2017年03月22日

立ちんぼ調査(台中市・台湾)

タグ:台湾 夜遊び
時間ができたので,前回,中途半端な調査に終わった台中公園周辺を再調査してきました(参照:台中調査レポート).時刻は現地時間の午後9時半ごろ.場所は台中公園の西側の一角です.

公園路から,前回,たくさんの女性たちを目撃した骨董市入り口付近に近づくと,2名が目に入りました.一人は完全におばさんだけど,もう一人は遠目にはカワイイ印象だったので近づいてみました.

近くでみるとキツイです.英語はあまりできないようです.おばさんの方が「この子は2,000よ」とフォローしてくれました.女性によって売値が違うようです.あんまり商品に差があるようには思えないけど (^^; 買う気にはなれないので,立ち去ろうとすると,フォローしてくれたおばさんから3Pのオファーがありました.4,000はらってこの人たちといたすのは,完全に罰ゲームです.

前回,一本裏道の光復路沿いにあるセブンイレブン付近で若い子を見たので,今回も行ってみました.すると,セブンの向かいの交差点で駐輪してあるスクータに腰掛けたロリータファッションの女の子を発見.目が合うと,小さく頷くシグナルを送ってきました.化粧が濃いのではっきりとした年齢は分かりませんが,おそらく20代.クオリティは,購入を検討できるレベルです.さっそくアプローチしてみましたが,英語がまったく通じず.一言も喋らず,視線を逸らされてしまいました (^^;

というわけで,一中街あたりをウロウロしているカワイイ台湾人に出会いたいという希望も虚しく,今回もたいした収穫はなく終わってしまいました.
posted by Pen at 17:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月12日

バンコクまで日帰りでお出かけ(5日目 その1)

この日は,ちょっとした用事があり,日帰りでバンコクに出かけました.翌日帰国だったので,そのままバンコク泊でも良かったのだけど,時間帯やホテル移動の手間など,いろいろ検討した結果,パタヤ泊に決めたのでした.レンタルバイクは,この日のバスターミナルへの移動のために借りていました.レンタル代100バーツ+駐輪代30バーツなので,バイタクで往復するより便利で安いと思ったからです.

6時半に起床.準備を済ませて,7時頃,霧雨の中をレンタルバイクで出発.セカンドロードを北上し,ロータリーを回ってノースロードに入ります.翌日,満タン近くで返さなければからないので,このタイミングでガススタに立ち寄ることにしました.「50バーツ」とオーダーするとほぼ満タンまで入っちゃいました.上側のメモリの辺りに針が来ていれば良かったので,40バーツで良かったかも.借りた時もギリギリ上のメモリにかかっている程度だったからなぁ.

バスステーションの入り口が少し分かりずらいので,ガススタを過ぎたら,少し速度を落とすべき.行き過ぎちゃうと復帰に苦労します(経験談).

バイクをターミナル横の駐輪場に預けて(30バーツ)チケット売り場に行くと,タイミング悪く,バンコク行きのバスは出たばっかりで次は約40分後.仕方がないので,何をするでもなくベンチに座ってぼーっと待ちます.まあ,こういう無駄な時間もパタヤらしくて良いのですが.(チケット代は108バーツ)

IMG_2962.JPG


私が乗り込んだ,かなりくたびれたバスはほぼ満席で3分程遅れて発車.幸いシートはまだそれほどはヘタって無いので,2時間ぐらいなら耐えられそうです.お隣は大きなファランですが,体を小さくして行儀よく座っています.イギリス人かな.

バンコクでの仕事は予想より早くに終了.せっかくバンコクまで出てきたので買い物でも,と思わなくも無かったのだけど,人混みの中に出かけるのはあまり気乗りがしなくて,とんぼ返りでパタヤへ戻ることにしました.やっぱりパタヤが落ち着くみたいです.

帰路,事前のネットの調査で,注意するように書かれていたのにもかかわらず,エカマイでバンの営業に引っかかってしまいました.待ち構えて居たおっさんに誘導されてカウンターへ.で130バーツを要求されて「あれ?来た時と違うぞ?」と思ったのに,そのまま払っちゃったのが敗因でした.てっきりバスターミナルの案内係かと思ったら,バンの営業でした.みなさんもお気をつけください.

どうやら定員いっぱいまで乗せるようで,乗り込んでもなかなか出発しません.先に乗っている客に「何時発?」と尋ねても,みんな首をかしげるばかり.そうこうしている間に,乗るはずだった路線バスが出発していってしまいました(がっかり)車内でたっぷり30分は待たされて,ようやく出発となりました.次回は絶対無いですね…

運転手に「ノースパタヤバスターミナルに行くか?」と尋ねると「OK」と返事が返ってきますが,どうも信用できません.本当に大丈夫かな? 心配をよそにバンは激走.路線バスとは少し違うルートを走っているようです.途中,市街地に降りて,客を一人おろし,すぐに高速に上がって再び激走.途中,トイレに行きたくなったけど,バンなのでトイレは無し.トイレ休憩もないので困りました.

結局,バスステーションには入らず,道路を挟んで向かいに停めてくれました.慌ててバスターミナルのトイレに駆け込んで用を足しました.どうやらパタヤ市内からはリクエストストップみたいで,他の客にも「ホテルはどこだ?」と尋ねていました(一番はじめに降りたので真偽は確認できていません).ホテルまで送ってくれるなら,荷物がある人にとっては,このバンも選択肢に入れてもいいのかもしれません.トイレが無いのが困りものですが.
(つづく)
posted by Pen at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月10日

2017年03月09日のつぶやき


posted by Pen at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 速報