2016年02月10日

そして再びマリーちゃん(LB)の部屋へ(4日目 その2)

ソイ6のバーを出て,セカンドロードでバイタクに乗ってソイ・ブーカオに戻りました.直ぐに部屋に戻るのかと思ったら,前日に待ち合わせをしたセブンイレブンの付近で下車し,昨夜も立ち寄った近くのマーケットに入って行きました.この時間,営業しているお店は僅かですが,開いている店を見つけては商品を手にとってあれこれ吟味しています.嬉しそうに屋台に並んだ安物の商品を手に取るマリーちゃんを見ていると,なんだかショッピングデートのような気分になってきます.結局,屋台ではなく,周囲にある店舗型のお店で眉毛を書くペンを1本購入しました.お支払いはもちろん私です.とはいってもたったの25バーツなので安いものです.

買い物の後は,お互いとくに了解も無いまま,なんとなくマリーちゃんの部屋に移動しました.ルームメートは既に目を覚ましていて,二人を出迎えてくれました.部屋に入ると座る間もなく「ビール欲しい?」と訊ねます.軽く頷いて,再び一緒に表に出て,昨日と同じように階下のお店でビールを買いました.

p201509_4_2_2.jpg


財布から200バーツを取り出して渡すと,それをザルに入れて下に下ろします.お店のおばさんが,ザルに大瓶ビール2本とお釣りを入れてくれたのでそれを引き上げます.マリーちゃんはビールとお釣りを取り出して,お釣りの20バーツ札2枚を私に返すと「このお店は安いの.バーとは違う」と言って笑いました.

しばらくすると,若くてちょっとやんちゃそうな若者が部屋を訪れてきました.「まさか,どちらかの彼氏?」と一瞬緊張が走りましたが,シーシャのデリバリーでした.どうやら,私たちが部屋に来る前にルームメイトがオーダーしていたようです.新しいシーシャをセットして,炭を代えて火をつけると,代金を受け取って帰ってゆきました.シーシャの相場は知りませんが,ルームメイトは100バーツ札を2枚渡していたように見えました.

p201509_4_2.jpg


部屋中を漂うシーシャの煙の中,ひどく音の悪い古いスマホでA go goでかかっていそうな曲を聞きながらビールを飲み,話しをしました.なんとも廃退的な雰囲気です.マリーちゃんは家族のことや故郷のことを話しました.彼女の故郷はチェンマイだと思っていたのですが,それはお母さんの里で,お父さんはラオス.実は彼女もラオス人だそうです.彼女のお姉さんはバンコクで働いています.マリーちゃんはお姉さんが大好きみたいです.話している間にも,何度もLINEのやりとりをしたりボイスコールをかけたりしていました.

一瞬,「このまま時間が過ぎれば昨夜の二の舞になりそう」なんて考えも頭に浮かびましたが,廃退的な空気にあまり先のことを考える気にはならず,ただこの状況に身を任せているうちにダラダラと時間が過ぎてゆきました.
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月09日

マリーちゃん(LB)と連日のデート(4日目 その1)

朝10時頃目が覚めるとマリーちゃん(仮名)からLINEに泣き顔のスタンプが複数入っていました.そういえば彼女のこと,すっかり忘れちゃってました.昨日,途中で帰っちゃったからなぁ(参照:ソイ6のLBバーからの脱出).さすがに悪いことをしたと思うので,「ゴメンね」と返信すると,すぐに「何しているの?」というメッセージが入りました.

しばらくメッセージのやりとりしてるうちに,どういう流れか(むしろ「当然の流れ」と言うべきか)一緒にランチを食べることになりました.待ち合わせは,正午に彼女の部屋と決まりました.お昼前にホテルの部屋を出て,ソイブーカオにある彼女のアパートまで徒歩で移動.扉をノックすると,ちょっと間があって戸が小さく開きました.ベッドで2人の女の子がだらしなく雑魚寝している様子が視界に入ります.

「私の部屋,覚えてたのね」

嬉しそうにそう言うと,体を捻るようにして部屋から出てきて,後手に扉を閉じました.どうやらお出かけの準備は完了していたようです.アパートの敷地を出てから「どこに行きたい?」と訊ねると「センタン」との答え.先に歩く彼女について,路地を抜けてセカンドロードに出ました.

