2016年07月15日

Aちゃん,日本に来る(5)

タグ:パタヤ
翌日の午後,スマホを確認するとAちゃんから「今部屋に帰ってきた」というメッセージが入っていました.友達と一緒に昼食に出かけていたようです.回転寿司店と思われる写真が数枚送られてきました.

a_come_JP_5.jpg

a_come_JP_6.jpg

「美味しかった?」
「あんまり.笑」

あれれせっかくだから美味しい寿司を食べて帰って欲しいな.

**********

その後も何度かビデオチャットで話して,日本での滞在の様子を教えて話してくれました.彼女の話によると,どうやらお店近くの安部屋に,友達と二人で滞在させられているようです.

先週,「来週の火曜日か水曜日だったら時間作れそうなんだけどな」と話していたためか,こんなメッセージが入っていました.

「火曜日に東京に行くかも」

うーん,いつもパタヤで会うように,1〜2時間食事をするためだけに,東京まで出て行くのは面倒だなぁ.今からだと航空券も高いし.それに彼女の性格からすると,食事が終わったら「バイバイ」って言って帰って行きそうな気がして,どうも気持ちがノッてきません.彼女,メンタルの関係を重視しているようで,身体的なふれ合いへの関心がとても低いのです.

「仕事,休めるの?」
「新幹線のチケット買って!」(そしたら休むってこと?)
「東京に泊まれるの?」
「今考え中」
「考える」
「友達の分もね!」

最後の一言で一気にヤル気が減退しちゃいました.無理して行くことないな,こりゃ.

a_come_JP_7.jpg


**********

結局翌週も仕事の予定が入り,忙しくてAちゃんに連絡を取ることができずにいると,水曜日になって,かなり長いメッセージが数件入っていました.

a_come_JP_8.jpg

明日東京に行くよ
あなたに会いたいけど繋がらない
もし私と話したくないのなら言ってね
いろいろなところに行きたいから日本に来たんだから

日本には,私をどこかに連れて行ってくれる友達も居るはずだし
まえ,もし日本に来たら会いに来てくれるって言ったでしょ
私はあなたの言ったこと覚えてるよ

あー,怒らせちゃったかな.せっかく日本に来ているのに悪いことをしちゃいました.すぐに言い訳メッセージを入れておきました.
ゴメン,出張で昨日帰ってきた
会いたかったけど時間の余裕がなかった
自分で休みを決めることができないから
本当にゴメンね

するとすぐに返事がありました.

「火曜日,水曜日は休みって言ったでしょ??」
「事前にボスに言っておけば休めるけど,Aちゃん,週末以外は休めないって言ってたでしょ?」

そういうと,秋葉原らしい場所を観光している写真が3枚送られてきました.どうやらそれほど怒ってないないみたいで一安心です.
明日の朝,7時に成田に行くよ.9時の便に乗る予定
東京に来たけど,どこかに連れて行ってくれる友達は居ない
友達は彼氏とどっかに行っちゃった
私は一人で部屋で彼女が帰ってくるのを待っているだけ
何度もあなたに連絡したのに繋がらなかった
(笑)
いいよ,次の機会ね!

あー,やっぱりちょっと怒っているかな…
Aちゃん,友達と一緒に東京に来るって言ったでしょ?
次回は早めに教えて
Aちゃんと一緒に旅行がしたい
友達は要らない(笑

そう送ると,「分かってる(笑)私は冗談で言ったのよ」という返事が返ってきました.そんな冗談,止めて下さい.いかにもAちゃんらしいけど.

彼女は帰国後,一旦パタヤの部屋に帰り,荷物をまとめて実家(ウドン)に帰省するという話しを聞いていたので,パタヤに着いたら連絡してみよう.悪いことしたから,食事ぐらいは奢ってあげないと.
(おしまい)


後日談
予定通り,パタヤで食事を奢りました.そして,食事の後は,予想通りホテルの部屋に来ることはなく,「またね!」といってバイタクで帰って行きました.詳細は後日2016年6月分の日記に書きます.
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月14日

Aちゃん,日本に来る(4)

タグ:パタヤ
その日の夕方また彼女からメッセージが入ってました.

「P(私の名前),たぶん日曜日はお休みだと思う」

わざわざ休日を知らせてくれたんだ.いちおう,会いたいと思ってはくれているみたいです.

「会えそう?」
「きっと会えるよ!来て来て!」

言葉は嬉しいけど,そこまで行く時間とお金でタイに行けちゃうんだよなぁ.苦笑 会いたいと言ってくれて嬉しい気持ちはあるけど,かなり悩ましいところです.それに,彼女の返事が軽すぎて,本当に会えるのかどうか疑わしくもあります.

