2016年08月13日

出発(1日目 その1)

今回の旅は,12/25〜12/29と,クリスマスやニューイヤーのイベントをぎりぎりかわす日程で計画しました.年末年始のパタヤは世界中から観光客が押し寄せることに加え,お休みをとる女の子も多いことから完全な売り手市場になると聞いています.それにホテルなどの価格も上昇するので,余裕をもって楽しめないと判断したからです.南国らしい,のんびりとした空気こそパタヤの魅力と考えているので,これでは楽しめそうにないと判断したからです.お祭り好きな人には,「ニューイヤー」の特別感は良いのかもしれませんが.

わりと苦労して年末分の仕事を前倒しして済ませて,ようやく出発にこぎ着けたのに,どういうわけか今回は気分がなかなか乗ってきません.たぶん,かつてのFちゃん(参照:Fちゃんの思い出回想 その1など)やMちゃん(参照:Mちゃんからのメッセージ「チェックビン?」「…」など)のように「彼女に絶対会いたい」という,本命の子が居ないことが原因なのだと思います.先月の滞在で新しい出会いが無かったのが敗因ですね.今回は新しい出会いに期待したいところです.

今回利用のJL707便はスワンナプーム空港への到着が午後11時と少し遅い時間なので,パタヤまでの移動にMr. Tのタクシーを予約しています.到着後,入国審査をほぼ待ち時間無しで通過して済ませて待ち合わせ場所の到着フロアの3番ゲート付近へ.少し待ったけど運転手が見当たりません.近くのセブンイレブンでDTACのリフィルを100バーツ分購入してトップアップし,Mr. T taxiの事務所に電話を入れてみました.名前を告げると「すぐに行く」とのこと.約10分後の23時35分に運転手と合流できました.

一緒に駐車場に移動して,タクシーは11時40分に出発.車の中で少し寝ようと思っていたのだけど目が冴えて寝付けず,車中ではKindleで読書して過ごしました.0時50分頃に高速降りて,ソイダイアナ近くのホテルには午前1時に到着しました.4泊5日の2015年最後の旅の始まりです.
(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記