2016年07月30日

キンナリーパレスに初潜入(2)(3日目 その2)

30分位ねばったけど,その間,全くの放置状態が続ました.遠路はるばる(?)やって来たので,このまま退却するわけにはゆきません.「今はたまたまタイミングが悪いだけ.少し経てば状況が変わるはず」と都合良く解釈して,いったん食事のために外出することにしました.カウンター席での孤独に耐えられなくなったというのが本心だったかもしれません.

店の前の路地から通りまで出て,コンビニの前の屋台でヌードルを食べて約20分後に再入店.しかしこれがさらに失敗でした.あとから分かったことですが,ここは午後7時には閉まっちゃうので,早めの勝負が必要とのこと.なので,時間が遅くなればなるほど状況は悪化するのでした.席を立った時点で敗戦を認めて潔く撤退すべきでした.

201511_3_1.jpg


午後6時を過ぎた頃から,お店はすでに閉店準備を感じさせる雰囲気になってきました.客も女の子の数もすっかり少なくなり,カウンター内に4名いるバーテンもすっかり出来上がってふざけあっていますいます.手持ちぶさたに座っていたら,バーテンダー(♂)のうちの一人が絡んできました.

「オマエどこからきたの?」
「日本だよ」
「日本に行ったことがあるよ.写真みる?」

ヒマなので見せて貰うと,東京都内と思われる写真が数枚.風景写真ばっかりで面白くもありませんが,本人は自慢げです.

「お前,タイの女が好きなの?」
「好き」
「なんで?」
「綺麗だから.優しいし」
「俺は日本の女が好き」
「なんで?」
「白いから.タイの女は嫌い」
「なんで?」
「アソコが臭いから(笑)」
「(笑)なんか飲む?」
「ありがとう!!」

長時間いるので,なんとなく悪い気がして,ついついすすめちゃいました.バーテンダーは大喜び.さっそくビールのボトルを持ってきて栓を抜きました.すると近くにいたバーテンダーその2(♂)も話しかけてきました.

「おれ,ビール瓶,5秒で空けられるぞ.見てみたいだろう?ww」

意訳すれば「俺にもビール」ってことですね.別に見たくも無いけど,話の流れとノリでついつい,「よし,見せてみろ」と言っちゃいました.バーテンダーその2も大喜びでビールを取り出し,ちょっともったいぶってから,本当に5秒ぐらいで飲み干しちゃいました.本来のミッションを達成できず,こんな一発芸を観せられても虚しくなるだけなのに,こんなところで「バーテンダーとコミュニケーションをとりつつ一人呑みを楽しむ旅行者」を演じちゃう自分が少々情けなくなります.

この流れを見ていた他のバーテンダーたち(♂)も,「カモ発見!」とばかりに「俺も,俺も」と集まってきちゃいました.ここでも,女の子には相手にされず,男に囲まれる展開に.(^^; (今回はLBではありませんが…苦笑) 逃げるように会計を済ませて,ガッカリ気分で店を出ました.キンナリーパレスへの初潜入は見事なまでの完敗に終わりました.アホですね.(500バーツほど)
(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月29日

キンナリーパレスに初潜入(1)(3日目 その1)

いつものお店でタイマッサージを2時間受けて,現在の時刻は午後3時少し前.今日は,Fuuさん(このブログにコメントを下さる友人)に薦めて頂いたキンナリーパレスに潜入する予定です.初めての潜入で気合は入っているのですが,時間が少し早いような気がします.そこで昨日に引き続いてソイ6のバーでノンちゃんと飲んで(参照:ソイ6のノンちゃんのこと)時間を潰すことにしました.これはキンナリーパレスのことをあまり知らないがゆえの判断ミスだったわけですが…

マッサージ店から歩いて10分ほどでソイ6に到着しました.ノンちゃんはカウンターに座って化粧中だったけど,私と目があうと中断して奥のカウンター席に案内してくれました.カウンターの中にいた女の子が「コーラでしょ?」というのでうなずきます.連日なので覚えてくれたみたいです.

ノンちゃん,化粧がまだ未完成なので,いつもに増して色気はありません.でもニコニコ笑顔で付き合ってくれるので居心地は良好です. でも,この子に色気は求めてないので無問題.たくさんドリンクを出すわけではないのに,嫌な顔もせずに付き合ってくれるので,いつもついつい長居をしちゃいます.この日も,何をするでもなくゆっくりと時間が経過しました.この感覚,女の子と飲む以外に特段やる事が無い,パタヤならではの贅沢な時間の使い方に嬉しくなります.

そして午後4時ごろ,キンナリーパレスに向けて出動することにしました.

