2016年10月12日

LBからしか声がかからないのはナゼ?(2日目 その3)

12時になったら開く店があるかもしれないけど,この時間はまだ街に活気がありません.ソイ8を覗くと,入り口付近に一軒,灯りがついている店が目に入りました.近ずいて確認すると,これまで一度も入ったことがないし,声をかけられたこともないバーでした.時々,ソイに面したカウンターにかなり良い感じの子が座っていることがあるのだけど,きっとLBだと思われます.客が少ないからか,この日は珍しくこの店の女の子から声がかかりました.他に行く場所は無いので,調査を兼ねて少し座って行くことにしました.

声をかけてくれたのはファーちゃん.チョンブリー出身の二十歳.顔は少しロリ風味で整っています.テーブルが空いていたので,ビリヤードして遊びました.この店,周りは明らかなレディボーイばっかりだけど,この子に関しては確証が持てません.そこで少しカマをかけてみることにしました.

「子供はいるの? 」
「居なよ.だって作れないから」

キャハハと笑って,そう答えました.やっぱりLBでしたか.声も太くないし,体型も少し幼児体型ではあるけどムチムチしていて女の子っぽいんだけど なぁ.この子なら抱けてしまうかも(^^;

「あなたのホテルはどこ?」
「この近く」
「一緒に行く!」
「LBは経験ないから.ゴメン」(嘘ついてゴメン(^^;)
「試してみない?」
「ゴメン…」(LBはもうお腹いっぱい(^^;;)

それでも気を悪くすること無く付き合ってくれました.他に客も居ないし当然かな.飲みながらスマホの写真を見せていると,一枚の写真に写っていた女の子を指差して言いました.

「この子,マイでしょ?」

そこに写って居たのは,ソイ6に居て,音信不通になったマイさんでした(参照:マイさん(LB)の誘惑にクラクラ?).連絡が取れなくなったことを説明して「どこにいるの?」と尋ねると,ウォーキングストリートのLB専門店に移籍したと教えてくれました.「多分,スマホが壊れてLINEのIDが変わったのだと思う」ということでした.

「お店はどこ?」と訊くと「i barの近く」とのこと.それだけの情報でお店を特定できるとは思えなかったけど,本気で探したい訳では無いので,とりあえずお礼を言っておきました.(300バーツ)

LBバーを出て,薄暗いソイ7歩いていると,ビーチロードよりのお店の前で,Sちゃん(LB)に呼び止められました.彼女のお店は今日も営業していたのですね.一杯だけ飲んで行くことにしました.そうとう暇なのか,珍しく,すぐに「バーファイン」とお願いされちゃいました.でも,連チャンはムリなので「マイサバイ」と言ってお断りしてチェックビンしました.(220バーツ)
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記