2016年07月20日

2016年8月のタイ旅行の準備(航空券)

2016年7月上旬,毎度のことで出遅れてしまいましたが,お盆の旅行を計画することにしました.skyscannerを使って航空券のあたりを付けると,NH 9万円前後,JL 7万円前後,TG 7万円弱,LCC 6万円弱 という状況でした.

今回はANAのPPを稼ぎたかったので,TGにターゲットを絞って調査することにしました.TGはバンコクでのストップオーバーが安いので,前半をパタヤで過ごし,混雑しそうな後半はチェンマイに移動してのんびりするという計画を立てました.新千歳〜バンコク直行便の価格と,新千歳〜バンコク(ストップオーバー)〜チェンマイの価格は1,000円程度しか変わりません.

さっそくタイ国際航空の公式サイトで検索すると,12日〜16日ぐらいのチケットが高めに設定されている他は,まだ安価なVクラスのチケットが残っています.日程を10日から一週間程度とすると,6万8千円ほどのチケットが見つかります.

ただ,このチケットはVクラスなので,ANAにマイルを加算することができません.そこで,TGのチケットセンターに電話して,一つ上のQクラスの料金を調べてもらいました.結果は76,000円強.6月のJALが7万円弱だったことを考えると少し高く感じますが,お盆期間前後なのでこんなものでしょう.それに今回はチェンマイまで行きますしね.

Vクラスとの差額は9,000円ぐらい.新千歳〜スワンナプーム間は往復で6,296マイル.Qクラスは70%の加算が可能なので,約4,400マイルと約4,400PPが加算されることになります.ANAマイルは最低でも1.5円/マイルになるので,その価値を6,600円と見積もると,2,500円ぐらいで4,400PPを買うことになります.

それほど悪くない条件なのでQクラスでの購入を決定.コールセンターのお姉さんに口頭でクレジットカード番号を伝えて発券処理が完了しました.なお,コールセンターでの発見には,通常発券手数料がかかりますが,ネットで購入できないクラスの場合には手数料が免除されます.
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行の準備

2016年07月18日

ソイ6で「無駄撃ち」惨敗(2日目 その2)

1時間弱でNちゃんの店を出て,とくにあても無いままビーチロード方面に歩いていると,あるバーの前で中肉中背で,比較的可愛らしい顔をした女の子に声をかけられました.年齢は20代半ばでしょうか.カワイイ系中の上にランキングされそうな「普通っぽい」ところがわりと好みです.実は,この,私の「わりと好み」は曲者で,これまで何度も残念な結果に終わってしまっている訳ですが…

とはいえ,昨日の状況からメジャーなバービア群やA go goは今夜も混雑が予想されます.よって女の子たちも強気の交渉をしてきそうです.できればここ(ソイ6)で「済ませておきたい」ところです.せっかく満面の笑顔で歓迎してくれているので,誘われるままにお店に入りました.

アルコールをセーブするつもりが,カワイイ顔をした女の子を目の前にするとついついビールをオーダーしてしまいました.別にビールをオーダーするのがカッコ良い訳じゃ無いことは分かっているのですが,なんとなくね…(^^; 彼女にもドリンクをすすめると,オレンジジュースらしきものが入った背の低いグラスを持ってきました.

この子,会話もそこそこにカラダを密着させて上の部屋へと誘ってきます.まだ,お互いの紹介も終わってないんですけど(^^; まあ,「ヤル」ことが目的ならば,名前や出身地なんてどうでも良いってことですよね.笑 ならば重要な情報を交換しようと,条件を確認するとと,1,300とのこと.「バーに300,君に1,000?」と確認すると「そう」といって頷きました.女の子への1,000は標準的価格(自己比),そしてバーの300は,比較的良心的に感じます.それに,もともと「ヤル気十分」だったこともあり,話しは簡単にまとまりました.

時刻はまだ6時前.すぐに精算を済ませて2人して上の部屋に移動.その後は,流れ作業のようにコトが進んで行きました.恋人的演出は皆無です.すぐにバスタオルを用意して,シャワーに行くよう促されました.淡泊な態度に,さっさと済ませてしまいたいという気持ちが見え隠れしています.外れの予感が脳裏に浮かび,この時点で気分は下がり気味.それでも「ベッドで豹変するかも?」などという都合の良い妄想でなんとか気持ちを盛り上げながらシャワーを浴びました.

