2015年11月04日

馴染みのマッサージ店に行くも…(3日目 その1)

今回泊まっているLK ルネサンス ホテルは朝食が充実しているので「食べないともったいない」と感じてしまいます.この日も10時頃には朝食を済ませて,プールで1時間ほど泳ぎました.昼食後,少し昼寝をして午後5時頃に活動を開始.まだ時間が早いので,いつものように馴染みのマッサージ店(参照:マッサージ店のコンさん)に行くことにしました.

お店の前まで行くと,なんかいつもと雰囲気が違っていました.いつもなら店の椅子に前に座っているはずの見慣れた顔ぶれが見あたりません.その代わり少し年齢層の若い女性が数人,呼び込みをしています.「あれっ?」と不思議に思いながらも,呼び込みの女の子たちの間を通り抜けるようにして店内に向かいました.店の前で目が合った二十歳ぐらいの女の子が後からついてきます.

いつもなら,店内に入ればすぐに誰かが認識してコンさんを呼んでくれるのですが,この日はまるで初めてのお客さんのような対応.ついてきた女の子に「コンさん居る?」と尋ねると,困ったような顔で奧に入って行きました.

「???」となっていると,オーナーらしい中年小太りの女性がでてきて,事情を説明してくれました.その説明によると「前のオーナーがこの店を手放した.以前居た従業員はもう居ない.タイのルール(法律?)で,オーナーが変わって一ヶ月は営業出来なかったので,この店は2日前に再会したばかり」とのことでした.

えーっ,そんないきなり!? 自分の体を熟知してくれていたコンさんが居なくなるのは,正直,行きつけのバーの馴染みの女の子と突然会えなくなってしまうよりショックです.あれほど相性の良いマッサージ師が見つけられる可能性は限りなく低いような気がします.

かなり残念そうな表情をしていたのか,オーナーが気の毒そうに声をかけてくれました.このオーナーは人が良さそうだし,「がんばって良い店にするからよろしくね」とのことなので,とりあえずマッサージを受けてみることにしました.

ライティングやディスプレイ,音楽といった店内の雰囲気も以前とは変わっています.なんとなく落ち着かない感じで1時間,タイマッサージを受けました.担当してくれたのは,二十代前半と思われる小柄で丸顔の感じの良い女性.いつもはマッサージは黙って受けるのですが,ちょっと興奮(混乱?)していたこともあり,少しだけ話しをしてみました.

「お店が変わっていてビックリした」
「私は今日が初めてだから分からない」
「どこから来たの?」
「○○」(残念ながら聞き取れず)
「以前,とても良いマッサージ師がいて,もう2年以上通っていた」
「その女の人と私,違う?」

たぶん,マッサージのことを聞いているのだと思うけど,二人きりで個室にいるとき,こういう質問されるとちょっとドキドキしてしまいます.もちろん,考え過ぎであることは分かっているのですけど.苦笑

「あなたはタイ式が好きなの?」
「そう.いつもタイ式」
「私はオイルが得意.今度試してみて」
「わかった」

たしかにタイ式は可もなく不可もなくって感じです.今度,もしまたこの子に当たることがあればオイルを試してみようかな.でもコンさんが居ないのならば,わざわざソンテウに乗ってここまでマッサージを受けに来ることは無いかも.いや,ソイ6から近いからまた来るはず(笑)… なんて考えている間にマッサージは終了しました.やっぱりちょっと物足りないかな.また1からマッサージ店探しのやり直しです.
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月03日

2015年11月02日のつぶやき


posted by Pen at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月01日

2015年10月31日のつぶやき








posted by Pen at 09:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記