2017年07月26日

到着〜ソイカウボーイ〜ホテルへ(1日目)

台北(桃園)→香港の所要時間は約2時間.乗り継ぎ時間は80分で,香港→バンコクは約3時間.乗り継ぎ便は面倒だと思ったけど,一度あたりのフライトが短いので思ったより楽でした.香港での乗り継ぎも,キャセイパシフィック航空のラウンジが充実しているので快適.点心やデザートが美味しかったので,帰路は機内食を全て断ってラウンジで食事しました.







定時の午後6時50分に到着したけど,イミグレーションが割と混んでいて,空港を脱出して,シティラインのプラットホームに到着したのが1時間後の午後8時前.予約してあるホテルのあるマッカサン駅に到着したのは8時半頃でした.

葵ちゃんはすでにバンコクに到着していて,妹の部屋にいるみたいです.彼女には悪いけど,久しぶりのバンコクなので,ちょっとだけ街の様子を見ておきたくてソイカウボーイへ行ってみることにしました.



ここのところバンコクで遊ぶことが無くなり,知り合いも居なくなってしまいました.よって行きたい店も思い浮かばないのでキョロキョロしながら歩いていると,LIGHT HOUSEの前で,呼び込みの女の子にキャッチされました.ここは比較的好印象が残って居るお店なので,誘われるままにお店に入ってみました.

呼び込みの子は,スレンダーなお姉さんタイプ,ですが年齢は22とのこと.席に着くと遠慮気味に「座っていい?」と打診がありました.あまりゆっくりすることはできないし,それなりにタイプの子なのですぐに了承して,彼女の分もドリンクを頼みました.


「ここはLD140だから高くないの」
「他のお店はいくら?」
「200が普通.240のお店もあるよ」

確かに女の子のドリンクが140バーツならばパタヤと同じぐらいの水準なので,遊びやすく感じます.このあと葵ちゃんに会うことになっていて連れて帰ることはできないので,ペイバー代金は確認しませんでした.

「ちょっと待っててね」といって呼び込みの子が席を外したタイミングで,たまたまステージの正面に立った女の子が可愛い笑顔を向けてきました.ポッチャリ系でロリ風味の入った明るそうな女の子です.ダンスが交代になったときには,呼び込みの子が隣に戻ってきていたけど,すぐに席に営業にやってきたので逆サイドに座らせました.

予想通り明るい性格のこの子はチェンライ出身の22歳.タイの子にしては色白な肌でロリっぽさが強調されています.二人からそれぞれペイバーのお誘いがあったけど,残念ながら見送り.葵ちゃんいなければどちらかは連れて帰りたかったな.ここの子たちは,個人的に好みの子が多いように感じました.

一軒だけだと物足りなく感じたので,なんとなくダンディにも入ってみました.ここに来るのは本当に久しぶりです.お店の雰囲気は好みだけれど,女の子のラインナップがちょっと厳しいかな.これでLD200だと遊ぶ気になりません.

そろそろいい頃合いかなとチェックビンを済ませたところで,葵ちゃんから「ホテルの前で待っている」とメッセージが入りました.「10分でいく.ロビーで待っていた」といって,大急ぎでホテルに移動.葵ちゃんはロビーではなく,ホテルの前の暗闇に,大きな荷物を抱えて待っていました.かなり疲れている様子.ゴメンね…

疲れているのか,体調悪いのか,「どこにも行きたくない」とのこと.なんだか幸先がわるいなぁ.ペッチャブリー駅の近くにチキンライスのお店があったことを思い出したので「食べに行く?」と尋ねると「行かない…なんか買って来て」と即答.そんなに疲れてるのか.まあ,ここはサービスしておくかな,ということで1人で買い出しにでかけました.

目的のお店は,大きな通りを渡ってソイに入ったところにあります.徒歩5分ぐらいで到着してみると,お店は真っ暗.残念ながら閉まっちゃってました.どうしたものかと進行方向を眺めてみると,屋台らしき明りがぼんやりと見えます.近づいてみると,ヌードルの屋台でした.ホテルの部屋に持って帰って葵ちゃんと一緒にすすりました.スーツケースに常備してある携帯用の箸が役に立ちました.

「明日どこに行きたい?」と尋ねると,すでに行く場所は決まっているみたいで,スマホにウェブサイトを表示させてみせてくれました.タイ語のページしかないけど,写真を見る限り,どうやらライド系のテーマパークみたいです.暑いからあまり気が進まないけれど,葵ちゃんは「まだ行ったことないから.あなたと一緒に行きたい(^^)」と甘えモードなので断ることはできません.

葵ちゃんが「歯ブラシ忘れた」というので,フロントでストックが無いか確認したけどホテルでは用意していないそうです.近くにセブンがあるから,そこで買ってくれとのこと.「買いに行く?」というと「もう良い」との返事.葵ちゃん,歯並び悪いからちゃんと歯磨きしてから寝た方が良いと思うんだけどねー.というか,ちゃんと歯磨きしてくれないと,キスする気になれないんだけど(^^;
(つづく)
posted by Pen at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月24日

旅の準備(0日目)

この日記は,書き上げたもの盛り上がりがなく面白くないのでお蔵入りの予定だったのだけれど,久しぶりのバンコク滞在記だったので,思い直して加筆修正したものです.面白く無いエピソードはどう修正しても面白くはならないわけですが…

今年(2017年)の3月,所用で1ヶ月ほど台北に滞在することになりました.滞在中,暇な時間に台北〜バンコクの航空券を調べていたら,思っていたより安いものが見つかり,時間もそれほどかからないことが分かったので,急に行きたくなってしまいました.

