2016年07月16日

ソイ6のノンちゃんのこと(2日目 その1)

昼間,ビーチロードまで散歩にでかけると,ちょうどセントラルロードの突き当たり辺りでイベントの準備をしていました.置いてあった案内板によると,昨日から「International Fire Festival」というイベントをやっているようです.混雑の原因はこれだったのですね.今日の花火はフィリピン,韓国,日本,中国の提供によるものとのこと.日本,中国の花火は,力作が期待できそうです.

fwf2015_1.jpg


すでにビーチロードではイベントの準備が始まっていました.車は通行止めになって,ウォーキングストリートになるようです.多くの屋台が営業の準備を始めていました.花火は大好きなので,時間になったら見物に出かけることにしました.

fwf2015_2.jpg


16時ぐらい.いつものマッサージ店でタイマッサージを2時間受けたあと,散歩がてらソイ6をチェック.いつものようにセカンドロード側から入ってしばらく歩くと,最初の6 1/2に続く路地の辺りにある店の前で,ノンちゃんがカウンター席に座って化粧をしているのが見えました.ノンちゃんとは,彼女が前の店に在籍していたときからの友達ですが,連れ出しはおろか,「上の部屋」に移動しての「対戦」も今のところありません.こうやって早い時間に訪れては一緒に飲む,飲み友達みたいな存在です(参照:ソイ6のノンちゃんに帰国の挨拶).

時々,アピールシグナルを出していることもあるのですが,残念ながら色気レベルが低いので,こっちがその気になることはありません.でも,割と気が合うようで,明るいうちからダラダラと飲むには良い相手です.この日も,「ひょっとしたらノンちゃん,居るかも」などと思っていたので,ある意味,思惑通りになりました.

ノンちゃんは化粧の手を止めて,笑顔で迎え入れてくれました.いつもはビールを頼むのだけど,なんとなくアルコールをセーブしようと考えてコーラを注文.彼女の分もオーダーして乾杯しました.タイの夜の女の子は,久しぶりに会ったら,まずは「いつ来たの?」とか「何日いるの?」といった確認をする子が多いように思いますが,彼女の場合はそういった質問はいつも無し.この子の場合は,「ゴハン食べた?」とか「疲れてる?」と,まるで毎日会っている友達への挨拶のような会話です.

ベタベタするわけではないけど,よそよそしさは感じない,相変わらずの適度な距離感が心地よく感じられます.この子にもう少しだけ色気があったらなぁ,と残念に思わざるをえません.まあ,そういう邪念が無いからリラックスできるのかもしれませんが… なんて考えていたのですが,今回の旅で,彼女とのこんな関係が,ちょっぴり変わってしまうことになりました.もちろん,この時点では,まだお互い知るよしも無いのですが.(200バーツ)
(つづく)
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記