2017年01月17日

Jとのクリスマス 2日目(イブ)その4

「みんなファランのボーイフレンドが居るの」

向かいのソファー席では女の子たちがそれぞれファラン客にベッタリとくっついて楽しそうにしているのをみてJちゃんが言いました.

「ファランの彼氏が欲しい?」
「私は日本人が好き.○○が良い!」

そういうと首に腕を回してキスしてくれました.仕事上のサービスだと分かっていても,うれしくなってしまいます.

店内は大盛り上がりで,立て続けにベルがなり,ビール一本しかオーダーしていないのに,テーブルの上には,口を付けてないLEOとサンミゲルのボトルが何本も並んでいます.時計をみると,もう1時前になっています.約束の11時はとっくに過ぎてしまっているけど,不満はありませんでした.

そろそろ帰ろうかという頃合いになって,Jちゃんが突然「A go goに行きたい」と言い出しました.これから飲みに行くのは面倒です…

「ウォーキン?」
「違う.Office」

さっき,店の前で挨拶をしたBちゃんのことがまだ気になっていたのですね. Bちゃんとは何もないので,疑いをはらすためにも望むところです.徒歩1分でThe officeに移動すると,店の前ではいつものようにBちゃんが呼び込みをしていました.Jちゃんと一緒に店に入ろうとすると,ちょっとビックリしたような顔をしたけど,「どうぞ」という感じの手振り.椅子から立とうとはしなかったので,「b!」と声をかけて,手招きをして一緒に入店しました.

店内はそれなりに賑わっているようです.入り口左方向手前の席に案内されました.Bちゃん,クリスマススペシャルなのか,いつものスーツではなく,コスチュームのような衣装を着ています.この衣装だとお腹のお肉がいつもより目立ちます.よく見ると顔も少し違って見えます.そのことを指摘すると,鼻に少しシリコンを入れたとのこと.前の方が自然で良かったと思うのだけど,本人は満足そうです.最近鼻を手術した子を何人か見たので,タイの女の子の間で鼻筋をイジるのが流行っているのかもしれません.

3人分のドリンクをオーダーして落ち着いたところで,JちゃんとBちゃんはタイ語で話し始めました.詳しい内容は分かりませんが,自己紹介したり,私のことを聞いたりしているみたいです.しばらく話し込んだ後,Jちゃんがこっちを向いて言いました.

「あなたは友達で,良くここに来るけど,ペイバーはしないって」
「ね,本当だったでしょ」
「あなたは友達がいっぱいね」

何か言いたそうではありますが,とりあえずは納得してくれたようです.それにしても,Bちゃんはやっぱり大人でした.何度かペイバーしたLちゃんのこと,黙っててくれてありがとう.

要件が済んだからか,「もう帰ろう」と言い出したので,会計を済ませました.「ピー(Bちゃんのこと)にチップ」と言われたけど,癖になるので「ノー」.「どうして??」と不満そうだったけど,気にせず店を出ました.Bちゃんには,今度1人で来たときにお礼する予定,とはJちゃんには言えませんからね.

ホテルの部屋に帰って,ベッドサイドに座ると,いきなりJちゃんに押し倒されました.上から覆い被さり,両手を拘束しての,ディープキス.「これで日本でも浮気できないよ」と言って,首筋に吸い付きます.「マズイなぁ」と思いつつも,エロいムードに流されて抵抗できません.

「他に女がいたら殺すからね」(ニッコリ)

目は笑っていないので,きっと半分は本気だと思います.今はJちゃん一本なので大丈夫だけど,今後の夜遊びは慎重にしなければ…

反撃しようと体を入れ替えようとしたところで,「シャワーな」と言って,スルリとかわしてベッドから抜け出しました.小悪魔めー

「一緒に行こ」

そう言って手を引っ張るので,私もベッドから起き上がり,一緒にバスルームに移動しました.先にシャンプーを済ませて体を洗っていると,Jちゃんも入って来ました.日本から持参のスポンジで背中を洗ってあげると,おとなしく身を任せて来たので,時々愛撫を入れながら,全身綺麗にしてあげました.

先に上がってベッドで待っていると,今日は髪も洗って出てきました.ノーメークに濡れ髪が新鮮です.部屋の照明を消すと,「さっきの続きよ」と言わんばかりに覆いかぶさってきました.

イブの夜は期待通りの,見せつけるようなエロいF付きの,最高のブンブンでした…
(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記