2017年04月28日

Mちゃんとプールデート(2日目)

先日約束した通り,昼前にMちゃんから「もうすぐ着くよ」という連絡が入りました.すでに出かける準備は完了していたので,すぐに部屋を出てロビーで待っていると,約10分後,スクータに乗ったMちゃんが姿を現しました.

まずはセンタン地下のフードコードに移動してランチしたあと,再びMちゃんのバイクに二人乗りしてパタヤパークに向かいました.途中,「ここのが好き」と言って路上の屋台に寄り道してソムタムを購入し,約30分ほどで目的地に到着しました.

DSC_0076.JPG


パタヤパークは田舎のプール施設という風情で,ガラガラというほどではないけど,賑わっているとは言えない客の入り.入場料の他に更衣室の利用料金がかかります.売店で日焼け止めとペットボトルの水を買い,それぞれ更衣室で着替えました.

DSC_0104+(1).JPG

Mちゃん,褐色の肌に水色のビキニが良く映えます.まずはプールサイドのテーブルを確保して,買ってきたソムタムを食べます.ちゃんとオーダー時に伝えてくれたたみたいで控えめの辛さ.それでもたくさん食べると口の中が熱くなります.それでも美味しいので,水を飲みながら完食.

プールの中は飲食自由.残飯を狙った鳩がたくさん集まっています.それどころか,野良犬もウロウロしている始末.衛生状態は日本のプールと比べるとかなり厳しそう.シャワーも,更衣室にあるだけで,トイレには足洗い場すらありませんでした.

食べ終わると,大きなスライダーを指さして「あそこに行こう!」といいました.「怖いから嫌だ」と拒否しましたが,満面の笑みで「大丈夫!」といいながら引きずるように連れてゆかれました.

「赤,青,黄,どれが良い?」

高さによって色が変えてあるスライダーを差して悪戯そうに尋ねました.当然,一番低い色を選択.腕を引かれて階段を上がりました.ここは子供用のようで,それほどの高さはありません.彼女に後ろから抱きつかれながらテイクオフ! グルグルと周りながら滑り降りるのですが,スライダーの継ぎ目がけっこう大きくて擦れて痛い… でもMちゃんはお構いなしではしゃいでいます.

なんどか低いところを滑ったあと,中段を指さして「今度はあそこに行こう」と言い出しました.たいぶ慣れてきたので,大丈夫かなと思って了承しました.低い位置から階段をさらに上がると,中段のスライダーがありました.結構な高さがあります.上段は封鎖されているので,実質ここが一番高いスライダーということになります.たぶん安全点検とかしばらくやってないんだろうな,なんて想像するとスリル倍増です.

ここは,グルグル回るタイプではなく,ストレートに下のプールに向かうタイプ.2人一緒の利用は禁止されているようで,スタンバイしていた係員に,「お前はここで待て」と指示されて,Mちゃんが先に滑って行きました.あまり気が進まなかったけど,ここまで来たら引き返せません.で,滑ってみたらこちらは割と楽しくて,興奮して可愛くはしゃぐMちゃんに手を引かれて階段を上り,その後も何度か滑りました.

Mちゃん,遊んでいる間も仕事は忘れてないようで,水中で海パンに手を突っ込み,刺激するエロさも発揮.「恥ずかしいから止めて」というと,悪戯っぽく顔をのぞき込み「キモチイイ?」と言うのでした.

夕方,近くのマーケットで買い物をして,パタヤクランのレストランで食事してからホテルに向かいました.ベッドでは相変わらずの優良サービス.本当に欠点の無い子です.しばらく部屋でイチャイチャしたあと,10時半ごろ,「またね!」といって帰ってゆきました.

後日談(2017年4月)
この日記を書いたときは,ペイバー1,000,ショート 2,000だったのですが,2017年4月にはペイバーが1,200(週末料金とのこと)ショート3,000を要求されました.知らずに連れ出してしまい,部屋に帰ってから値上げを告げられました.かなり記憶力の良い子だし,会話の流れからも,値上げを先に告げなかったのはわざとだと思います.ホテルまでの道中も,この日記のころからは変わってしまい,すっかりとスレてしまったなぁと残念な気持ちです.
posted by Pen at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記