2017年03月06日

2017年03月05日のつぶやき






posted by Pen at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 速報

Mちゃんとの出会い(1)(4日目 その1)

昨夜の失敗のためか,あまりスッキリしない気分で起床.部屋でダラダラしていたけど,「何か胃に入れとかなきゃ」ということで外出.とはいえ気持ちも体調も低下気味で,食欲がありません.久しぶりに,ホテル近くの病院入り口の屋台に行ってみることにしました.あっさりと鶏肉ののった麺を頂きました.(50バーツ)

体がだるくて部屋で少し横になっていたら寝てしまったようで,気がつくと3時過ぎでした.ちょっと空腹を感じたけど,先にマッサージを受けたくて,馴染みのコンさんにLINEで予約.2時間のタイマッサージで少し体力が復活しました.

一旦ホテルに帰りバイクを置き,小腹が減ったので近所のフードコートへ.いつもパタヤセントラルロード沿いの店に行くので,ためしに今回は路地側から入って奥の店で食べてみました.残念ながら,パッタイが塩辛くてあんまり美味しくありませんでした.マンゴージュースは普通に美味しく,量も十分でした.

IMG_4260.jpgIMG_4259.jpg


2日連続の失敗は許されないので,今日は安パイで勝負したいと思っています.候補は,スーパーガールの元ツインテールちゃん,昨日バービアポッピングで出会ったノンカイ出身の子(日記では省略),大穴で,こないだから小まめにメッセージをくれているクイーンクラグの葵ちゃん.でも葵ちゃんは無いかな… とても性格の良い子なんだけど,夜のお相手向きでは無いように感じます.

でもやっぱり一緒に飲むのは楽しいので,まずは彼女に会っておこうと考え,午後8時前にソイLKメトロへ.ところが少し早過ぎたみたいで,まだクイーンクラブは開いていません.向かいのThe Officeの前には呼び込みをしているBちゃんの姿が見えるけど,こちらには気づいていない様子です.時間つぶしに彼女と飲んでもいいのだけれど,それよりは新しい出会いに期待する方が建設的だと考えて,コッソリとスルーしました.

クイーンクラブの前を通り過ぎてソイ・ダイアナに抜けようと歩いていると,アメジストの前で,真っ赤なドレスの呼び込みの子に腕を掴まれました.強目のファンデーションに真っ赤な口紅の化粧が少しキツめに感じられますが,小顔でくっきりした目の綺麗な顔をした子です.ここの店もしばらく入ってなかったので,軽く腕を引かれるのに任せ,久しぶりに入ってみることにしました.

開店直後のためか,店内に先客はゼロ.ステージ上の女の子達からはそれなりに歓迎の雰囲気を感じます.すぐにウェイトレスがやってきたのでソーダ水をオーダー.声をかけてくれた呼び込み嬢は,少し遠慮気味にテーブルの横に立っています.てっきりすぐに呼び込みに戻るものと思っていたので少し意外に感じながらも,まずはステージをチェックしようと視線を合わさないようにしていました.

ところが,別の方向からから誰かに名前を呼ばれて状況が一変しました.声をかけてきたのは,元ディスティニーの馴染みのウェイトレスでした.ここに移籍していたのですね.当のウェイトレスは当たり前のように隣に着席.そして呼び込み嬢も,「チャンス」と思ったのか,ドサクサに紛れて隣に座りました.こんなパッとしない出会いでしたが,実はこの子が大当たりだったのでした.

ひとしきりウェイトレスと再会の挨拶をしたあと,改めて呼び込みの子と自己紹介タイム.ウドン出身で20代半ば.子供は居ないとのこと.小顔に切れ長で綺麗な目,繊細な黒髪のストレートセミロング.名前はMちゃんといいます.華奢そうに見えますが,赤いドレスの胸元からは,はっきりとした谷間がのぞいています.甘ったるい香りの香水が,エッチそうな風貌によく似合っています.

淫微な雰囲気そのままに,かなりエロい接客をしかけてきました.顔をかなり近ずけて正面からじっと目を見つめたと思うと,そのまま舌を絡めるディープキスの強烈アピール.頭の良い子みたいで,男心を捉えるツボを心得ているようです.

「あなたと一緒にいたい」

という決めセリフに,あっさりと落ちてしまいました.条件を確認すると,お店に1,000で,彼女には2,000とのこと.ロングは選択肢にないみたいです.この子が2,000ならお買い得と思い,即決してしまいました.
(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記