2016年08月31日

まさかのノンちゃん登場(2日目 その2)

前回と同じ流れで,キンナリーの前に停まっていたバイタクを捕まえて,一気にソイ6まで移動することにしました.前回,行きも帰りも100バーツだったので,どうせ100だろうと思い行き先だけを告げて乗りました.

ところが,到着して100バーツ札を差し出すと「200だ」と拒否されてしまいました.乗る前に交渉しなかったこちらに非があるにしても,200はボッタクリすぎでしょう.食い下がりましたが,平行線なので120を提示しましたがこれも受け入れられず.150でやっと交渉が成立しました.やっぱり,乗る前にちゃんと確認しとかなきゃダメですね.反省.

セカンドロード側からソイに入り,前回と同じ流れで,ノンちゃんのお店に行ってみることにしました.お店に着くと,ノンちゃんよりも先に,なんと引退したはずのKちゃんが姿をみせました.ナゼ!!??(参照:ソイ6のKちゃん引退

この子とは,引退後もちょくちょくLINEでやり取りをしていました.渡航前に,タイに来ることを話したところ,「バンコクに来れば会えるよ」と意味深なメッセージを何度も貰っていました.「もし帰国日にバンコクに立ち寄ることがあれば食事ぐらい付き合っても良いかな」と考えてハッキリとした返事を保留して,「29日に時間ある?」という打診だけしてありました.ところが今回はバンコクに寄らず,パタヤから空港に直行することにしたので,彼女とバンコクで会うというオプションも無くなりました.その後,なんとなく気まずくて連絡をとるのを後回しにしていたら,タイミングを逸してしまい,バックレるような形になってしまっていたのでした.

こういう経緯があったのでかなりビビリました.やっぱり向こうが一枚上手でした.さすが,百戦錬磨のベテランさんです.連絡が途切れたので,怒っているのかと思いきや,ノンちゃんはナゼか上機嫌で,「あなたに会うためだけに来た」と何度も強調します.もちろん,そんな訳無いですね.きっと,カモを確保できたと喜んでいるのでしょう.残念ながらこっちはノンちゃんのカモになるつもりは有りませんが.

地味な私服で,化粧もさほど決めていないためか,最後に会った時よりも,かなり老けてしまった印象です.ここで,今更再会したことを若干後悔.過去の思い出だけにしておくべきでした.

ノンちゃんは当たり前のようにまとわりついてきます.そして他の女の子たちのドリンクも「いいでしょ?」と言って,半ば勝手にオーダー.すっかり彼女気取りで場を仕切っています.なんか面倒くさいぞ…どこで間違えてこういう展開になっちゃったのでしょう… そもそもこの子は,ここで働いて無い筈なのに,すっかり馴染んでます.この界隈では長く働いていたので,まだまだ顔がきくのでしょう.

しばらく飲んでいると,200バーツが欲しいと言い出します.何ごとかと思ったら「(美容院に)メイクとヘアに行きたい」とのこと.現役時代の思い出が蘇ったのか,はたまた,「1日復帰」で働くつもりなのか.何れにしても却下です.

「ダメ」
「どうして?」
「どうしてメイクするの?」
「綺麗な方があなたは嬉しいでしょ?」

エーッ,私のためですか? 本当は違うでしょ?(^^; 「今のままで充分」と心にも無いことを言って再度却下しました.

しばらくすると,突然,腕を引っ張ってバーの外に連れて行こうとします.まったく落ち着きがありません.今度はどうしたのかと思ったら,バーの前に来ていたTシャツ売りのところに連れて行きたかったようです.さっそく商品を物色して,2着ほど選び,有無を言わせず払わされてしまいました.…なかなか手強い

バーに戻ると,さっそくトイレで着替えてきて,目の前で「どう?」とポーズを決めてくれました.ボディラインにフィットした白いTシャツが予想外に似合っています.意外にも可愛いことをするので,思わず苦笑いしてしまいます.

さらにしばらく飲んでいると,お店に小学3年生ぐらいの痩せた坊主頭の少年がスクーターに乗ってやってきました.ノンちゃんいわく「私の弟」とのこと.パタヤで学校に通っているそうです.年齢的に「本当は息子じゃないのか?」という疑惑が生じますがもちろん封印.「彼にコーラ」とねだられて,断れるわけもなく頷きます.まったく愛想の無い少年で,お礼を言うわけでもなく,当たり前のようにコーラを受け取りました.