セントラルの前まで来ると,マリーちゃんは迷うことなくエスカレーターに乗って,地下のフードコートに向かいました.てっきり上階のレストランに連れて行かれるものと覚悟していたのだけど,どうやら贅沢をする気は無いようです.バンコクのなっちゃんもそうですが,レディボーイの子って外食で贅沢はしない子が多いように思います(参照:なっちゃん(LB)と待ち合わせ).高級なところに食べに行っても,どうせ太るのを気にしてあんまり食べないからでしょうか.

p201509_4_1_1.jpg


クーポンカウンターに行くと,「200バーツ」と言うので100バーツ札を2枚渡すと,それをプリペイドカードに換えました.少しフードコート内をウロウロしてから,2人ともボイルのカウパット・ガイを選択.したはずなのですが,ナゼか私の分はフライされたチキンがのっていました.一旦テーブルに着くと,「水で良い?」といって直ぐに席を立ち,ペットボトルを2本買ってきてくれました.気が利く子だなぁ.

p201509_4_1_2.jpg


食後,マリーちゃんが「ソイ6に行きたい」と言い出しました.昨日のことでツケがあるし,昼間はどうせヒマなので付き合ってあげても良いかなと考え,二人でソンテウに乗って移動しました.目的地は昨日と同じバー.でもさすがにこの時間はまだ準備中という感じでお店に活気はありません.マリーちゃんもあまり楽しくなかったのか,ビールを1本飲み終えると「帰る」と言うので会計を済ませました.ひょっとすると,「昨夜,途中で居なくなった男は,私から逃げた訳ではない(もしくはちゃんと帰ってきた)」ということを友達に見せたかっただけなのかもしれません.(150バーツ)
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月08日

2月のホテルを予約

タグ:タイ パタヤ
今年2月後半の航空券を購入したので,今度はホテルを探すことにしました(参照:2月の航空券を購入).いつものように,まずはAgodaであたりを付けることにします.幸いにもこの時期はそれほど高くないようです.

昨年9月の日記を書いていると,もう一度,オーガストスイーツのスイートルームに泊まりたくなってきました.さっそく値段を調べて見ると,残り2部屋で1泊7,000円弱(朝食付き)という条件で出ていました.7,000円/泊は,パタヤの宿にしては高めですが,オーガストスイーツのスイートルームの質を考えるとお買い得に感じます(参照:パタヤのホテル(10):オーガストスイーツ).

今回の航空券は,午後11時にスワンナプーム空港に到着します.その日のうちにパタヤに移動するか,バンコクで1泊して翌日移動するか悩ましいところです.予定通り午後11時前に着陸するとして,入国を済ませてセキュリティゾーンから出ることができるのは早くて11時半頃.それからホテルに移動してチェックインを済ませると12時を過ぎることが予想されます.それからスクンビットに移動しても,あまり楽しめそうにありません.一方,11時半にタクシーに乗ることができれば,順調に走れば午前1時頃にはパタヤに到着し,1時半頃には出かけることができそうです.パタヤであれば,この時間からでもまだまだ遊べるところがたくさんあります.

念のためにバンコクの定宿,FX ホテル メトロリンク マッカサンの値段を調べて見ると,約4,000円/泊で出ていました.このホテルは空港からのアクセスが良く,また夜遊びスポットへのアクセスにも便利なので短期滞在のときは良く使っています(参照:バンコクのホテル(2): ユニコ プレミア メトロリンク).

バンコク到着後,FX ホテル メトロリンク マッカサンに宿泊して,翌日のお昼間にバスで移動した場合のコストは約5,000円.一方,到着後,すぐにタクシーでパタヤに移動してオーガストスイーツに宿泊した場合のコストは約11,000円で,その差は6,000円になります.

一旦,両方のパターンでホテルを予約して悩むことにしました(もちろんキャンセル可能なプランで).数日後,考えるのが面倒になってきたことと,バンコクのなっちゃん(LB)との連絡を絶ったことから(そのうち書きます)バンコクのホテルをキャンセル.タクシーでパタヤに直行することにしました.

というわけで,今月はオーガストスイーツに6泊します.
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル