2016年02月16日

「なたは良い人だからあなたの好きな値段で良いよ」(4日目 その6)

さっそくドリンクをすすめて,大人っぽいビジュアルとギャップのあるアニメ声のその女の子と話してみることにしました.彼女の名前はPちゃん.コンケン出身の22歳で,もうすぐ23歳の誕生日だそうです.黒い前髪を揃えたヘアスタイルを「日本人みたいでしょ」といって笑います.若くて可愛いのに会話もちゃんとできるので,一緒に飲んですごく楽しいです.こういう頭が良さそう子は「商売上手」な印象を与えがちなのですが,彼女の場合はそういう嫌みなところはまったく感じられません.この子,きっと人気あるんだろうな.

明るい性格のためか,お店にも友達がたくさん居るようです.だんだんと周りに女の子たちが集まってきてしまいました.ドリンクを断るのが苦手な私にとっては危険な状況です.いつもならチェックビンを宣言して逃げるところですが,この子をリリースするのはモッタイナイと感じて,思い切ってペイバーの交渉をしてみることにしました.いわゆる「日本人にモテそうな子」は,これまでほとんど選んだことがありません.きっと,日本ではまったくモテないので,本能的に避けているのだと思います.なので,彼女とペイバー交渉することは,私にとって小さな勇気が必要でした.

「ペイバーいい?」
「うん」

そう言って,少しだけ笑って小さく頷きました.そして覗き込むようにこちらを見つめて次の言葉を待っています.なんだか,男心をくすぐる術を知っているかのような仕草です.

「いくら欲しい?」
「お店に1,000」
「で,君には?」
「2,500」

安くはなく,かといって彼女の「質」を考えれば高すぎるという訳でもない絶妙な価格設定に言葉が詰まり,一瞬だけ会話が途切れました.すると笑顔でこう付け加えました.

「でもあなたは良い人だからあなたの好きな値段(プライス)で良いよ」

なんとも上手い返しです.こう言われたら,たいていの日本のおじさんは2,500バーツ出すでしょう.それにしても,はなからロングのオプションは無いようです.この子ならショートの回転で稼げるだろうから,必然的にそうなるのだと思います.そんな話をしていたら,ママさんがタイミング良くやってきました.「この客にこの子をあてがえばパイバーの可能性が高い」と読んでの様子を伺っていたのでしょう.(バーにとって)仕事のできるママさんですね.

「ペイバーでしょ?3,500ね」
「全部込みでしょ?」
「そう」
「わかった.チップは彼女に払うね」
「OK]

ということで,ペイバー代の1,000バーツだけを払いました.何も言わなくてもママさんが3,500バーツを要求したってことは,ショート2,500は定額なのかな.

p201509_4_6.jpg


支払いを済ませ,彼女の着替えを待ってお店を出ました.自分からは手を繋いでこないけど,こちらから手を伸ばせば掴んできます.会話も多く,普通に楽しそうに振る舞ってくれます.悪くない距離感です.

セカンドロードまで歩いてソンテウに乗車しました.運転手がギュウギュウ詰めに客を乗せたので必然的にピッタリと密着して座ることになりました.すぐ近くで見る横顔もカワイイな.なんだか嬉しくなってきました.
(つづく)

posted by Pen at 01:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月15日

Bell Travelのサイトがリニューアル

タグ:タイ パタヤ
既に気付いている方も多いと思いますが,パタヤに行く方が多く利用しているBell Travelの予約サイトがリニューアルされていました.さっそく今月渡航分の予約をしてみました.

旧サイトよりも洗練されたデザインになって,ホテルの検索が容易になりました.また,emailアドレスでカスタマー情報を覚えてくれるようになり,2度目からは電話番号や住所を入力しなくても良いようになりました.ただ,title(Mr./Mrs.など)や名前は相変わらず入力する必要があって,少し中途半端な印象も拭えません.

他の変更点として,今回のサイトでは,フライト番号の入力や座席番号の選択がなくなりました.噂によると自由席になってしまったようです.いろいろな人が乗るので指定席の方がトラブルが少なくて良いと思っていたので,少し残念です.

bell_travel_new_v.jpg
新しいバウチャー.座席指定がありません.


