2015年07月03日

さよならアッちゃん(6日目 その6)

Tちゃんの店を出て,すぐに実家からパタヤに遊びに来ているミィちゃん(参照:「あなたに会いたい!」)にメッセージを入れてみますが,既読になりません.友達と飲んでいて気づかないのかもしれません.電話をかけてみると,3コール目ぐらいで出てくれました.

「ハロー,今どこ?」
「友達と飲んでる?」
「会える?」
「後で連絡するね」

背景の音から,どうやらディスコにいると推測できます.今は田舎でのどかな生活をしているので,久しぶりにパタヤの友達とあって羽目を外しているのかもしれません.まだまだ時間がかかりそうです.ちょうど,今回まだ会えていないディスティニーのアッちゃん(参照:ディスティニーのアッちゃんなど)の顔を見ておきたいと思ったので,ソイLKメトロまで行ってみることにしました.

p_img60.jpg


セントラルロードのソイ・ブーカオ入り口まで歩き,ソンテウに乗って移動しました.ディスティニーは今日も「まあまあ」の客の入りです.ここはいつもこんな感じのように思います.すぐになじみのウェイトレスがやってきてオーダーをとってくれました.

アッちゃんは居ないのかとキョロキョロしていたら,奥で待機していた不思議ちゃん(参照:ディスティニーの不思議ちゃん)と目が合います.彼女はすぐにニコニコしながら隣にやってきました.

不思議ちゃんをからかいつつ飲みながらアッちゃんを探しますがなかなか見つかりません.なじみのウェイトレスが隣にやってきたので尋ねてみました.

「アッちゃんは?」
「彼女は辞めた」
「!?」
「たぶんウォーキンのどこかで働いている」
「いつ辞めたの?」
「先週」
「…」
「どの店に居るか知らないけど… フェースブックにウォーキンに居ると書いてあったよ」

あらら.ほとんど入れ違いで繋がりが切れてしまいました.あんなに懐いてくれていたのに,結局彼女とは縁がないまま終わってしまったようです.ウォーキングストリートにはたくさんのお店があるし,そもそも私はウォーキングストリートのお店にはあまり行かないので,もう会うことは無さそうです.

もし一度でもペイバーして連絡先を交換していたら,まだ関係が繋がっていたのでしょうね.以前,ペイバーしようかどうかを迷ったとき,「まあいいか」という判断をしたのが分かれ道だったように思います(参照:ディスティニーの不思議ちゃん).

不思議ちゃんも悪い子ではないのですが,お腹の肉が残念だし,アッちゃんのような癒し力もありません.なじみのウェイトレスちゃんにお願いして新しい女の子を紹介してもらおうかな… でも今日はミィちゃんのことが気になってあまり気分が盛り上がらないので,ビール1本だけでチェックしちゃいました(残念).(400バーツ)
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/140947380

この記事へのトラックバック