仕事があるので,使える時間は週末だけ.土曜日に出かけて月曜日に帰って来る2泊3日の日程が限界です.そうなるとパタヤまで足を延ばすのは効率的とは思えません.「バンコク滞在だったら時間を有効に使えるかな」なんて考えていたとき,ちょうどソイLKメトロのA go go, QUEEN CLUBを辞めてブリラムに帰っていた葵ちゃんから「元気?」という内容のメッセージが入りました.

葵ちゃんはスレンダー(というか痩せすぎ?)で,胸は完全に洗濯板.子供のころ栄養状態が悪かったのか,歯がスカスカで歯並びが悪いのが気になります,でもそれを除くとベッピンさんで,メイクをバッチリ決めるとかなり美人な部類に入ると思います.一番の長所は明るくて人懐っこい性格.どういうわけか,初めて会ったときからかなり懐いてくれていて,気も合うので一緒にいると楽しく過ごせます.そんなわけで総合的にはかなり「好印象」で,何度も会っているにも関わらず,まだ一度もペイバーしたことがありません.

試しに「バンコクで会える?」と尋ねてみると,意外にもすっかりその気になって「会いに行く!」と言い出しました.ブリラムに居るのでてっきり「無理」と言うと思っていたので,予想外の展開です.

「遠いけど大丈夫?」
「妹がいるから大丈夫!」
「どこで会えるの?」
「Up to you.パタヤでも,バンコクでも」


こんな写真が送られてくるとついその気になっちゃいます...


ブリラムから来てもらうのは申し訳ない,言ったのだけど「バンコクにいる妹にも会いたいから,気にしないで!」とのこと.なんだか断りづらくなったので,今回は葵ちゃんに会うための旅と決めて航空券を発券してしまいました.葵ちゃんとペイバー代無しで3日一緒に居られるならお得かもというケチ臭い考えがあったことも事実です.セコイことを考えるとろくなことが無いわけですが…

購入したのはキャセイの香港乗り継ぎ便.乗り継ぎ時間を含めて往路6時間30分,復路6時間50分.価格はJALへのマイル加算ができないクラスで9,971TWD.当時レートで約4万円とお手軽価格. JGC(OneWorldエメラルド)会員なので,乗り継ぎ時に香港のラウンジが使えて快適でした.行き帰りとも1時間半未満の短い乗り継ぎでしたが,狭い機内ではなく,ゆったりとした空間で食事できたのが良かったです.

常宿になっているFX ホテル メトロリンク マッカサン(参照:バンコクのホテル(2): ユニコ プレミア メトロリンク)を予約して旅の準備が完了しました.
(つづく)

posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年07月23日

ビーチでデート〜帰国(4日目)

目覚めるとJちゃんはすでに起きていて,色っぽい表情で迫って来たのでメイクラブ.お互いすっかり体が馴染んだようで,朝から盛り上がってしまいました.

事後,ベッドで甘えながら「いっぱいエッチしたね!」発言.3日も一緒にいて2回だけなので多くは無いと思うのだけど,彼女の基準では多いのかな.

しばらくピロートークしたあと,シャワーを浴びてから荷物をまとめて,お昼前にチェックアウトしました.

「何食べたい?」
「私のバーに行こ!」

ということで,ホテルのフロントに荷物を預けて,ソイ LKメトロのJちゃんのバーへ.このお店はランチ営業もしているようです.上階がホテルになっているので,ゲスト向けの朝食サービスのついでに開けているのかもしれません.





バーのランチなので大したものは出ないだろうと思っていたのだけれど,意外にも美味しくてびっくり.値段も手頃なので使えるお店だと思います.(イングリッシュブレクファストとサラダを注文 200Bぐらい)



Jちゃんが「ビーチに行きたい!」というので徒歩でお出かけ.ビーチではしゃぐJちゃんはとても幸せそうです.少し日差しが柔らかくなる頃までパラソルの下でダラダラ過ごしたあと,この日も彼女のバーで少し早めの夕食をとりました.今回はこのバーに入り浸りの滞在になってしまいました.







食後,Jちゃんが友達と話をしたりタバコを吸ったりしているのを眺めながらのんびりとビールを飲みました.なにがどうというわけでは無いのだけれど,不思議と幸福感を感じます.



夕刻,予約してあったベルトラベルで空港へ.今回の旅は予定通りずっとJちゃんと一緒だったので,目立ったエピソードがなくダイジェスト的な日記になってしまいました.この頃はJちゃんに夢中だったんだなぁ.
(おわり)


タイの滞在記録
  • 2017年度:1回目(通算3泊)
  • 2016年度:6回(通算33泊),2015年度:7回(通算37泊)
  • 通算:集計中
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記