2015年07月15日

(自分史上)最強LBなっちゃんとの出会い(7日目 その6)

A go goを2軒調査して,まだ少し早いけれど,ソイカウボーイのお店も調査したかったので,そろそろアソーク方面に移動することにしました.2Fを反時計回りに回って帰ろうとしていると,マンダリンの少し先にあるLB専門店前で腕を掴まれました.腕の主の方に顔を向けると,それはさっき目が合った美形のLBでした.「ワンドリンク」そう言って手を腕を引っ張ります.改めて顔を見ると,やっぱり綺麗です.清楚系お嬢様という雰囲気で,背が高く,スタイルも抜群.本物の女性だったらモデルになれるなと思えるレベルです.

「明日の朝早いからもうホテルに帰る」と言っても,手を放しません.実際,もうそろそろホテルに帰りたかったのですが,出会い方に何となく縁を感じたことと,ほぼ完璧なビジュアルから,彼女に興味が湧いてきました.「英語,話せる?」 そう尋ねると頷いたので,一杯だけ飲んで行くことにしました.

彼女の名前はなっちゃん(仮名).バンコク出身の18歳.なんと,本当にモデルの仕事もしているそうで,スマホに入っていた,仕事で撮った写真を何枚か見せてくれました.かなり良い感じにきまっています.

<写真削除>
後日送ってくれた写真(たぶんモデルの仕事中)


私のカメラを指さして 「撮ってみて」というので,何枚か撮らせてもらいました.ポーズの決め方もプロっぽいです.間違いなく私史上最高に完成度の高いLBです.涙袋が若干不自然に大きいこと以外は文句の付け所がありません.声が完全に男なところが残念ではありますが,話していて妙な勘違いをしてしまわないので,逆に良いのかもしれません.

<写真削除>


ステージで踊っているLBをみて,突然こんなことを言い出しました.

「彼女,胸が大きいでしょ?」
「そうだね」
「私は大きいのは嫌いなの.私の胸はカワイイでしょ?」

そう言って,肩紐をずらして,胸を見せてくれました.これはたぶんホルモン注射ですね(^^; 男と分かっているのにドキドキしちゃいました.店内には,ママさんらしき人も含めて5〜6人ほどの女の子(?)が居ますが,他は明らかにLBと分かる子ばかりです.どうやら綺麗な子を集めているという訳ではなく,なっちゃんだけが特別みたいです.

彼女と話しながら飲んでいると,彼女の友達やママさんがやってきてドリンクをねだられたけど,安易に許したら,間違いなくカモ認定されてたかられると思ったので全力で拒否.彼女が友達を呼んで「彼女にドリンク良い?」と言ったタイミングで「ごめん,明日早いからもう帰るね」と言って会計をお願いしました.滞在時間は30分ぐらい.(なので,私のことなどすぐに忘れてしまうと思っていたのですが結果は,「なっちゃん(LB)のこと:「You miss me?」」に書いた通りです.)

写真を撮らせてくれたお礼に100バーツのチップを渡し,チップをねだりに来たママさんの胸に20バーツ札を差し込んで退店しました.(450バーツぐらい)

ナナプラザで予想以上に時間を使ってしまったのでソイ・カウボーイの調査は難しそうです.中途半端に時間があるので,スクンビットまで屋台を冷やかしながら歩いて帰りました.スクンビットで,最終電車の時間を尋ねると11時40分と教えてくれました.時計をみたら11時20分.一駅だけMRTに乗ってホテルに帰りました.

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/141400488

この記事へのトラックバック