薄っぺらいシーツを敷いただけの汚いベッドで待っていると,彼女もシャワーを済ませて部屋に戻ってきました.さっそく身体を寄せてきますが,残念ながら身体には全く締まりがありません.しかも出産経験が一目で分かるシワシワのお腹.胸もしぼみ気味で,乳首だけが空しくそそり立ってします.顔がそこそこカワイイだけに残念… 服を着ていた方が色っぽいという典型的な女の子でした.

仕方が無いので興奮要素のほとんど無い胸をペロペロしていたら,上から頭をグッと押さえつけられて,顔を下部に移動させられちゃいました.「こっちも舐めなさい!」ってことですね.ううっ…

Fされるのは大好きなので自分勝手な話しではありますが,もともとアソコを舐めるのは好きじゃありません.ましてやソイ6では,衛生問題が気になって,その気にはなれません.ところが,この子,割と強引にその体勢に持ち込んじゃいました.軽く舐めてお茶を濁そうと思ったのですが,頭をしっかり押さえていてなかなか許してくれません.

仕方なくペロペロと奉仕しているうちに「オレ何やってるんだろう?」という情けないような気持ちが脳裏に浮かび,それにともない息子も戦闘力を失っていってしまいました.もしこの子の身体が綺麗だったら,女王様プレイに少しは興奮したのかな(^^;

なんとか体勢を入れ替えたけど,すでに愚息は無条件降伏の状況.このまま終わっても良かったのだけど,こんなところで貧乏性が発動.気合いで再起動させて,高速ピストンでなんとか発射に成功.…いや,失敗かな(^^; 完全に「無駄撃ち」ですね.発射するんじゃなかった.

fwf2015_3.jpg


事後処理もテキパキと進み,アッという間にソイ6に送り出されちゃいました.時刻はまだ7時前.仕方ないから少し早めに花火のメイン会場があるパタヤセントラルロード付近に移動して,ソイ7,ソイ8辺りで時間を潰すとするかな…
(つづく)
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月16日

ソイ6のノンちゃんのこと(2日目 その1)

昼間,ビーチロードまで散歩にでかけると,ちょうどセントラルロードの突き当たり辺りでイベントの準備をしていました.置いてあった案内板によると,昨日から「International Fire Festival」というイベントをやっているようです.混雑の原因はこれだったのですね.今日の花火はフィリピン,韓国,日本,中国の提供によるものとのこと.日本,中国の花火は,力作が期待できそうです.

fwf2015_1.jpg


すでにビーチロードではイベントの準備が始まっていました.車は通行止めになって,ウォーキングストリートになるようです.多くの屋台が営業の準備を始めていました.花火は大好きなので,時間になったら見物に出かけることにしました.

fwf2015_2.jpg


16時ぐらい.いつものマッサージ店でタイマッサージを2時間受けたあと,散歩がてらソイ6をチェック.いつものようにセカンドロード側から入ってしばらく歩くと,最初の6 1/2に続く路地の辺りにある店の前で,ノンちゃんがカウンター席に座って化粧をしているのが見えました.ノンちゃんとは,彼女が前の店に在籍していたときからの友達ですが,連れ出しはおろか,「上の部屋」に移動しての「対戦」も今のところありません.こうやって早い時間に訪れては一緒に飲む,飲み友達みたいな存在です(参照:ソイ6のノンちゃんに帰国の挨拶).

時々,アピールシグナルを出していることもあるのですが,残念ながら色気レベルが低いので,こっちがその気になることはありません.でも,割と気が合うようで,明るいうちからダラダラと飲むには良い相手です.この日も,「ひょっとしたらノンちゃん,居るかも」などと思っていたので,ある意味,思惑通りになりました.

ノンちゃんは化粧の手を止めて,笑顔で迎え入れてくれました.いつもはビールを頼むのだけど,なんとなくアルコールをセーブしようと考えてコーラを注文.彼女の分もオーダーして乾杯しました.タイの夜の女の子は,久しぶりに会ったら,まずは「いつ来たの?」とか「何日いるの?」といった確認をする子が多いように思いますが,彼女の場合はそういった質問はいつも無し.この子の場合は,「ゴハン食べた?」とか「疲れてる?」と,まるで毎日会っている友達への挨拶のような会話です.

ベタベタするわけではないけど,よそよそしさは感じない,相変わらずの適度な距離感が心地よく感じられます.この子にもう少しだけ色気があったらなぁ,と残念に思わざるをえません.まあ,そういう邪念が無いからリラックスできるのかもしれませんが… なんて考えていたのですが,今回の旅で,彼女とのこんな関係が,ちょっぴり変わってしまうことになりました.もちろん,この時点では,まだお互い知るよしも無いのですが.(200バーツ)
(つづく)
にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記