2016年01月31日

ソイ6のLBバーからの脱出(3日目 その6)

楽しそうに友達と話しているマリーちゃんを横目に,抜け出すきっかけを探しますが,なかなか言い出すことができません.やがてマリーちゃんのビールがなくなり,彼女の友達が「彼女のビールが無いよ,もう1杯?」と言ったタイミングで,「今しかない」と考え,「もう行くから」と言って断りチェックビンを宣言しました.

テーブルを挟んで向かいに座って友達とおしゃべりをしていたマリーちゃんにも「行くね」と告げると,一瞬驚いたような顔でこちらを見て,それからゆっくりと頭が下に垂れてゆきテーブルまで5cm程の距離で静止しました.さっき,彼女の部屋で落ち込んだときと似た感情がわき上がっているのだと思います.これって「行くな」引き止められるよりキツく感じます.

ひょっとすると今後の予定を何か考えていたのかもしれません.でも,きっとウォーキング・ストリートのディスコに付き合わされるのがオチだと思うので,申し訳ない気持ちを振り払って精算を済ませました.マリーちゃん,ごめんね.(500バーツ)

店を出て,ビーチロードに出てソンテウに乗ろうと思って歩いていると,もうすぐ誕生日を迎えるLBの友達マイさん(仮名,参照:ソイ6の美人LB マイさん)が駆け寄ってきて腕をつかみ,詰め寄ってきました.怒ったような泣きそうな表情です.

「LBは嫌って言ったのに,綺麗なLBと歩いていた」
「彼女(?)は友達だから」

さっきマリーちゃんと一緒に歩いているところを見られたのですね.こんな狭いソイだから,何をしてもバレバレですね.別に言い訳をする必要は無いのだけれど,マリーちゃんは本当に「ただの友達」なので,ついついムキになって主張してしまいました.

ちなみに「LB」は嫌いと言ったのではなく「LBとのセックスは好きじゃない」と言ったはずなんだけどなぁ.LBには寛容である自覚はあります.

一杯飲んで行けと誘われたけど,なんとなく気まずく感じたのと,誕生日のプレゼントをねだられそうでめんどくさく感じたのでお断りして通過しました.

さらにビーチロード方向に歩いていると,昨日,一緒に飲んだ元The Officeのスーちゃん(仮名)が居たので,少し寄っていくことにしました(参照:元The Officeのスーちゃん(仮名)).二人のドリンクを注文して少し話しをしました.

<写真削除>


「昨日,お店に来たけど見つけられなかった」
「いつ?」
「午後」
「仕事は7時からなの」
「何時まで?」
「12時」

しばらく話していると,一緒にウォーキングストリートに行きたいと言い出しました.遠回しなペイバーの打診ですね.

「ロングタイムはいくら欲しい?」
「2,000バーツ」
「何時まで一緒?」
「Up to you」

彼女のことは是非ともペイバーしたいけど,今からウォーキングストリートで飲む(踊る?)のはちょっと体力的にきつそうです.おそらく1時前には帰ろうとはしないでしょうし,友達が合流して明け方まで飲むというリスクも無いとは言えません.瞬間的にこんな計算が働いて「後から来る」と返事してしまいました.本当に後から来るつもりだったのですが,この判断は完全な失敗に終わることになります.(260バーツ)
(つづく)
posted by Pen at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記