2017年03月09日

最強LB,なっちゃんと再会

運命を感じさせる出会い(参照:(自分史上)最強LBなっちゃんとの出会い)から,急転直下,一方的に「絶縁宣言」された,「自分史上最強LB」のなっちゃんと,ソイカウボーイのLB専門店で再会しました.店の前で声をかけられ,そして軽く腕を掴まれました.「嫌いって言ったの,覚えている?」というと「ゴメンナサイ…」とのことなので,店に入ってみることにしました.ナナプラザのお店が閉店になったので,友達のいるこのお店に移って来たとのことでした.

出会った頃は18歳だったので,今年21歳になる計算です.さすがに当時と比べると,劣化してきているように感じます.10代の頃の輝きを知る者としては寂しさを感じないでもないけど,いまでもじゅうぶんに可愛い表情を見せてくれます.当時と比べる,胸が大きく綺麗になったことと,少し落ち着いて物腰が柔らかくなった点はプラスポイントのように感じます.少し揉ませて頂きましたがなかなかの品質に仕上がっているようです(個人的にはもう少し柔らか目が好みですが).

実は,なっちゃんを激怒させた理由はこのブログでした.誰かがなっちゃんに,このブログのスナップショットを送り「お前が写っているぞ」と伝えたことで,「お前は酷いやつだ」ということになりました.写真は,個人が特的できないようにボカシを入れて載せていたのですが,加工が少し甘すぎたようです.もちろん,悪いことは書いてないつもりですが,知らないところで自分の写真が使われるのは気分が悪いのは当然と反省し,彼女の写真はブログから全て削除しました.
ところが,どういう風の吹きまわしか,彼女からこんなオファーがありました.

「私の写真送るからインターネットに載せてもいいよ」
「いいの?」
「私が送る写真だけ載せて.載せたら画面のスナップショットを送って」

しかも「ボカシは無しでね」とのこと.自分が状況を知っているのならば,写真の公開はやぶさかでは無いということなのですね.そして,ちゃっかり「お店の名前と番号をちゃんと紹介するように!」と付け加えられました.まあ,ようは宣伝に利用されているということですね (^^;

せっかくお許しがでて,素材も頂いたので,もちろん紹介させて頂きます.Cockatoo Bar #46 なっちゃんの勇姿をご覧ください!w
N_001.jpg
胸が大きくなってより女性っぽくなりました

これ,たぶん,本人のお気に入りを送って来ているはずなのだけど,なんか写真映りが悪いんですよね.スマホを見せてもらうと,もっと他にいい写真がいっぱいあるのに,どういうわけか彼女のチョイスはこれでした.

N_003.jpg
LINEのアイコンにも使っていたからお気に入りの1枚なのでしょう


こちらはいい感じで写っています.もしソイカウボーイで彼女に会う機会があれば,ぜひ「ネットで見たよ」と言ってあげてください.私には何もメリットはありませんが,ひょっとすると気をよくして,またセクシーな写真を提供してくれるかもしれませんw
N_002.jpg
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月08日

Mちゃんとの出会い(2)(4日目 その2)

Mちゃんが着替えるために奥に入っていくと,元ディスティニーのウェイトレスが話しかけてきました.

「彼女は本当に良い子よ.私が保証する」
「ありがとう」

そういえば,ディスティニーは頻繁に飲みに行っていたのに,結局,誰もペイバーしなかったので,このウェイトレスの前で女の子を連れ出すのは初めてでした.彼女なりの心遣いで,私を安心させようとしてくれていたのかもしれません.

Mちゃん,カジュアルな服装に着替えて戻ってきたので、腕を組んでお店をでました.「私のモタサイで行こ!」とのことで,お店の前に停めてあったバイクを引き出して,二人乗りでホテルに向かいました.移動中もずっと楽しそうにしているので,嬉しくなります.

彼女のスクーターの後ろに乗せてもらい、ウキウキ気分でホテルに移動.Mちゃんもなぜかハイテンションです.早い時間に客が付いたから嬉しいのかもしれません.

ホテルの駐輪場にバイクを停めて部屋に入り,ベッドに座るといきなり抱きつかれてディープキス.ねっとりとした舌の動きと甘い香水の香りにクラクラとなりシャワーも浴びないまま始まっちゃいました.少し気になったので,一応,「シャワーは?」と尋ねたけど,「いらない」とのこと.エロい... 顔は好みが別れると思うけど,弾力ある触り心地極上の綺麗な胸,スタイルも良好,素晴らしい.

サービスは丁寧で濃厚.濡れはあまり無いけど,上下運動への支障は感じません.そして「感じる…いきそう」と日本語で声を漏らす,完全に日本人仕様のセックスです.でもよくあるワザとらしさが皆無なので,一瞬,日本人のガールフレンドとしていると勘違いしてしまいそうなほど.Fは無かったけど,不満を感じさせない一戦でした.

事後は,急ぐ様子もなく,しばしピロートーク.中国語,英語,日本語,ドイツ語,そしてラオ語を勉強しているそうです.「どうして?」と尋ねると,「たくさんの人が話している言語をマスターしたいから」とのこと.頭の良さそうな子です.

それからスマホを取り出して,食べ物や,パタヤ周辺のお寺の写真を見せてくれました.

「ここ行ったことがある?」

画面には見たことのないお寺の写真が表示されています.

「ない」
「明日,私と一緒に行きたい?」

明日はチョットした用事でバンクに行く予定が入っています.

「すごく残念だけど,明日は仕事でバンコク…」
「じゃあ,今度一緒に行こうね」

そういって,顔を覗き込むようにして,にっこり.すごく可愛い.いい子と出会えました.若干,出来過ぎ,というか,演じているような気がしなくもありません.きっと,みんなにこんな風に接客しているんだろうな.まあ,当たり前か.

帰り際,約束の2000バーツを渡すと,「マンゴーを買いたいから」というよく分からない理由で100バーツをねだられました.もともと交通費として渡そうと思っていたので,素直に渡すと,「あなたは休んでいて」と言って,ドアの前でバイバイして帰って行きました.
(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月07日

2017年03月06日のつぶやき




posted by Pen at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 速報