2015年10月03日

パタヤのホテル(9):LK ルネサンス ホテル

今回もパタヤでの宿泊は3泊だけ.ここのところ,ソイ・ブーカオのバービアやソイ6のバーで地味に遊んでいるので,今回は「メジャー店で王道の遊びをしてみる」という,私には絶対に達成できそうにない目標をたててみました.ところが習性でついついノースパタヤ・エリアのホテルをチェックしてしまいます.

「いやいや,これではいけない」と言うことで,ホテル選びも初心に戻り,ソイLKメトロにもウォーキングストリートにもアクセスが容易なソイ・ダイアナに狙いを定めました.ウォーキングストリートに近いビーチロード周辺のホテルを完全スルーしている時点で,本気でメジャー店で遊ぶ気があるのかどうか,疑わしいところですが…

候補に挙がったのは,安定のアレカロッジLKメトロポール,そして意外にもお得な価格で出てきたLK ルネサンス ホテルです.どこも一泊5000円程度.かなり悩みましたが,最終的に前回も検討した(参照:5月のホテルを変更(確定)LK ルネサンス ホテルを購入しました.このホテルが一番お得感が高いと感じたことが理由です.これが大当たりで,チェックイン時,「あなたはラッキーね」といって,スタジオから,スーペリア・スイートにアップグレードしてくれました.お得感倍増です.



周りにはバービア一杯,ソイLKメトロまでは徒歩5分.ソイ・ブーカオ(徒歩5分)に出ればソンテウでウォーキングストリートに移動できるし,セカンドロード(徒歩3分)に出ればソイ7,8やソイ6にも簡単にアクセスできます.コンビニもレートの良い両替も近くにあって,「王道夜遊び」にはベストロケーションの一つだと思っています.

アメニティはこんな感じ.必要なものはだいたい揃っています.ここの石けんは香りが良いのでわりと気に入っています.私は気になりませんでしたが,シャンプーの香りが強めなので苦手な人は持参した方が良いかもしれません.

lk_renaissance_01.jpg


さすがスーペリア・スイートだけあって部屋は広々.バスルームも湯船があって快適です.テレビはソニー製で,iPhoneが接続できるミュージックプレイヤーも設置されていました.

lk_renaissance_02.jpglk_renaissance_03.jpg


WIFIは,スピードはそれほど速く無かったけど普通に使えました.ただこれは部屋の位置によって条件が違ってくるので一概には評価できないかもしれません.

プールは本気泳ぎ用ではありませんが,長辺の長さが程度あるので泳げなくはありません.ただ時々噴水の噴射があるので背泳は注意が必要です.プールから各階の廊下からプールを眺めることができるのですが,これをプラスと取るかマイナスと取るかは人によって違うと思います.プールサイドまで行かなくても利用状況が確認できると捉えるとプラス,上から見られるのが嫌だと感じる人にはマイナスですね.



スタッフはフレンドリー.ときどき「それフレンドリー過ぎない?」という態度のスタッフがいるので,気になる人には気になるかもしれません.ルームクリーニングは丁寧でした.美味しい朝食を11時まで食べることができる点も評価ポイントだと思います.オーダーできるメインディッシュは種類が多くて味もなかなかです.残念ながら朝食サービスは無くなってしまっていました(2017年1月現在)

ジョイナーフィーはありません.IDチェックもありません.女の子を連れていても,こちらから申告しない限り干渉しないようです.ちなみに私が使ったことがあるLKグループのホテルは全て同じスタンスだったのでグループの方針なのかもしれません.どんな用途でも安心して使えるホテルの一つだと思います.次回以降も,税込みで5,000円台だったら利用を検討すると思います.
posted by Pen at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月02日

パタヤに移動(2日目 その1)

バンコク行きのプロペラ機は,定刻よりも10分以上早く,16時50分前には動き出しました.予定飛行時間は1時間15分.今回も簡単な機内食が出ました.スワンナプーム空港には18時丁度に到着しました.ターミナルまではバスの移動でした.
p201507_2_1_1.jpgp201507_2_1_2.jpg


国内線のターミナルはあまり来ないので新鮮に感じます.

p201507_2_1_3.jpg


預けた荷物はすぐに出てきました.この調子で行けば19時のバスに乗れるかもしれません.急ぎ足で移動してバス乗り場に着いたのが18時20分頃.カウンターの上に置かれた案内板を確認すると,まさかの「Pattaya next 20:00」でした.19時のバスはもう売り切れてしまったのですね.ガッカリしながらカウンター前の列に加わりました.私の一組前には韓国人らしい家族連れが並んでいました.彼らは順番になるとカウンターの女性と一言二言話をし,それから激しい口調で抗議を始めました.彼らが諦めて立ち去るのを待ち,やっと私の順番になりました.

p201507_2_1_4.jpg


「パタヤ」と伝えると人数を聞かれたので「1」と答えると「7PM」とのこと.1人なら7時のバスに乗れるみたいです.ひょっとすると前の客は「別々の便なら19時も乗れるよ」と言われて「子供は膝の上ではダメか」などとゴネていたのかもしれません.とにかく7時のバスに乗れたのはラッキーでした.バスナンバーは「spare」でシートナンバーは「28」.まだ油断はできませんが,なんとか9時頃にはホテルに到着できそうで一安心です.

