2016年02月21日

ソイ・ブーカオでバーホッピング(2)(5日目その3)

少しセンチメンタルな気分でクイーンズを出て,ちょっと迷ったけど,バチュラーに入ってみました.入り口に日の丸が飾ってあるので日本人向けのイベントをしているのかもしれません.ところが店内に女の子はほとんど残って居らず,残っている子たちもダレダレの様子.客も少しだけしか入っていません.すぐに出ようかと思ったけど,トイレに行きたかったので,ソーダを注文してトイレ休憩.しばらくまったくやる気の無さそうな女の子をボーッと眺めながら飲んでから会計を済ませました.(80バーツ)

p201509_5_3.jpg


バチュラーが期待外れで物足りなさを感じたので,向かいのアメジストに入ってみました.ここもあまり女の子は残っていません.ちょうどショーの途中だったので,ビールを注文して,見物することにしました.

しばらくすると呼び込みかウエイトレスかダンサーか分からない女の子2人組がやって来ました.二人とも,顔はカワイイ系だけど,お腹が残念な感じになってます.二人を同時に相手にすると燃費が悪いので,ろくにチェックもせずに適当に片方の女の子を選,「この子が好き」とおどけるように言ってもう一人には撤退願いました.からかいながら飲むだけなので,どっちでも良かったんだけどね.

選ばれなかった方の女の子は,ちょっと怒ったような顔で,少し離れて座り,こっちを恨めしそうに睨みます.これだけ暇そうだったら,客を逃したくない気持ちも分かります.お話した子は,思ったよりお姉さんで29歳.気さくな性格が好印象です.この子も,会ったのが最終日じゃ無かったら友達になれたかもしれません.でもペイバーを即決する程ではなかったし,そろそろ疲れてきたので一杯飲んだだけで退散することいしました.(260バーツ)

この日はパタヤ滞在最終日だったので誰かを部屋に連れて帰りたい気持ちもありましたが,体力が限界だったのでおとなしくホテルに帰って寝ることにしました.ホテルに帰る途中,ソイメトロ,ダイアナ側の入り口にタチンボと思われる女性と遭遇.かるく声をかけられました.この辺りにも出没するのですね.知りませんでした.でもビジュアル的には明らかに日本人向けでは無いと思います.

夜,部屋に帰ってスマホを確認すると,元ツインテールちゃんからメッセージが入っていました.開いてみると「I miss u」.営業ってことは分かっているんだけど,思わず鼻の下が伸びてしまいます.おじさんの気持ちがよく分かっているアフターサービスだと思います.またまた彼女の好感度がアップです.
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月20日

ソイ・ブーカオでバーホッピング(1)(5日目その2)

夕方になり,ソイ8を歩いていたら,SilverStarの看板が目に入りました.この店のネオンサインを見ると,昨年よく一緒に遊んだFちゃんのことを思い出します(参照:馴染みのFちゃんをペイバーひょっとして誘惑してる?Fちゃんとデート(1)など).昨年,ちょっとしたすれ違いがあり,それ以降連絡が取れなくなってしまったのだけど,今でもときどき会いたくなります.

まだこの店に居るのかどうか確認したいけど,態度の悪いデブのウェイトレスと,元ウェイトレスの腹の出た厚かましいピーサンウとは関わり合いたくありません.それに,もし会いに行って冷たくされたら悲しいので,この店からは足が遠のいていました.ところがこの日はどういう訳か立ち寄ってみる気になりました.ひょっとすると,心の中で引っかかっていたFちゃんのことが吹っ切れたのかもしれません.

厄介なヤツらに見つからないように,うつむき加減にこっそり店に入ってシャワーブースの陰に隠れて座ってソーダを注文しました(参照:コイツらの顔は見たくないのです…).しかし,考えが甘かったようで,速攻でデブのウェイトレスに発見されてしまいました.

「○○○(私の名前)〜!!」

と店の反対側から大きな声で叫んだので,腹の出たピーサンウにも発見されてしまいました.派手に立ち上がってこちらに手を振っています.歓迎してくれるのは有難いのだけど,正直なところ彼女達からは嫌悪感しか湧いてきません.いそいで店内を見渡しましたがFちゃんらしい姿は見つけることができませんでした.

この状況では絶対に楽しい時間は過ごせないと判断.まだ注文したソーダは出てなかったけど,厄介やヤツらが近づいて来る前に100バーツをテーブルの上に置いて席を立ち足早に立ち去りました.これでまた,この店に入りづらくなっちゃいました.まあ来られなくても特段困りませんが.

p201509_5_2.jpg


気を取り直してソイ・ブーカオに移動して飲み直すことにしました.途中,バービアを数軒冷やかしながら徒歩で移動.ソイに入ってブラブラと歩いていたらクイーンズの前でカワイイ顔をした,呼び込みの子に声をかけられました.素直に従って店内に入ると呼び込みの子も後からついてきて、隣りに着席しました.

この子の名前はJちゃん,小柄で可愛らしいタイプ.ちょっと甘えたような表情で,さりげなくボディタッチしてきます.なかなかの接客上手です.ゆったりとした落ち着く話し方も好みで,かなり相性の良い女の子でした.ちょっとのつもりで入ったのに,楽しくて思わず長居をしてしまいました.

この子とはもう少し早く知り合って仲良くなりたかったな.明日はバンコクに移動なのが残念です.「たぶん再会することは無いんだろうな」なんて考えていたら,なんとなくセンチメンタルな気分になってきちゃいました.パタヤ最終日は,多かれ少なかれ,いつもこういう気持ちになっちゃいます.(700バーツほど)
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月18日

元ツインテールちゃん,ついに踊る?

タグ:タイ パタヤ
元バチュラーで,ゼロに移籍していたウェイトレスの元ツインテールのPちゃん.ダンスしている女の子より良い感じなのに「恥ずかしいから」といってデック・サーブをしていました(参照:元ツインテールちゃんをペイバー).そんなPちゃんから,「海にいるよ!」というメッセージがきました.カワイイビキニ姿の写真付きです.化粧控え目ですごく良い感じです.うん,やっぱりこの子,好みです.

p_chan_001.jpg


で,その翌週には別のメッセージが届きました.

「お店移ったよ」

メイクを決めて,ダンサーのような衣装を着けたPちゃんの自分撮り写真が添付されています.もしや!と思って返信すると直ぐにリプライがありました.

「ついに踊るの?!」
「そう」
「どこのお店?」
「ウォーキングストリート」

p_chan_003.jpg


そういうと,A go goと思われるお店の看板の画像を送ってきました.入ったことないお店だなぁ… と思ってウェブで検索してみたら,ウォーキングストリートの入り口付近に昨年末に新しくオープンしたお店のようです.昔,シルバースター3が在った場所ですね.Pちゃんが「すぐに分かるよ!」と言っていたはずです.

彼女が恥ずかしそうに踊っている姿,是非とも見てみたい(笑) 来週の渡航で「行かなければならないお店リスト」に入れておこう.ウォーキングストリートに移っても据え置き価格だったら嬉しいんだけどなー

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記