今回決済に,サービス開始したばかりの住信SBIネット銀行のデビットカードを使ってみました.ちなみに,このカードでBell Travelの予約・購入をするためには,事前に3-Dセキュアのパスワードを設定しておく必要があります.住信SBIネット銀行のサイトにログインして「デビットカード」のメニューを選ぶと簡単に設定することができます.

Bell Travelのシステムで決済に進むと,日本円(815円:2016年2月14日現在)とタイバーツ(240THB)を選択することができます.ここでは当然,タイバーツを選択します.3-Dセキュアの認証画面が現れるのでパスワードを入力.すぐに「【Visaデビット】ご利用のお知らせ」というメールが届きました.住信SBIネット銀行のサイトにログインして確認すると,引き落とされたのは為替手数料込みで793円でした.

現在,Visaデビットサービス開始記念キャンペーンをやっていて,初利用で500円,外貨での利用で100円分のポイントが貰える予定です.なので今回は,実質193円で買えた計算になります.これだけでもなんだか嬉しいものです.

予約完了後,バウチャーが送ってこないなぁ,と思っていたら,スパムフィルターにかかっていました.Googleによると「このメールにご注意ください.多数のユーザが同様のメールを迷惑メールとして報告しています」とのこと.このメールはちゃんと配信してくれないと困るんですけどー バウチャーが届かない方は,スパムのフォルダーを覗いてみて下さい.
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行の準備

2016年02月14日

パレスで久々の大当たり?(4日目 その5)

Sちゃんのバーを出たのが午後7時半頃.まだ少し時間は早いのですが,ウォーキングストリートに行ってみることにしました.昨夜,おそくまでウロウロしたので,今夜は早いうちに女の子を見つけてゆっくりしたいと考えています.

p201509_4_5_1.jpg

いつものようにビーチロードに出てソンテウに乗って移動します.午後8時過ぎにウォーキングストリートの入り口に到着して,まずは入り口近くのマンダリンに入ってみました.まだ早い時間なのにステージ上は女の子で一杯.お客さんもそこそこ入っています.入り口付近,右側の席に座ってサンミゲルライトをオーダーしました.

p201509_4_5_2.jpg


ステージ上の女の子達は相変わらずのちびっ子コレクションで,愛想笑いもせず淡々と踊っています.この店は本当に小さい女の子が好きだなぁと改めて感心します.女の子の質は若干低下気味で,ダンスもあまりやる気は無さそうです.目の前で,このメンバーの中ではいちばん背の高い女の子が,前方凝視で体を左右に揺らしています.ちょっと怖い… 待機をしている女の子の中に,一人,小顔で美人そうな女の子が居ますが,いかにも性格が悪そうです.

しばらく飲んでいると,ウェイトレスが近づいて来て女の子を選ぶようにすすめてくれたけど,残念な状況にやる気が出ず,早々に会計を済ませて店を出ました.バンコクのマンダリンは印象が良いのでパタヤでもときどき立ち寄るのだけど,ここはあまり相性が良くないみたいです.

p201509_4_5_3.jpg

通りをちょっと南に歩き,個人的になんとなく落ち着くパレスに入ってみました.今夜も女の子いっぱい,客はそこそこという状況です.この店は,私が来る時間帯はいつもこんな感じのような気がします.入って右側の手前ステージ前の席に案内されました.

しばらくステージを見ていたら待機中の女の子が「レディを選べ」と声をかけてきました.声をかけてくれた女の子を見ると,目元の感じが大政絢さんに少し似ていてスレンダーな,日本人にモテそうなタイプの女の子でした.この子,今年の1月に来たときに見た記憶があります.そのときは,かなり酔っていた様子で,友達とステージ上でかなりはしゃいでいたのが印象に残っています.

「女の子を選べって? 他の子よりも,君が一番タイプだよ」なんて思っていたら,心の声が聞こえたのか,すかさずママさんらしき人がやってきて,「 彼女でしょ!?」というようにその子を指差し,隣に座らせてくれました.ママさん,ナイスジョブ.でも,これってたぶん,彼女とママさんの連携プレイなんでしょうね.カモがまんまと策にはまったというところでしょう.でも,いいんです,楽しければ.
(つづく)

posted by Pen at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記