運賃は3月利用時と同じで130THB(空港からパタヤへの移動 前半).2つめの荷物に20THB課金されました.所要時間は約2時間.パタヤカンで下車してセントラルロードまで歩き,西行きのソンテウに乗ります.道路はまだ工事中だったので,前回同様,荷物をもって歩道橋を渡る必要がありました(参照:空港からパタヤへの移動 後半).


この横断歩道を渡ります



そしてここでソンテウに乗ります


ソイダイアナのホテル(LK ルネサンス ホテル)まで行くにはソイブーカオ入り口でソンテウを乗り換えなければならないので,移動にかかるコストはトータルで180THBでした.Bell travelとの差額が60THB.乗り換えの手間を考えたら,時間さえ合えば,予約可能でホテルまでドアトゥドアのBell Travelが良いと思います.
(つづく)
posted by Pen at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月01日

カオコー観光(1日目)

今回,わざわざスコータイまで行ったのは,隣町のピサヌロークで友達と会い,あるお寺に連れて行って貰うためでした.目的地のお寺は,ピサヌロークから西へ80kmぐらい行ったところにあるカオコー(เขาค้อ)にあります.ピサヌロークの街から山道を延々と1時間以上走ると山中にポツリとその姿が見えてきます.車がなければ行くのは難しいかもしれません.現地で西洋人らしいバックパッカーを何人か見かけたので,ひょっとすると公共交通機関をつかった何らかのアクセス方法があるのかもしれませんが.


このお寺,一般的なタイ様式のお寺とはまったくその風貌が異なっています.寄付で集められた陶器類をモザイク状に配して床や壁がつくられています.室内には,貴金属や宝石と思われる装飾品が一面に埋め込まれた壁もありました.友達の言葉によると,このお寺は長年作り続けていて,まだ建築の途中だとのこと.まさに「タイのサグラダファミリア」という雰囲気です.建築様式も,素人目にバルセロナで見たガウディ建築(たとえばカサ・ミラとか)のテイストが入っているように感じます.

p201507_1_1.jpgp201507_1_2.jpg


美しい白い姿の仏像が印象的です.残念ながら周囲の建物が工事中で,近くで見ることはできませんでした.この仏像,釈迦の誕生からの成長を表現しているとのことです.
p201507_1_8.jpg
印象的な白い大仏像


建物内部も一般的なお寺とはまったく異なっていて,仏教の歴史を分かりやすく説明した展示や,コミュニティスペースのようなものがありました.ここで出会ったお坊さんにどこから来たのか聞かれたので日本と答えると「日本人も仏教を信じるのか?」と尋ねられました.タイ人のそれとは信仰の仕方が違う(大乗仏教である)という意味で「私たちも仏教を信じますが,タイの仏教徒は少し違います」と答えると,ニコニコしながら「仏教は1つですよ」と言われました.さすが,懐の深い言葉です.

p201507_1_4.jpg
美しい床のモザイク


見応え十分で,わざわざ足を伸ばした甲斐がありました.今回はJALマイルで特典航空券を取ったのでスコータイ空港を使いましたが,バンコクからのアクセスはLCCが多く就航しているピサヌローク空港を利用した方が便利だと思います.

宿泊


今回も宿泊はピサヌロークのトップランドホテルにしました(参照:スコータイへ小旅行).現地の友人イチオシのホテルです.しっかりしたサービスと設備,朝食も充実していてなかなか良いホテルだと思います.

p201507_1_6.jpg
落ち着ける客室


p201507_1_5.jpg
アメニティも揃っています


p201507_1_7.jpg
客室からの眺め


p201507_1_9.jpg
朝食も充実


ピサヌロークの主要観光地の一つである美しい寺院「Wat Phra Si Rattana Mahathat Woramahawihan」も徒歩圏内で,朝の散歩つでに出かけることができます.ホテルはデパートが併設されていて,前には小さなマッサージ店が並んでいます(今回も試しませんでしたが…).周りのお店は11時を過ぎればほとんど閉まってしまいます.
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記