2016年09月23日

2016年09月22日のつぶやき




posted by Pen at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 速報

2016年09月19日

2015年12月タイ旅行反省会(5日目)

今回の最終日は帰国するだけの移動日.スワンナプームへの移動にはMr. Tタクシーを予約済みです.早朝だったので,ちゃんと来てくれるかどうか若干不安でしたが,ちゃんと時間前にホテルの入り口前にスタンバイしてくれていました.ホテル前の道はかなり狭くて,来た時はソイの入り口までしか来られなかったのだけど,この時間はソイダイアナの屋台が営業していないので,ホテル前まで入ってこられるみたいです.

タクシーは快速して,90分ほどでスワンナプーム空港に到着しました.久しぶりのJAL便でしたが,この日は客層が悪くてかなり嫌な思いをしてしまいました.

とくにお隣さんが極端に気持ち悪かった.搭乗して直ぐ,まだ他の客が乗り込んでいる最中にも関わらず,CAにワインボトルを持ってこさせてラッパ飲み.お手拭きが配られると,靴下まで脱いで足を拭きます.そして裸足の足を前のシートの上に乗せ,汚い足を晒します.食事のときには,ワインを白と赤2本リクエストして,一本はカバンへ.さらに到着前にも,ワインボトルを持ってこらせてカバンに入れるというセコさ.CA呼出ボタン押しまくり.JGC様だそうです.JALのお客様ってこんか感じだっけ?

初日マリーちゃん(LB)をペイバーして添い寝 (1) (2) (3) (4)
2日目シャークのTちゃんと交渉決裂でペイバー無し(キンナリーパレスで一戦) (1) (2) (3)
3日目エミちゃんを初ペイバー(パーティ)(1) (2) (3) (4)
4日目ペイバー無し(ソイ6で一戦)(1) (2) (3)
5日目ペイバー無し(帰国日) (1)

ようやくScooter barのエミーちゃんをペイバーできましたが,結果は残念な結果に.キンナリーパレスの再挑戦はまあまあの結果.Tちゃんとの交渉決裂は残念だったけど,全体的にはのんびりできて,それなりに満足できる滞在となりました.でも4泊だと少しだけもの足りなく感じちゃいます.あんまり長いと飽きるので,自分的には5泊ぐらいがちょうど良いのかもしれません.


(おしまい)

次の日記は2016年2月タイ旅行分です.


タイの滞在記録
  • 2015年度:7回目(通算37泊)
  • 通算:集計中
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月16日

ソイLKメトロでホッピング(4日目 その3)

今回の滞在最終日は,早々にソイ6で一戦こなしてしまいました.性欲は減退しているし,体力的にもキツイのでこれ以上頑張るつもりはありません.あとは「女の子と酒でも飲むか」という気楽な気持ちでソイLKメトロに移動しました.

201512_4_3_2.jpg

とくに行きたい店が思い浮かばなかったので,ソイブーカオ側から入って,すぐに目に付いたTouchに入ってみました.入って左側,スピーカー真下辺りの席に案内されました.何とかオーダーはできたけど,音楽がうるさすぎて話が何も聞こえません.これでは,女の子を呼んでも会話なんて無理です.馴染みのウェイトレスがやって来て,何か話しかけているけど,何も聞き取れません.ゆっくり飲みたい気分だたので早々に撤退することにしました.(100バーツ)


次にパラダイスに入ってみました.理由は,touchを出たらすぐに目に入ったから,という消極的なものです.この店,実は相性があまり良く無いのです.この店でこれまでに女の子との接触に至ったのは,覚えている限り一度だけしかありません.そもそもあまり来ることが無いので,仕方ないのですが.この日も,ステージ上の女の子を眺めながらソーダを飲んだだけで,会計を済ませました.(70バーツ)

パラダイスを出て,ソイ・ダイアナ方向に歩いていると,角を曲がる手前にあるのバービア,new friends barでママさんらしき女性が声をかけてくれました.このあたりで声がかかることは珍しいし,何より会話を楽しみたい気分だったので,バービアはうってつけだと考えて,一杯飲んでいってみることにしました.席に座ってハイネケンをオーダーすると,ママさんは,入り口付近の年配ファランの接客に戻り,代わりに美人顔のスレンダーな女性を付けてくれました.

シャープな顎のライン,ちょっとつり気味の目に上品に引かれたアイシャドウ.かなりスレンダな体に,ソフトなワンピースがよく似合っています.明らかにファラン仕様ではありますが,いい感じに大人の女性の雰囲気を出していています.年齢は27歳.日本人だったら30代前半の美人なお姉さんといった雰囲気です.歯の矯正具が少し気になりますが,全体としては悪くありません.個人的には好きなタイプです.

ファラン仕様なだけあって,流暢に英語を話します.きっとヨーロッパのお客さんが中心なのでしょう.でも,「日本が好き」とリップサービスしてくれます.彼女の話によると,彼女の年代はまだ日本がNO.1.アニメやテレビドラマの影響が大きいようです.そしてもう少し若い世代になると韓国好きの女の子が増えてくるということでした.

201512_4_3_1.jpg


英語が上手で,話題も豊富.そして,ドリンクの催促も無く,気を遣ってこちらがすすめるぐらいです.ひょっとすると,普段からケチなファランの相手をしていると,こういう接客スタイルになるのだろうか,などと想像してしまいました.

ママさんから「この子,連れて行ってあげて」とすすめてもらったけど,この子とは飲み友達でいる方が楽しいと思ったし,何より今夜はペイバーはせず,早めに寝る予定だったので,やんわりと断りました.この旅に「翌日」があれば,多分,彼女と飲むために再びこの店を訪れたと思います.滞在最終日に,こういう子に出会うのも,タイの旅の巡り合わせではそれなりにある事だと感じてしまいます.

その後,パタヤを訪れるたびに店の中をチェックしましたが,その後,姿を見かけることはありません.パタヤの夜の無常をまた一つ学びました.後日聞いた噂では, 日本人の彼氏ができて,日本に行ったとのこと.「日本人が好き」というのは,まんざらサービストークだけでは無かったのかもしれません.(360バーツ)

午後11時ごろ.翌朝早いから,帰る気満々だったのに,呼び込みに押し切られてクイーンクラブに入っちゃいました.優柔不断だと良いことありませんね.席に座ってステージを確認しましたが,お友達になりたいと思える子は見当たりません.すでに気分が終了モードになっているので,なおさらそう感じるのかもしれません.「潔く帰れば良かった」と反省.酔いを覚ましに,注文したソーダウォーターを1/3ほど飲んでホテルへ帰還しました.




(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記