どう返事しようかと迷っていたら,さらに彼女からのメッセージが続きました.

「日曜日は休みなの.東京に行きたいな.P,明日は仕事?」

確かに明日は日曜日で仕事は休みだけど,前日の,しかもこんな時間に言われてもちょっと困ります.それに,さすがに,普通運賃の航空券を購入するのは予算的に難しいです.

でも,今更そんなことをAちゃんに説明してもどうしようも無いことだし,日本の土地勘や交通事情に関する知識がなければピンとはこないだろうから話題を変えることにしました.

「休みは日曜日だけ?」
「休みは日曜日.来週も休みだよ」

あいにく来週末はすでに仕事の予定が入ってしまっています.

「仕事は何時から何時まで?」
「午後7時から午前1時まで」
「お昼間は仕事無いの?」
「うんでも寝てると思う.笑」

きつい仕事だから当然です.どうやら平日の日中に会うのは難しそうです.

「午後7時から午前1時まで仕事.休みは日曜日.タイに帰るのは再来週」

帰国日を確認すると,なんと次回のタイ渡航と同じ日.彼女の便が少し早いので,成田でニアミスすることになります.しかも彼女はドンムアン着,私はスワンナプーム着なので,現地での合流も難しそうです.

「分かった」
「何が分かったの?」
「Aちゃんの予定は分かった.今,考えてる」
「私も.笑」

「火曜日か水曜日は?」
「仕事…」

残念ながら休日の選択権は全く無いみたいです.

「分かった.カラオケに行くよ」
「良いよ.笑」

a_come_JP_4.jpg


そう言うとお店のGPSデータと,お店の住所が入ったカードの画像を送ってきました.どうやら駅前のビルに入っているお店のようです.教えてもらったお店の名前をGoogleで検索しても出てこないのでメジャーなお店では無さそうです.悪質な店じゃ無ければ良いのだけれど.少なくとも韓国への出稼ぎよりは良い印象をもって帰国して欲しいな.
(つづく)
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月13日

Aちゃん,日本に来る(3)

タグ:パタヤ
翌日の朝,「どこにいるの?」とメッセージを入れておいたのですが,夕方まで既読になりませんでした.おそらく移動中だったのでしょう.午後5時半頃になって,どこかの駅前と思われる写真とメッセージが送られてきました.写真には,餃子で有名な関東の地方都市の名前の書かれた看板が写っています.

「どこか分からない.凄く遠かった」

そりゃ遠いと思うけど,どうしてこんなところにいるのだろう? 普通,初来日で観光で行くような場所じゃないと思うのだけど.実際,私も行ったこと無いし(^^;

a_come_JP_3.jpg

「どうしてそんなところにいるの? どこに行くの?」
「名前忘れちゃった」

えーっ本当に会えるのかな.早く航空券おさえないと高いんだけど… どうせならLLCではなくて,マイルの貯まるキャリアを使いたいし.笑

「どこにいるのか知りたい.じゃないと会えないよ」
「笑.ちょっと待って.友達が起きたら聞くから」
「お願い」

早めの返事を期待して待っていたけどなかなかメッセージが入りません.さらに「今ホテル?」と送っておいたら夜10時ぐらいになってようやく返事がありました.

「ホテルじゃないの.私,仕事に来てるの

なるほどそういうことか.よく考えたらこの子がのん気に観光に来るとは思えません.小さい子供のために体張ってるのでした.韓国に行ったときと同じ,出稼ぎということですね.

「何の仕事?」
「カラオケ」
「何日間,日本にいるの?」
「15日.最終日はホリデイ.笑」
「15日だけ?」
「私のパスポートは15日間だけ」

ビザ無しでやって来て働いてるのですね.相変わらず危ない橋を渡る子です.そろそろ小学校にあがる子供のためにまとまったお金が必要なのかもしれません.

「会えそう?」
「会いたいな…」

「会える」では無くて「会いたい」にトーンダウンしてしまいました.そりゃはるばる日本まで遊びに来てるわけじゃ無いのだから限られた日数を無駄にしたく無い気持ちはよくわかります.

「もしたくさん稼げたら早めに仕事切り上げちゃう.笑」
「じゃあカラオケに遊びに行くよ.笑」
「笑.来て来て! でも私日本語話せないから.ただニコニコしてるだけ.笑」
「マイペンライ.笑」
「でも一緒に飲むことはできるよ.笑」

ノービザの女の子を働かせるぐらいだから,普通のカラオケ店のはずがありません.当然,「別のサービス」も要求されているはずです.それでもそれにつきまとうはずの後ろめたさや暗さを全く見せないのが彼女の魅力だと感じます.
(つづく)
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記