2015年09月05日

そこはLBバーだった…(2日目 その3)

少し空腹を感じたので,セカンドロードのセントラルセンターに入っているタイ料理店に行くことにしました.このレストランもパタヤに来るとよく入るお店のひとつです(参照:出発前のひとときはVちゃんと).この日も,お気に入りのエビ入りのパッタイを注文しました.タイ人のお客さんが多いので,味は悪くないのだと思います.

p0523_2_3_1.jpg


時間は午後8時頃.食事しながら今夜の予定を考えます.この日の前日,ソイLKメトロからホテルに帰る途中,あるバービアの前で一人の女の子と目が合ったことを思い出しました.ニッコリと微笑んで,「ウェルカム」と言われたのですが,そのときは相手にせず通り過ぎてしまいました.かなり酔っていたので記憶は曖昧ですが,なんとなく気になりだしました.そこで,もう一度行って確認してみることにしました.こういう未練たらしい考え方は,われながら呆れるところです…

記憶が正しければ,そのお店は,ソイブーカオからセンタンの前あたりに抜けるソイの途中にあるはずです.一旦ビーチロードに出てソンテウに乗り,センタンの前で降りて,そこから徒歩で目的のお店を探しました.

それらしいお店は,二つのソイが合流するあたりにありました.ところが思っていたのとは違う雰囲気です.お店の前では,明らかに男と分かる2〜3人のLBが呼び込み営業しています.横目でチラッと見ただけで,思わずそのまま通り過ぎてしまいました.「まさかLBバー!?」と思いながら,おそるおそる引き返したところで,呼び込みしていた一人の女の子(?)に捕獲されてしまいました.はい,LB専門店でした(^^; えと…このお店,「明らかに男と分かるLB」のみなさんが揃っています.怖い… 昨夜の女の子は何だったのだろう??

まあ,でもせっかくわざわざ来たのだから,一杯だけでも飲んで行くべきですよね?(たぶん違う(^^;)覚悟を決めてカウンター席に座りました.捕獲に成功したLBが大喜びで隣りに座ると,エサを嗅ぎつけたハイエナのように,他の女の子たち(?)も集まってきました.このお店で散財するつもりは全く無いので,全て追い払います.

獲得に成功したLBにだけドリンクをすすめて,ちょっとだけ話しをしてみました.彼女(?)曰く,「先週まで友達と一緒に美容院をしていたけど,ここのママさんに頼まれてお店を手伝っている」とのことでした.で,「モタバイあるから,いろいろなところを案内できるよ!」と嬉しそうに話します.えーと,それってペイバーしろってことですか?(無理です,ゴメンなさい)

p0523_2_3_2.jpg
「捕獲に成功したLB」ちゃん.体ゴツイ…


周りのLB軍団がときどき絡んでくるのですが,迫力ありすぎて引いてしまいます.みなさん,性格は良さそうなんですが,いかんせんビジュアルが怖すぎます.獲得に成功したLBが無茶なこと(=ペイバー営業)を言い出しそうな危険を感知したので,早々にチェックビンを宣言しました.(200バーツ)

それにしても,このお店,どんな客がくるのだろう? 同じLBバーでも,バカになって飲めるお店なら楽しめるときもあると思うのですが,ここはちょっと方向性が違ってました.私がお店に滞在していた短い間(20分ぐらい?)に一人だけ中年の日本人が引きずり込まれていたけれど,すぐに逃走していました.いや,パタヤにはまだまだ私の知らない魔境がありますね…
(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162438754

この記事へのトラックバック