2016年01月10日

ディスティニーのウェイトレスのアプローチ?

Oscarsの支払いを済ませて,すぐ向かいのディスティニーに移動しました.思った以上に客が入っていたので,普段はあまり座らない,入って右側の席に座りました.このお店ではどうせマジメにステージを観ないので,どこに座ってもあまり関係ないんですけどね.

なぜステージを観ないかというと,いつも入店したらすぐに馴染みのウェイトレスが決まった女の子を連れて来ちゃうのです.最近はお腹がプヨプヨの不思議ちゃん(参照:ディスティニーの不思議ちゃん),ちょっと前は,とても懐いてくれていたアッちゃん(参照:ディスティニーのアッちゃん)と,わりと私のツボをおさえた選択なので,これまではそれなりに楽しく飲むことができていました.

残念ながらアッちゃんはウォーキングストリートのどこかの店に移籍してしまい,不思議ちゃんも最近見かけなくなってしまいました.なので今はいわゆる「馴染みの子」が居るわけではありません.今回は,前回訪問時に一緒に飲んだ「美人なお姉さん」に再会できないかと密かに期待しての訪問です(参照:ディスティニーで暖機運転).

p201509_1_2_1.JPG


「思った以上に客が入っている」といっても,それはあくまで「普段と比較して」であって,店内はいつも通りののんびりとした雰囲気です.すぐに知り合いのウエイトレスが2人やって来て両脇に座り,パタヤへの到着を歓迎してくれました.一人は顔が少し大きめの20台後半と思われる子でいつもおどけています,もう一人は小柄なおばさんといった感じで,おそらく30代半ばぐらい.

ここにはもう一人,仲の良いウェイトレスが居ます.上で書いた「女の子を連れて来ちゃうウェイトレス」です.以前,レディラブで働いていて,良く通っていた頃からなので,もう2年近くの付き合いになります.おそらく30前後で,当然美人ではありませんが,肝っ玉母さんという雰囲気で,話ししやすい子です.いつもなら彼女が一番にオーダーを取りに来るはずなのですが,今日は見あたりません.

彼女の場合は,まず女の子を連れてくることを優先するし,自分からドリンクをリクエストしたりはしないので気持ち良く「何か飲む?」とすすめることができます.一方,現在両脇に座っている「その他2名」の場合,そんな気が利いた接客は望めません.これは接客能力の差なので仕方がないと思っています.

「その他2名」にドリンクをすすめて一緒に飲んでいたら,めずらしく1年以上話をしたことがないデブのウェイトレスが便乗気味にドリンクをねだりに来ました.これ以上ウェイトレスばっかり増えても困るので当然却下します.

しばらくして,一緒に飲んでいたウェイトレスのうち,小柄なおばさんの目付きが,今日は少し違ってることに気付きました.なんだかいつもより密着度が高めです.時間が遅いから,酔っぱらっているのかな,などとあまり気にしていなかったら,しばらくしてから凄く控え目にぺーバーのお誘いがありました.

「私と一緒にホテルに帰る?」
「!?」

まったく予想外だったのでかなりビックリして改めて顔を覗き込んじゃいました.すると直ぐに「OK,OK,日本人は若い子が好きだよね」と簡単に引き下がりました.きっとダメ元で言ってみたのでしょう.抱けなくはないけど,さすがに選択肢には入りません.ごめんなさい.

p201509_1_2_2.JPG


年齢を聞いてみると,思っていたより少し若くて30歳だそうです.そして娘さんが14歳.もう少ししたら娘さんが一緒に飲める年齢になっちゃいます.あと彼女が5年ぐらい働けば,自分の娘と同い年の子とペイバーを争わなければならなくなるのですね.なんとも厳しい世界だなぁ.ウェイトレス2人と飲んで,おばさんウェイトレスにアプローチされて480バーツ.いったい何をしに来たのだろう?(…美人なお姉さんはいずこ 涙)
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記