「そろそろ行くね」
「今日もありがとう.また来てね」

そう言うと,腕をとって軽く頬にキスしてくれました.ドリンク一杯でこんなに懐いてくれるなんて,なんて良い子なんだろう.たまには会いに来なきゃ,なんて呑気に考えてました.(この数時間後,再び会いに来ることになるわけなのですが…)(200バーツ)

セカンドロードでバイタクをつかまえてキンナリーパレスに移動.「発音が難しい」という事前情報がありましたが,「キンナリー」とだけ言えばすぐに運転手に伝わりました.料金は100バーツ.一応,乗る前に交渉しましたが,値下げはあまり期待できなさそうな雰囲気でした.バイクはソイブーカオを南下して,途中裏道を抜けて,丘を登って15分ほどで現地に到着しました.レンタルバイクがあれば自分でも来ることができそうです.

若干緊張しつつ玄関をくぐり,ロビーみたいな空間を抜けると,バーカウンターのあるゲストルームにたどり着きました.薄暗い部屋にはソファーが何セットか配置されていて,ファラン客が女の子たちと飲んで盛り上がっています.他にも部屋があるようですが,とりあえず目の前のカウンター席に着席.周りの様子をうかがいます.

女の子たちはすでにそれぞれお相手を見つけているようで,こちらには目もくれません.ヒマそうにしている子もごく僅かに居ますが,やる気が無いのか,それとも私に興味が無いのか,完全に無視状態.事前に聞いていた話と,ちょっと様子が違います.ここは我慢が大切なのかも,と間違った理解をしてビールをちびちび飲みながら粘りますが,状況は変わらず,時間だけが過ぎてゆきました.
(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月27日

ソイLKメトロのNINJAに初入店(2日目 その6)

時間が遅くなったし,花火の見学で疲れたので,もう帰っても良かったのだけど,少し物足りなさを感じます.そこでホテルの近くのソイLKメトロで軽く飲んでから部屋に帰ることにしました.できれば寝る前に少しだけ,優しい(性格の良い)女の子との会話を楽しみたいと思っています.

まずQUEEN clubを覗いてみると,今まで見たことが無いぐらいの大繁盛.座る場所を探すのにも苦労します.こんな状況では,女の子とゆっくり話しをするのは無理そうです.空いているスペースに案内されたのでとりあえず座ってはみたけど,仮に女の子を呼んだとしても座らせるスペースすらありません.全く落ち着けないのでコーラを一杯飲んだだけで退散しました.(100バーツ)

お隣のAmethystに移動してみましたが,ここもQUEEN clubと同じような状況.ソーダを飲んでそうそうに撤退しました.(100バーツ)

なかなか腰を落ち着けることができず,A go goジプシーと化して次に移動.並びにオープンしたNINJAに入ってみました.内装デザインが新しいからか,垢抜けていて雰囲気は良好.女の子たちのダンスも程よくエロティックでイイ感じです.

201511_2_6_1.jpg


ドリンクを注文して店内を観察していたら,すぐに小柄だけどスタイルの良い,カワイイ顔をした女の子がニコニコ笑顔でやってきました.少し話した感じでは,明るくて性格も良さそうです.気分が盛り上がってきたので,各種料金を確認してみました.すると,彼女は「コヨーテ」なので,バーファインは1,500バーツ.そしてチップはS4,000, L6,000欲しいとのこと.ショートで総額5,500バーツ.マジですか⁈ た,高い… すすきののソープの方が安いじゃないですか.苦笑

確かにこの子だったら,この料金設定でも連れ出したい人も居るのかもしれません.でも私は無理です.BF1,500って,たしか昨年のウォーキングストリートの年末年始価格ですよね.この値段でバーファイしていたら,ソイLKメトロの他店が追従しないとも限りません.いくら女の子が良くても,ここは断るべきだと判断しました.

女の子たちも「高い」ということは自覚しているようで,バーファインを期待している様子はあまり感じられませんでした.店は楽しい雰囲気だったし,付いてくれた子も良い子だったので,楽しく飲みたいときは選択肢に入りそうです.女の子を連れ出したいときは…別の店に行くかな(^^;
(500バーツ位)

NINJAを出て,流れでほぼ対面にあるThe officeに入りました.ひょっとすると,昨日のエロいお姉さんに再会できるのではないかという下心があったのですが,残念ながら見当たりません.その代わり,入り口付近でBちゃんが見つけて席に案内してくれました.

ドリンクのおこぼれを狙って付いてきたBちゃんの友達を無視しながら,Bちゃんと軽く戯れて2本目のビールが空になったタイミングで終了.徒歩3分でホテルの部屋に帰りました.(670バーツ)

***後日談***
2016年6月に知り合った女の子(呼び込み嬢)がNINJAに移籍したというので,「バーファイン高いでしょ?」と訊ねると,「コヨーテ1,500,モデル2,000」と教えてくれました.まだこの値段でがんばっているみたいです.ちなみに「私はスタッフなので,たったの1,000」だそうです.
*********

(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記