2017年04月27日

デルタ航空/ニッポン500マイル・キャンペーン 2017年度も継続

デルタ ニッポン500マイル・キャンペーンが今年度も無事延長されることになりました.新しい期限は2018年3月31日までです.

デルタ ニッポン500マイル・キャンペーン

長く続いているので既にご存じの方が多いと思いますが,このキャンペーンは,国内線(航空会社・クラスは問わず)の半券を台紙に貼ってFAXするだけで,デルタスカイマイル500マイルが貰えるというものです.スカイマイル一般会員は最大10フライト分(5,000マイル),メダリオン会員は最大40フライト分(20,000マイル)分のマイルを稼ぐことができます.

スカイチーム加盟航空会社が日本に無いことから,他の2アライアンスに比べて知名度が低いのでプロモーションのためにやっているのだと思いますが,かなり思い切ったキャンペーンですね.FAXを送る手間はかかりますが,それだけの価値はあると思っています.

PPが1,000ぐらい足らずANAのプラチナを陥落してしまったこともありますが,今年はアライアンスに拘らず航空券を探しています.このキャンペーンのおかげでスカイマイルが結構貯まってきたこともあり,中華航空や大韓航空も久しぶりに利用してみました.もちろんマイルはスカイマイルに加算しました.キャンペーンとしてはそれなりに効果が出ているのかもしれません.

posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | SkyTeam

2017年04月26日

忍者でMちゃんをペイバー(1日目 その6)

Queen Clubに続いてバチュラーも不発に終わり,「こんなことしているより早くMちゃんと会って楽しんだ方が良いのでは?」という当たり前のことにようやく気づいて忍者に向かうことにしました.

バチュラーから徒歩10秒で入口をくぐると,約5秒でMちゃんの高性能レーダーにキャッチされ,笑顔で腕を掴まれました.バチュラーでの微妙な気分の会計から約30秒ですっかり幸せな気分に.やっぱりもっと早くここに来れば良かった.腕を組まれたまま右側奥の席に着席しました.

落ち着いたところで二人のドリンクを注文.するとすぐに入口付近にいた友達2人を手を振って呼び寄せちゃいました.

「彼女たちにもドリンクいい?」
「・・・」
「ね?」(ニッコリ)

甘え上手のMちゃんにこう言われれば,たいていの人は断りきれないと思います.呼び寄せられた友達は「本当に良いの?」といった様子で腰が引け気味.遠慮しているのか隣に座ろうともしません.それでもMちゃんはニコニコ笑顔で「ね,良いでしょ」と彼女たちのドリンクをオーダーしちゃいました.主導権を完全に握られてしまっています.

3人に囲まれて,だらだらとドリンクをねだられる嫌な展開になるのかと思いきや,2人の友達が半分ほど飲んだタイミングで「行こっ」とペイバーを要請されました.もともとペイバーの予定だったので,渡りに船とすぐに了承.前回は自分のドリンク一杯だけで,ウェイトレスにおねだりのタイミングを許さなかったし,この子,客に過度な負担をかけないことをちゃんと意識してやっている気がします.きっと客を繋ぎ止めるコツが分かっているのでしょう.頭のいい子です.

前回と同様,お店の前に停めてあった彼女のバイクに乗せてもらってホテルへ.Mちゃんは前回と変わらず始終上機嫌でニコニコなので,こっちも楽しい気分になってきます.相変わらず出来過ぎな気がしなくもないけど,悪い気はしません.

部屋に到着すると,まったりモードでベッドに座ってトーク.「ここ行ったことがある?」といって見せてくれたスマホの写真には大きなスライダーのあるプールが写っていました.「無い」と答えると「明日一緒に行こう」とのこと.バイクで30分ぐらいの距離だといいます.Mちゃんとデートも悪くないと思い「良いよ」と答えました.

会話がひと段落したところで一緒にシャワー.綺麗に洗ってもらってベッドイン.ベッドでは変わらないエロさを発揮してくれました.丁寧なFに続いて彼女が上になってイン.いやらしく腰を動かします.綺麗な体,ちょいロリ風味のカワイイ顔を見ていると幸せな気分になります.気持ちが盛り上がったところで体勢を変えて正常位でスパートしました.終了後,力尽きて,少し眠ってしまい,3時ごろ目を覚ますと「明日12時ね」と言い残して帰ってゆきました.
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月25日

バチュラーで懐かしのNちゃんと再会(1日目 その5)

彼女たちは仕事なので,馴染みの客に指名されればこうなるのは仕方ないことと頭では理解はしているのだけれど感情的にはやっぱり消化不良.忍者のMちゃんに会う前にもう少し飲みたくなり,甘い接客を期待して,久しぶりにバチュラーに入ってみました.店内に先客の姿はなく,女の子たちがやる気なさそうにステージに立っている姿が目に入ってきました.

以前,この店によく来ていた頃に好んでいた,入って右側,ステージ中央付近の席を選択.するとすぐに,右側の席に座っていた女の子2人が「行くよ!」って感じでアイコンタクトをしてから,笑顔で営業にやってきました.この店に期待しているのはこういう積極的な営業です.

2人とも,ややぽっちゃりではあるものの,日本人好みと思われるカワイイ系の顔で許容範囲.ちょっと話してみるか,と思った瞬間,目の前に,見覚えのある,不健康そうに痩せた女の子が仁王立ちしました.

そちらに視線を向けてビックリ.それは,ここがまだ昼間営業をしていたとき,よく一緒に飲んだNちゃんでした.膝の上に馬乗りになってエロ接客を繰り出し,少しでも他の女の子と飲んだりするとあからさまに機嫌を損ねるじゃじゃ馬っぷりが記憶によみがえりました.昼間営業が終わってからはほとんど姿を見なかったので,もうここは辞めたものと思っていました.(参照:バチュラーのツインテールちゃん

ずっと続けていたのか,復帰したのかは定かではありませんが,もうかなりのベテランのはずです.それを裏付けるように,もともと老け顔だった顔はさらに老けちゃってます.体型もガリガリに痩せて「これで客が付くのか」と心配になるぐらい痛々しい風貌になっています.

それでも,ベテランの威圧感は抜群で,先に営業に来た女の子たちは苦笑いしながら撤退.彼女たちと飲む方が楽しいのは明白なのでガッカリ.なぜこのタイミングで現れるかなぁ.再会を喜びあうという気分ではないのだけれど,Nちゃんは当然のように隣に陣取ってしまいました.

当たり前ですが,Nちゃん,ドリンクが欲しいと言います.癖になるから,本当は拒否してお引き取り願いたいところなのですが,懐かしさと,若干の同情から,思わず許可してしまいました.とくに話すこともないので,気まずい時間が流れます.Nちゃんのドリンクが残り1/4になったところでチェックを宣言して脱出しました.

これで,次回も当然のように寄って来るんだろうな.どうやらバチュラーはまたしばらく来店を控えることになりそうです.またまた時間とお金を無駄に使ってしまいました...
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記