2016年01月20日

シャークTちゃんとの出会い(2日目 その3)

ソイ6で良い子が見つかったので,余裕の表情でウォーキングストリートに移動.午後10時半頃,前回の好印象が残っているシャークに入ってみました(参照:シャーククラブに初潜入).一番盛り上がる時間帯のような気がするのだけれど,ステージ上に女の子が7人と少し寂しい状況です.前回とは逆サイドの席に座ってコーラをオーダーしました.改めてステージを眺めると,女の子たちはユラユラ揺れるだけの,まるでやる気のなさそうなダンスで,まともに踊る気は無さそうです.

p201509_2_3.jpg


昨日入ったLady Love,ひょっとしたら踊りに関してはレベルが高いのかもしれないなぁ,なんて考えながら,ボーッとステージを見ていたら,どこからともなく1人の女の子が目の前に現れて,握手を求めてきました.金髪に染めたロングのストレートヘア.どことなく知性を感じる大人の女性という雰囲気,でも地味ではない美人系のルックス.性格の良さそうなニコニコ笑顔.わりと好みのタイプです.小柄で細身なカラダに,お腹の部分がシースルーになっている,あまりセンスがいいとは言えない赤い衣装を身につけています.胸の谷間は有るけれど,かなり寄せてそうです.お腹に贅肉は見当たりません.「隣に座って良い?」と訊くので,「どうぞ」と少し腰の位置を動かして座る場所を空けました.

ドリンクをすすめると,ウィスキーソーダを注文.ウェイトレスが持ってきたと思ったら,一口も飲まないうちに「ダンスに行くから待ってて」とステージに上がって行きました.こんなタイミングで営業に来なくてもいいのに,と文句をいう間もありません.目の前に移動してきたので改めてチェックすると,予想通りスタイルは良好.贅肉は見あたりません.ダンスには自信があるようで,いかにも自信たっぷりな表情でカッコ良く踊っています.腰の動きがエロティックです.うん,この子は良いかもしれません.

この店のダンスは,一人がステージに上がると一人が降りる「押し出し方式」.結局,交代になるまで踊ってからステージを降り,再び隣りに戻ってきました.やっと会話がスタートです.きっと,自分が踊っている間に他の女の子にとられないように「マーキング」をしておいたのですね.

彼女の名前はTちゃん.年齢は23歳で,1年ほどパタヤに住んでいるそうです.改めて顔を見ると,23歳にしては目尻のシワが目立ちますが,気になる程ではありません.出身地を訊ねると「バンコク」と言ったあと,「バンコクの近く」と言い直しました.念のために地名を聞きましたが,聞き取れませんでした.多分,どうせ分からないだろうと思ってこう答えたのでしょう.バンコクから実家まではバスで2時間ぐらいかかるそうです.

聞き取り易いクリアな英語を話すので会話がはずみます.見た目の印象通り,穏やかな性格の優しい女の子のように感じます.仲良くなれそうな気がしたので,ペイバーを打診してみることにしました.

「ペイバーいい?」
「うん」
「いくら必要?」
「ショート?ロング?」
「ショート」
「ショートは2時間.お店に帰って来なきゃダメなの」

12時近いのに,こんな時間でも帰って来なきゃいけないのですね.なんとなく気の毒に感じたけど,まずは相性を確かめたいところです.「ショート」ともう一度繰り返しました.
(つづく)
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記