2017年07月19日

Jちゃんに会うも夜はお預け(2日目)

昨夜はバーポッピングをするも良い出会いはなく,「こんなことならJちゃんと会うべきだった」と反省したことから,早い時間に彼女に会いに行くことにしました.彼女のバーは,ソイLKメトロをソイブーカオ側から入って中程左側,Waterfallの向かい側にあります.ちなみにこのバーとWaterfallはオーナーが同じだそうです.

Jちゃん,いつものようにソイに面した席に座って呼び込み中でした.会いに来ることを事前に伝えてなかったので,私の顔を見つけると飛び跳ねて大騒ぎ.

「どうして言ってくれなかったの!」
「驚かせたかった」
「驚いたよ(ハート)」

って感じで出だしは好調でした.ところが10分もたたないうちに状況は急変.テーブルに置いてあったカメラを気にしだし「(撮影した)写真を見せろ」と騒ぎ始めました.ヤバイ写真は写っていないので,大丈夫だろうと思ってカメラを渡すと,写真のチェックを開始,そしてパタヤの風景が写っている写真を発見するとすかさず日付をチェック.昨日撮影されれたものだと分かると大騒ぎしだしました.「このカメラの時計は日本時間だから」と苦し紛れに言ってみたけど,もちろんごまかせるはずもありません.この子を甘くみていました… 見せるんじゃなかった.

「私は嘘が一番嫌いなの!」

そんなことを,ほとんど嘘で固められたような街で言われても困りますが,彼女の気持ちは理解できます.それに,こんな風に怒ってくれるのは,それだけ早く会いたいと思ってくれていたってことですよね.ゴメンね.次からはバレないようにやります(^^;

なだめながら会計を済ませてバーを出ると,行きたいお店があるみたいで,手を引いて先に歩きだしました.連れて行かれたのは,いかにもデート向けというムードが漂った,ソイブーカオのビアタウンの近くにあるオープンバーでした.毎日,通勤時にここの前を通っていて,私と一緒に来たいと思っていたそうです.悪い気はしません.





席についてメニューを見ると,合成着色料がたっぷり入ったフローズンカクテルが看板メニューのようです.女の子が行きたいと言わない限り,絶対に来ないお店ですが,Jちゃんが楽しそうなのでなによりです.笑うと口の中に真っ青になった舌がのぞいて不健康そう(^^;

希望が叶ったことで,機嫌が直ったように見えても,思い出したように「あなたは嘘をついた」と膨れっ面になってしまいます.めんどくさい… それでも部屋に戻って土産に用意してあったスワロフスキーの指輪の土産を渡すとすっかり機嫌が直りました.昨年のクリスマスにプレゼントを渡せなかったので,その埋め合わせにと空港のギフトショップで買ってあったのです.思わぬところで役に立ちました.

機嫌は直ってるはずなのだけど,「あなたは疲れているから,今日は無しね」と,シャワーを浴びるとさっさと眠る態勢に入り,まさかのおあずけ.パタヤ二日目の夜はJちゃんと添い寝に終わりました.
(つづく)

posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記