2017年05月03日

2017年05月02日のつぶやき






posted by Pen at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 速報

Queen Clubの葵ちゃんに会いに行くも(3日目 その3)

午後10時ごろ,Water Fallの会計を済ませて,Queen Clubに向かいました.葵ちゃんから,ポスターの写真とともに「パーティがある」というメッセージが来ていたので「様子を見にいき,気分が乗れば彼女を初ペイバーをしてもいいかな」という計画でした.お店の4周年パーティーだそうです.

DSC_0102.jpg


パーティモードの店内に入り,左側中央付近に着席すると直ぐに蒼ちゃんが登場.嬉しそうに隣に座ったので,二人のドリンクを注文しました.

しばらく機嫌よく飲んでいたのですが,思い出したようにステージを指差して「彼女知っているでしょ?」と言いいだしました.指差す方を見ると,葵ちゃんが居なかったときに一度だけ一緒に飲んだ女の子の姿が.南国風のルックスですが,葵ちゃんとは真逆のムチムチした色っぽい体をしています.なんで知っているんだ??

「彼女にもドリンク,良いでしょ?」

彼女にドリンクを出して貰いたいメンタリティは正直よく理解できません.「私の客だから,ごめんね」ということなのかな.居心地は良くないだろうけど了承.すぐに葵ちゃんがウェイトレスに伝え,ウェイトレスがそれをステージ上のBちゃんに伝えました.

テキーラがやってくると,Bちゃんが苦笑い気味にステージから降りてきました.Bちゃん,私のことは覚えていたようだけど,よそよそしい対応.葵ちゃんが目の前にいるから当たり前か.テキーラ空けて,しばらく葵ちゃんと話をしたあと,ワイをして去ってゆきました.

ステージの反対側をみると,忍者のT氏も来店されて,紳士的に飲まれてました.こういう記念イベントには,ご近所として顔を出すのが礼儀なんでしょうね.この世界もなかなか大変そうです.

しばらくすると,葵ちゃんのところにママさんがやってきて何かを言ってゆきました.

「ママさんが,ウェルカムに行けって」
「わかった.じゃあチェックビンね」
「ごめんね」

ここのママさん,客に付いていてドリンクも出てるのにこういう指示をするのかぁ.それとも「こいつはどうせたいして金を落とさないし,ペーバーもしない」と判断されたのかな.その通りですよ.なかなかやるな,ここのママさんw
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記