2015年09月02日

ソイ6のバーでまったり(2日目 その2)

食事を済ませて一旦ホテルの部屋に戻ると,既にルームクリーニングが終了していました.少し疲れを感じたので,ベットに転がっていたら少し眠ってしまいました.気が付くと午後4時になっていたので,行きつけのマッサージ店に出かけることにしました.セカンドロードからソンテウにのって北上し,いつものマッサージ店に向かい,タイマッサージを2時間受けました.これで身体がずいぶんと軽くなりました.

マッサージの後,ソイ6を冷やかしながらブラブラしていると,あるバーの前で控え目に腕を掴まれました.女の子たちが日本の高校生の制服みたいなユニフォームを着ているお店です.以前からこのお店の存在は認識していたのですが,いかにも「日本人客目当て」という気がして,意識的に避けていました.暇だったこともあり「せっかくの機会なのでちょっと調査してみるか」と考え,腕を掴んでいる女の子と飲んでみることにしました.

彼女に腕を引かれて,オープンバーの1番手前のテーブル席に座り,二人の分のビールを注文しました.よく見るとこの女の子,この店の前で何度か見かけたことがあります.小柄な中肉体型で,クリッとした大きな目の小動物っぽい雰囲気の女の子です.彼女の名前はKちゃん(仮名).年齢は20代後半でしょうか.金色に染めたセミロングの髪の毛をゴムで一つに束ねてあります.少し歯並びが悪くて,笑うと前歯が目立ちます.右腕を覆っている派手なタトゥが残念な感じです.

初めの印象から大人しい子だと思っていたのですが,実はとても明るい(うるさい?)性格で,ハスキーボイスでキャーキャーと騒ぎながらまとわりついてきます.長くソイ6で働いているはずなのですが,あまりスレた様子は感じられません.ただ,作られた明るさの裏に隠された憂いのようなものが感じられます.きっと素はマジメな子なんだろうと思います.だから,この仕事を長く続けていても,スレるのではなく,逆に真面目にこなしているのでしょう… こういう子と飲むのも嫌いじゃありません.

一緒に飲んでいると,彼女の友達が二人やってきて,合流しました.一人は丸顔で大きなリボンを付けた日本人の女子高生みたいに見える女の子,もう一人は色黒のお猿さんタイプです.お猿さんタイプの名前はノンちゃん(仮名).

p0523_2_2_1.jpg


で,このお猿さんタイプのノンちゃんが一番積極的で,Kちゃんの目を盗んでは抱きついてきたり,隠れて手を握ってきたりします.なかなかのやり手ですね.でも,あまりタイプじゃないので軽くスルーします.予想外に楽しくて,ソイ6のバーとしては珍しく2時間近く3人でワイワイと飲んじゃいました.(800バーツ)
(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162438587

この記事へのトラックバック