2015年11月24日

ルート66バーのショートカットちゃん(3日目 その4)

ソイ6のKちゃん引退(3日目 その3)から続く)
さっきお店の前で話しをしたショートカットちゃん(参照:変わってしまったVちゃん)のことが気になるので,もう一度ルート66バーに行ってみることにしました.チェックを済ませて店を出て,道路をはす向かいに渡って徒歩約10秒で到着です.すぐに,さっきと同じように店の前で呼び込みをしているショートカットちゃんの姿が見えました.私に気づくと「お前,また来たのか」と言わんばかりの表情で苦笑いをします.

「V居なかったの?」
「君に会いに来た」
「?」
「一緒に飲む?」

そう言うと一瞬,驚いたような表情を浮かべて,それから少し表情を和らげて「仕方ないなぁ」という様子で店内に案内してくれました.狭い店内に入り,直ぐ左側のソファー席に座りました.目の前の壁に貼られた透明アクリル板には蛍光ペンで「Ring a bell」の記録(日付と名前)がカッコ良く書かれています.店内の装飾には気が配られていてオーナーのセンスの良さが伺えます.

ショートカットちゃん,オーダーした二人のビールを持ってくると,隣りに大人しく座りました.前回,Vちゃんに会いに来たとき,勘違いして隣りに座ったとき(参照:ソイ6のショートカットちゃん)はもっと距離が近かったような気がするので,まだ少し警戒しているのかもしれません.

「Vと会わなかったの?」
「会ったよ」
「あなたは,いつもV, V, Vでしょ!」

とちょっと怒ったような表情をつくって,からかうように言います.

「今日は,君と飲みたい」

そう言うと,まんざらでも無さそうな様子.この子の名前はDちゃん,パタヤの女の子にしては流暢に英語を話します.「どうして英語が上手なの?」と聞くと,「私はハイスクールで勉強したから」とのこと.日本人だってみんな,高校で英語を勉強しているけど,なかなか上手には話せないんだよ.笑

明るく素直な性格の良い子だと思います.会話も上手で,今まで会ったお客さんとのことをいろいろ教えてくれました.Dちゃん,日本人好みのメークをしているだけあって,日本人(日本人客)が好き(ターゲット)みたいです.背が低くて幼児体型気味なところがロリ風味なので,おそらく日本人のおじさん達にもモテると思います.

一通りの良くある話題が尽きると,バッグからスマホを出していろいろな写真を見せてくれました.中にはクラスメイトと一緒と思われる,ハイスクール時代の写真もあります.ノーメークアップの顔はかなり好みです.当時は黒髪ロングだったのですね.これを見ちゃうと,今のメークがどうしても変に感じちゃいます.

<写真削除>


積極的なペイバーの営業があったけれど,もう少し遊びたかったので「後でまた来るね」と言ってチェックビンを宣言しました.すると「みんな後からは来ない」と悲しそうな顔になりました.君は客の心理を良く知っているね.でもこの時は本当に後から来ようと思っていたのだよ…
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記