2015年09月23日

Vちゃんと本日2度目のディナー(3日目 その5)

食事を済ませて食欲が満たされ,女子大生ちゃんと幸せな時間を過ごして(参照:女子大生ちゃんとの幸せなひととき)夜遊び意欲(性欲?)も減退してしまったので,残りの時間はVちゃんとのんびりと過ごすことにしました.どうせソイ6までの通り道なので,次回以降のための調査にLEK A GO GOを覗いてみても良かったのだけど,なんとなく面倒だったので,そのまま目の前を通過.セカンドロード側からソイ6に入ってVちゃんのお店を目指します.途中,以前に帽子を取られたLBのNちゃん(ソイ6で再び帽子を取られる),前日に一緒に飲んだ3人組(参照:ソイ6のバーでまったり)に声をかけられましたが振り切って前進.

約束していた時間よりも少しだけ遅れちゃいましたが,Vちゃんはちゃんと店の前で待っててくれました.店内に入り,すぐにペイバーを伝えました.今回のぺーバーは800バーツでした.前回は700と言いながら600しか請求されませんでした.いったいこの店の料金体系はどうなっているんだろう?(まさか時価?)(参照:ロリ風味のVちゃん(19歳)とホテルへ(1)

Vちゃんは,いったん奥に入って行き,すぐに大きめの安っぽい財布だけを手にもって出てきました.ちゃんと私服に着替えて待ってくれてたのですね.胸元が強調されたストライプのタンクトップに,肌の色が栄える白いホットパンツ,上に襟の大きなジャケットをはおっています.以前,子供みたいなプリントのTシャツを着ていた子と同じ子とは思えない,垢抜けた雰囲気です.僅かの間に,ずいぶんと成長したものです.

すでに食事済みだったので全然食欲は無かったけど,一応「お腹空いた?」と聞いてみると,「うん!」と元気な返事.あらら.食事せずに会いに来れば良かったかな.でも元々はもう少し遊んでから会いに来るつもりだったから仕方ないです.

「何を食べたい?」
「西洋料理と日本料理が好き」

料理の好みは変わっていないようです.

ビーチロードに出てセントラルロード入り口までソンテウで移動して適当なレストランを探しました.この辺りにくれば何か有るだろうと思っていたのですが,良さそうなお店がなかなか見つかりません.普段,ビーチロードにはあまり来ないので勘が働かないのですね.結局,セカンドロードまで歩いて,何度か入ったことが有るオージー料理のレストランに入りました.

さっき食べたばかりで食欲は無かったけど,とりあえずシーザーサラダとビールを注文.Vちゃんはポークステーキとサラダ,そしてスムージーを注文しました.ここのお店はオージー向けで一皿の量が多いので,Vちゃんは食べきれず半分以上残していました.

p0524_3_4_1.jpg


食べ終わると,バックからスマホを取り出していじりだしました.画面サイズの大きなサムソンです.2ヶ月前は携帯も持ってなかったのに.そして,「My feen」(私の恋人)と言いながら,Vちゃんとツーショットの写真を見せてくれました.当然のことながら,ちゃんと彼氏が居るのですね.でもなんかテンション下がるから,そう言うのはもう少しオブラードにくるんで欲しいな… まあ,恋人の存在をオープンにしているということは,まだ客を騙すほどにはスレてないのかもしれないのですが.
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163402789

この記事へのトラックバック