2015年09月11日

LEK A GO GOでエッチそうな女の子と出会うも…(2日目 その6)

ソイ7のお店を出て,ソイLKメトロやウォーキングストリートに行くことも考えましたが,なんとなく気が進みません.少しのんびりできるところで飲みたいと考えて,初日に入って好印象だったノースパタヤのLEK A GO GOに行ってみることにしました.セカンドロードに出て,ソンテウに乗って移動します.右手にBIG Cの看板が見えてくる辺りで下車して,徒歩でお店に向かいました.

この日は,前回より時間が遅かったこともあってか,数組の先客が入っていました.入って左側奧の,メインステージ正面のソファー席に座りました.女の子たちのラインナップは,前回とほぼ同じぐらい.一般的に日本人が好みそうな子は居ませんが,南国風味の性格が良さそうな子が多いので,私としては満足です.

しばらくするとダンスが交代になって,さっきまで目の前で踊っていた子が,少し離れて座りました.明らかにこちらを意識している動きです.横目でチェックすると,目鼻立ちがはっきりとした少し派手目の顔で,肉好きのよい,ムチムチとした体をしています.南国の綺麗なお姉さんという感じで十分に許容範囲内です.私の視線に気づくと,体をソファーに投げ出して近づき話しかけて来ました.

「どこから来たの?」
「日本」

ノリも良さそうなので,ドリンクをすすめて話してみようかな,と思った瞬間,ステージを指して「女の子を選んで!」のポーズをとりました.ステージ上の女の子たちより,その子の方が良かったので首を横に振ったら,あっさりと離れていってしまいました.あらら,自分を売り込みに来たのでは無かったのかな.エッチそうな雰囲気で,ちょっと気になる存在だっただけに残念です.こういうときに,例のママさん(参照:ノースパタヤのLEK A GOGOを調査)が居れば強引に連れてきてもらえるので助かるのに,肝心なときには姿が見えません.

どうしたものかと思案しながらiPhoneをチェックすると,マリアちゃん(仮名)から「今日も会いに来い」という内容のメッセージが入っていることに気づきました.9時半ごろに送られてきていたようです.

「飲んでる」
「どこ?」

実際にはLEK a go goに居たのですが,友達と一緒に飲んでいることになっているので,「ソイ8」と答えました.

「私に会いに来る?」
「彼氏は?」
「今日は会いに行かない.あなたに会いたいの」
「彼,怒るんじゃない?」
「来るの,来ないの?」
「眠いからホテルに帰る」
「あなたは私に会いたくないのね」

p0523_2_6_1.jpg


泣き顔のスタンプが3つ入りました.面倒になってきたので「今日はお金が無い」と送ってみました.すると,「飲むだけ,ね!?」という返信.

「お店は何時に閉るの?」
「1時半か2時」

p0523_2_6_2.jpg


そこまで言ってくれるのなら会わないわけにはゆかないと思い,「分かった」と返信し,マリアちゃんのバーに行くことにしました.(400バーツ)
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記