2017年06月07日

そして悪いことは重なる(1日目 その2)

スマホはもう出てくることは無いだろうから諦めるしかありません.それよりも問題は,初日から誰とも連絡が取れなくなってしまったことです.真っ先に頭に浮かんだのは,前回最終日に出会ったソイ6のファンちゃんの顔でした(参照:ソイ6ファンちゃんとの出会い).

ファンちゃんは若くはないし,とびきりの美人というわけでもないけど,南国風味の好みのタイプで性格の相性も良く,一緒にいて楽しい女の子です.今回も絶対に会いたいと願っていたので,彼女と連絡が取れないのはかなり痛いです.たぶんお店にゆけば会えるのだろうけど,何があるかわかりませんからね…

気分は最低.慌てて飛び出してきたのでアイちゃんが心配しているかもしれないと考えて,ビーチロード方面に歩きました.ハピネスのカウンターを確認すると,女の子やお客さんで賑わっているけど,彼女の姿は見当たりません.さっき慌ててお店を飛び出したことが少々恥ずかしいと感じたことと,もし会ったら,同情的な態度をとられる可能性があり,それもあまり嬉しく思わなかったので,お店には立ち寄ることなく,そのまま通過してしまいました.

ビーチロードで折り返してソイ8に折り返してセカンドロード側に歩いていたら,ソイ中程のバーで友達のTちゃん(LB)から声をかけられました.あまり気が進まなかったけど,ちょっと落ち着くために一杯飲んで行くことにしました.



スマホを無くした話をしてみたけれど,Tちゃんはあまり興味がない様子.こちらは,盗られたスマホのことがまだ頭の中から消えいないのか,Tちゃんの話があまりちゃんと入ってきません.会話が噛み合わないので,お互いやりづらく感じていたと思います.軽くペイバーを要請されたけど,苦笑いして断ったら,気分を害したのか真顔で「チェックビンでしょ?」と言われたので,めんどくさくなって会計を済ませました.

Tちゃんのお店を出てからセカンドロードまで歩く間に「ひょっとして,PCからLINEのアカウントに入れるかも」と思いつき,このアイディアを確認するために,いったんホテルに帰ることにしました.

急いで部屋に戻ってネットで調べた結果,紛失した電話番号へのテキスト受信ができないとPCからはアクセスできないことが分かったので断念.あきらめて,ファンちゃんに会うためにソイ6のお店まで行くことにしました.

気持ちは「誰とも連絡取れなくても,今回はファンちゃんにさえ会えればマイペンライ」.

こういう状況に陥ると「どうしても会いたい子」と「そうでもない子」とを自分の中ではっきりと分類できるようになります.どうやらファンちゃんは,私がどうしても会いたい女の子みたいです.逆にさっきまで一緒に飲んでいたエムちゃんは,生ぬるい心地よさを感じられる,「都合の良い存在」として捉えているのかもしれません.そんなことを考えながら,日が暮れて交通量が増えてきたセカンドロードをソンテウに揺られてソイ6を目指しました.

ところが… ソイ6に来てみると,なんとファンちゃんのお店が無くなっちゃっていました.お店のあった場所は内装が全て撤去されて工事中.新しいお店に模様替えしているようです.なんという間の悪さでしょう.お店が無くなっていて,連絡先も紛失.これって今滞在で再会できる可能性が限りなく低いってことですよね?

すぐ近くのお店の前にいた,性格が良さそうなLBらしき子(ナッティ)に,「ここにあったお店,どうなったか知らない?」と尋ねるも「知らない」とのこと.そりゃそうですよね.「一杯飲んでゆけ」というので,もう少し情報を仕入れたいと考えて入店しました.彼女の話によると,先週ぐらいから工事が始まり,女の子たちがどうなったのかは知らないとのこと.「彼女と会えるといいね」と励まされながらチェックビンしました.(300ぐらい)
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記