このままでは無尽蔵にたかられそうだったので,チェックビンを宣言して逃げることにしました.ドリンク代770バーツって,これ,絶対,彼女のドリンクも弟君のドリンクもLD価格(キャッシュバック付き)だよなぁ…舐められてるな,こりゃ.(+Tシャツ200バーツ)
(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月29日

キンナリーパレスに再チャレンジ(2日目 その1)

朝,10時ぐらいに目覚めると,隣にはマリーちゃんが… 寝顔もすっかり女の子ですね.♂の気配はまったく感じられません.マリーちゃんは幸せそうに寝息を立てていて,すぐには起きそうにありません.先に起き出してPCで作業をしていたら,1時間ほどしてやっとベッドから出てきました.

「ランチ行く?」と尋ねたら,頷くので身支度をして出かけることにしました.

今まで,彼女にはチップを渡したことがありません.部屋を出るとき,ちょっと迷ったけど,1,000バーツを差し出しました.すると,表情を変えず,黙って受け取りました.彼女にとっても,複雑な心境だったのかもしれません.もしかしたら,予想より少なくてムッとしていただけかもしれませんが.笑 添い寝だけだから,こんなものですよね?(^^;;

マリーちゃんは,前回同様,センタンのフードコートに.食事の後,ソイ6のバーに誘われましたが,面倒だったので「仕事がある」といって断り,解散になりました.

自由になったので,プールで泳いだり,近くのフードコートで食事したりしてして過ごしているうちに,時刻は午後2時頃.いつものようにマッサージでも行こうかな,などと考えているとき,ふと前回惨敗だったキンナリーパレスのことを思い出しました(参照:キンナリーパレスに初潜入(1) キンナリーパレスに初潜入(2)).前回の失敗は,出遅れてしまったことが原因だと分析しています.この時間ならば,ちょうど良いような気がします.そこで,リベンジの意味も込めて,再びキンナリーパレスに乗り込むことにしました.

初めて訪問した前回は,バーデンダーにたかられただけと惨敗でした.散々な結果だったけど,このブログに頂いたコメントを見る限り,実際にはもっと楽しいところのようです.試しにネットで検索すると評価は真っ二つで,若干,悪評価が優勢な感じです.これは,一度の調査で評価を下すのは早計と考え,再びの突入を決意しました.残念な結果だったら,またソイ6行けばいいし.苦笑 今度はバーデンには奢らないように注意しようと決意して乗り込みました.

今回は,バーテンの目を気にしながら,入って左側奧の部屋に入ってみました.顔を覚えられていたら,面倒なので.幸い,前回の兄ちゃんたちは不在のようです.そして前客はゼロ.カウンターの中にはおばさんバーテンダー.女の子もほとんど見当たりません.奥のカウンター席に座るも一人ぼっち状態です.うっ,今度は早すぎたのか… 今回も苦しい戦い予想されます.

なんて思ったら,いきなりなんかいい感じの子が隣にひょっこりやって来ました.若干の老け顔が入っているけど,オリエンタル風味の美人さんです.ノンカイ出身の28歳とのこと. もう少し若く見えます.

「はやく予約しないと部屋が混むよ」という口説き文句に前回の完敗が頭によぎっり,あっさり交渉成立しちゃいました.入店から10分以内の出来事です.いつもの遅打ちが,今回は早漏にも程があります.

清算を済ませて,飲みかけのビールの瓶をもって,プレイ部屋へ.少し古いけど,思ったより広くて上品な部屋です.てっきりソイ6みたいなのをイメージしてました. ベッドサイドのテーブルにビール瓶を置いて,服を脱ぎシャワールームに.彼女もまったく恥じらいもなく服を脱ぎ捨てて後からついてきます.ブラ補正が効いていたようで,脱ぐと胸は見事なまでの洗濯板.でも余分な肉はついて無くて,スタイルは良好です.クリクリとした乳首のだけが目立っています.仁王立ちで,きれいに洗って頂きました.なんだか日本のお風呂屋さんみたいですね.

「日本人は小さい人が大きいけど,あなたはラッキーね」
さっそくのリップサービスありがとうございます.

で, ベッドでのサービスもお風呂屋さん風.F,からのアナル舐めと一通りこなしますが,キスは軽めでした.「入れていい?」と尋ねられて,ちょっと物足りないなと思いつつも,気が弱くて言い出せなくて了承しちゃいました.

一回使い切りサイズのゼリーの封を切り,自分の股間に擦り付けて塗って,またがってきてイン.
反応はマイルドだけど,表情がエッチっぽい.この方,お口でのサービスより,中の方が具合が良いようです.

