラブル発生.PGチェックインカウンターのお兄さん,荷物はここでピックアップしなければダメだと言います.いろいろ電話して確認するのを待たされた挙句,2階のラゲッジクレームに逆戻りさせらせました.荷物がロストしたわけでは無いのだけど,ロストカウンターで探してもらうことに.

t201507_0_2.jpg
ラゲッジロストのカウンターで待たされる…

ロストカウンターのお姉さんもいろいろと電話で確認.無愛想に7番のベルト前で待つように言いました.指定されたベルトはラゲッジクレームオフィスの目の前.端から2番目で,いかにも普段は使ってなさそうな雰囲気です.不安に思いながら待っていたら,約5分後,ベルトが回転し始め,さらに3分後,私の荷物だけがポツンと出てきました.この時点で,すでに午前6時を回っていました.急いで出発ロビーに戻ります.

t201507_0_5.jpg
ここから出てきました

PGのチェックインカウンター前には相変わらず行列ができていて,順番が回ってきたのが6時10分過ぎ.ボーディングパスに書かれていた搭乗時間は6時20分だったので,急いでセキュリティチェックを済ませて出発ゲートに向かいました.幸いにもタイ国内線のセキュリティチェックは空いていて,6時20分少し前にはゲートに到着することができました.実際に搭乗が始まったのは6時半ぐらいでした.

t201507_0_4.jpg


バスで飛行機まで移動.スコータイ行きは,小さなプロペラ機でした.定刻よりも10分ぐらい早くドアが閉まり,離陸したのが定刻の午前7時ちょうどでした.

t201507_0_1.jpg
短いフライトですが機内食が出ました

結果的にJALのお姉さんの頑張りが逆効果になってしまいました.もちろん,親切でしてくれたことなので責めるつもりはありません(おかげで,スリリングな乗り継ぎを体験できました!笑).今後,同じようにJALからタイ国内線に乗り継ぐ予定がある方の参考になればと思い書いてみました.
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164523349

この記事へのトラックバック