2015年08月30日

ディスティニーで気分転換(1日目 その8)

「マリアちゃんとの一戦」での失策でテンションがすっかり低下してしまいました.マリアちゃんのお店を出た後,気分転換のためソイLKメトロのディスティニーに行ってみることにしました.

ここは,以前はとても懐いてくれていた女の子が居たのですが,残念ながらお店を移動してしまいました(参照:さよならアッちゃん).それでも,気の知れた馴染みのウェイトレスが居るので,なんとなく落ち着きます.彼女は,不思議ちゃん(参照:ディスティニーの不思議ちゃん)を後釜と考えているようで,私が行くといつも彼女を呼んでくれます.本当は別の女の子とも話しをしてみたいと思っているのですが,この状況ではなかなか思うようになりません.

店に入るとちょうど位置口付近に馴染みのウェイトレスが立っていて,軽くハグしてから席に案内してくれました.不思議ちゃんの召喚を警戒していたのですが,今日は呼びにゆく気配がありません.いつもならウェイトレス仲間が集まってきてめんどくさいことになるのですが,この日はみんな忙しいみたいでそれもありませんでした.これ幸いと,女の子をチェックしていたら,中肉中背で明るい優等生といったタイプの女の子がだんだんと距離をつめて隣までやってきました.

パーツがはっきりといた派手目の顔ですが,ニコニコしていて優しそうな女の子です.わりと好みのタイプだったので,少し話をしてみることにしました.イメージ通りの明るい接客で,楽しくセクハラしながら飲んでいると,ステージから冷たい視線を感じました.そちらを見ると,やっぱり不思議ちゃん.馴染みのウェイトレスが呼びに行かないので,てっきり不在なのかと思っていました.不思議ちゃんは,ニコリともせずに機械的にダンスしてます.一瞬目が合いましたが,彼女の方から視線をそらしたので,気にしないことにして,隣の子と会話を続けました.これで「不思議ちゃん縛り」から開放されるのかな.

ところが…無意識のうちに不思議ちゃんの視線が気になっていたのか,隣にいた子の名前は忘れちゃいました.何やってんだか.それでも,かなり気分が晴れて,「気分転換」という当初の目的は十分に達成できたので,チェック.ソイブーカオをブラブラと歩いてホテルに戻りました.(520バーツ)
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/162186086

この記事へのトラックバック