2015年10月04日

ディスティニーで暖機運転(2日目 その2)

結局,ホテルに着いたのは午後10時少し前.簡単に荷物を片付けて,まずはホテルから近いソイLKメトロに行ってみることにしました.少し軍資金が不安なので T. T. Currency が空いていたら両替したいと思いソイ・ブーカオ側から回り込むことにしました.ソイブーカオの騒然とした風景を見ると,ようやく「またパタヤに戻ってきた」という気持ちになれます.やっぱりこの街はいいな… 

パタヤの雰囲気を満喫しながら T. T. Currency の前まで歩きましたが,残念ながらすでに閉店してました.仕方がないので手持ちのバーツでやりくりすることにします.

まずは軽く一杯飲みたかったので,個人的に落ち着けるディスティニーに行ってみました.呼び込みの間をすり抜けて入店し,入って左側のソファー席に座りました.すぐに馴染みのウェイトレスがやって来たのでビールをオーダーしました.

p201507_2_2_1.jpg


このウェイトレス,いつもならドリンクを持ってきたあと隣りに居着くのですが,今日は忙しいのかどこかに行ってしまいました.彼女はいつもすぐに不思議ちゃん(参照:ディスティニーの不思議ちゃん)を呼んじゃうので,他の女の子となかなか仲良くなれません.「これはチャンス」と思い,店内の女の子たちをチェックすることにしました.

キョロキョロしながら飲んでいると,一人の「美人なお姉さん」という感じの女の子が,間を詰めながらやってきました.普段はあんまりお話しをしないタイプです.スラッと背が高くて顔は綺麗なのですがかなりの貧乳です.明るい性格のようなので一緒に飲むと楽しそうです.

「こんにちは.どこから来たの?」
「日本」
「私も一緒に飲む!」
「どうぞ」
「ありがとう!」

p201507_2_2_2.jpg


こんな感じのよくある展開で一緒に飲むことになりました.この子,会話は楽しいのですが,若干距離を取っ座っていて接客は控え目.なかなか手を出すことができません.自分で営業に来たのになんでだよ… 仕方がないのでジェントルに話しをしながら飲んでいると目の前に一人の女の子が立ちました.見ると不思議ちゃんがちょっと口を尖らせて立っています.居たのですね(^^; テーブルを挟んでこちらを睨んでいるので,手を引いて体を引き寄せると,表情が崩れて膝の上に倒れ込んできました.やっぱりこういう接客の方が楽しく感じます.

p201507_2_2_3.jpg


ドリンクをすすめたらすっかり上機嫌になったので,じゃれながら胸やら腹やらを触りまくります.最初の女の子は,その様子を少し呆れたように笑いながら見ていました(^^; 不思議ちゃん,ちょっとお腹がスマートになったかも.ひょっとしたら初めに会ったときは出産直後だったのかもしれません.

すっかり調子がでてきたので,ビールを飲んで退店.次は,気になっているショートカットちゃんが居るソイ・ブーカオのThe scooter barに行ってみることにしました.
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記