2015年09月12日

mineo sim(Dプラン)をXperia M4 Aqua dualで試す

注文してあった格安simのmineo(Dプラン)が届きました.ちゃんとdocomoのnano simが同梱されています.分かりやすい設定のマニュアルも付属しています.

mineo_1.jpg


8/28 先行予約(キャンペーン申し込み)
9/1 サービス申し込み
9/5 mineoサービス手続き完了とご利用にあたってのお知らせ(メール通知)
9/8 sim到着

申込時の説明通り,申し込みから約1週間で到着したことになります.9ヶ月間,ほぼ無料で1GB使えるという太っ腹キャンペーンを展開していることから,たくさんの申し込みが予想できるので,発送業務はがんばっている方だといえます(2015年10月31日までの申し込みなら最大6ヶ月,同様にほぼ無料で1GB使えます).
[PR]
mineoに申し込む場合は,先にmineoエントリーパッケージを購入すると,契約事務手数料 3,240円を972円に節約できます.詳細は↓↓↓

さらに,下のリンクからmineoに申し込むとAmazonギフト券1,000円分が貰えます(2016年6月30日まで)
http://mineo.jp/syokai/?jrp=syokai&kyb=F3U7C7U7X5

さっそく先日購入したXperia M4 Aqua(参照:Xperia M4 Aquaが来た!)の2番目のsimスロットに差してみました.再起動後,sim 2側を3G/4Gに切り替え,マニュアルに従ってAPNの設定を行うと,ちゃんと電波をつかみデータ通信に成功しました.これで国内にいるときもネットが使えます.

テザリングも成功しました.ただ,一度,テザリングをオンにしているにも関わらず,他のデバイスからアクセスポイントが見えないことがありました.今のところ原因は分かっていません.ひょっとしたら,ちょっと不安定なのかもしれません(これはAqua M4側の問題だと思います).

また,このサービスと使うとLaLa CallというIP電話サービスを無料で使うことができます(通話料は必要です).IP電話なので,国外に居るときも,いつもと同じ料金で通話が可能です.ということは,海外に居るときいつも使っている携帯電話の番号をこのIP電話の番号に転送するように設定しておけば,安く電話を受けることができることになります.

たとえばauの場合,155円/分の着信料金が必要です.ところがmineoを契約すると無料で使えるIP電話(La La Call)に転送しておけば,通話料は40円/分だけで済むことになります(もちろんWIFIが使えるところでなければパケットを消費してしまうので注意が必要です).通話の品質によっては使えそうな気がします.次回渡航時に試してみることにします.

後日追記:La La Callは2017年2月1日より基本料100円(税別,100円分の無料通話料付)に変更になりました.

<おまけ>
docomoのサービスを使った格安simを,R sim(参照:iPhone用のsimロック解除アダプタ(R sim)を買ってみた)を使ってauのiPhone5で使った,という記事を読んだことを思い出して,もしやと思い試してみました.

R simとmineoのsimを重ねてiPhoneのsim スロットに差します.すぐにキャリアを選択するメニューが出てくるので JP-AUを,次にデバイスを選ぶメニューが出てくるのでi5を選びました.すると「Set up OK!」の画面が現れました.

付属の説明書を参考にiPhone用のAPNを書き込んだプロファイルを作りインストールします.

mineo_3.jpg

mineo_4.jpg


しばらく待つとキャリアの表示が「Roaming」になりました.残念ながらこの状態ではデータ通信は使えませんでした.いろいろと設定をいじっている間に,キャリアの表示が「不正なSIMです」に変わってしまいました.simを抜き差しして何度か試してみましたがうまく動きませんでした.一度だけキャリア表示が「NTT DOCOMO」に変わり,「3G」の表示がでましたが,やはりデータ通信は成功せず,しばらくすると「不正なSIMです」に変わってしまいました.

ということで,AU版iPhone5+R sim 9+mineo(Dプラン)の組み合わせは成功しませんでした.残念.
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外での携帯電話