反応も良く,いろいろな体位を楽しんでフィニッシュしました.事後のシャワーはセルフ.服を着てから約束の1,000バーツを渡そうと財布に手を伸ばすと,すかさず「チップ忘れないでね!」と催促されちゃいました.なんだかなぁと思いながらも100バーツ札を取り出そうとすると,「100じゃなくて500ね!」とのこと.この無謀な要求は当然却下.そもそも1,000バーツがチップでしょ? なかり粘られて,最終的には総額1200バーツで手を打ちました.こんな風に事後にお金の話をする女の子は面倒くさいなぁ.

最後は少しケチがついちゃったけど,女の子のサービスは「まあまあ」という結果でした.ソイ6とほぼ同じ値段であることを考えれば,女の子の教育はそれなりにできているみたいだし,プレイ部屋も小綺麗なので選択肢としてアリなのかもしれません.でもこの内容ならば,私はソイ6で良いかなぁ.ここまで来るのも面倒だしね.

2度目のキンナリーは「引き分け」に終わりました(1分1敗).またそのうち機会があれば再戦してみることにします.
(つづく)追記
posted by Pen at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月28日

結局,マリーちゃん(LB)とホテルに(1日目 その4)

Foxy lady を出て,とくにあては無かったけど,少しだけビーチロード側に歩いてみました.時刻は午前3時すこし前.ソイ7はすでに活気が無く,楽しい出会いは期待できそうにありません.「The scooter barのエミちゃんがまだ居てたら,誘ってみようかな」という考えが頭に浮かび,ソイ・ブーカオに戻ってみようと方向を変えたとき,後ろから名前を呼ばれました.今日はそういう日なのかな,なんて思いながら振り向くと,そこにはマリーちゃんの姿がありました.

マリーちゃんは,ぱっと見たら高校生ぐらいの女の子にしか見えないけどレディボーイ.ここのところ渡航の度に会っていて,普通の友達のような関係が続いています(参照:マリーちゃん(LB)と連日のデートなど).前回は明るいブラウンだったロングの毛先を,今回は赤く染めています.大人っぽい衣装と,子どもっぽい鼻ピアスや目の下の星のペイントがアンバランスな印象です.

201512_1_4.jpg

目があうと,懇願と遠慮が混ざったような表情で,上目遣い気味に「ワンドリンク」と小さく言いました.彼女のこの表情,ドキッとさせられます.誘われる思わず店に入ってしまいました.

LBの子は,女の子以上に劣化が早く,久しぶりに会ったらかなり残念なことになっていることが多いのですが,この子は全く変わり無く,知らなければ女の子と思ってしまうビジュアルです.声も女の子っぽいし,話し方も自然なので,ついついLBであることを忘れてしまいます.

で,飲んでいるウチに「一緒に帰る」と言い出しました.時刻はもうすぐ午前4時,これから新たな女の子を見つけるのは,もう諦めた方がよさそうです.マリーちゃんの,完全に女の子に見えるビジュアルに惑わされてか,つい「まあ良いか」とOKしちゃいました.

彼女とは,デートはしたけど,あくまでお友達.酔ったときに,軽くキスしたことはあるけれど,それ以上の関係には抵抗あるはずだったんだけどなぁ.素直に部屋に帰って寝れば良いものを,移動の疲れもあって思考力が低下していたのかもしれません.ひょっとすると「LBらしいエロいF」を期待するスケベ心が潜在的にあったのかもしれません.あ,LBがFがエロいというのは,あくまでイメージで,実際にそういう状況に遭遇したことはありませんが…(^^;

かなり眠たかったので、早く部屋に帰りたくて,すぐにバーにペイバー代金を払って会計を済ませました.近くにいたバイタクに乗ってホテルに戻りました.フロントに人はいたけど,何も言われることなく通過.遅い時間(早朝?)はヤル気がないのかな? LBを連れ込むのは少し気まずいし,マリーちゃんは悪いことをするような子ではないので好都合です.

で,連れて帰ったわけですが,シャワーを先に浴びて,ベッドに横になってマリーちゃんのシャワーを待っていたら,そのまま寝ちゃってました. 当たり前ですが,エロ要素はまったくありませんでした.この子は,健康的なスポーツ部の高校生という風貌なので,エロい気持ちになりづらいのだと思います.

結局、パタヤ初日は,いろいろと判断ミスが重なり,LBと添い寝という散々な結果になってしまいました.(550バーツ)
(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記