2015年09月27日

パタヤ→ドンムアン空港(バス),帰国(4日目 その3)

今回もパタヤからドンムアン空港への移動にBell Travelのバス+空港間シャトルバスを利用しました.このルートを利用するのは2度目です(参照:パタヤからドンムアン空港への移動(バス)).スワンナプーム空港からドンムアン空港までのシャトルバス利用には,ドンムアン空港発の航空券の提示が必要です.今回はドンムアン発のエアアジアX便の利用なのでこのルートを使うことができます.

パタヤ→スワンナプーム空港のBell Travelは15時の便を予約していたので,30分前の14時半にワゴンがピックアップに来ました.今回利用したホテル(エイプリルスイーツ)はBell Travelの予約サイトのリストに無いので,前回同様,最寄りのF and B Restraurant and hotelを指定していたのですが,このホテルが改装中,もしくは取り壊し中で無くなってしまっていました.少々不安だったのですが,指定時間の10分ほど前にF and B Restraurant and hotelが有った場所まで行くと,Bell Travelのワゴンが停まっていました.

p0525_4_3_1.jpg
1月に宿泊したF and B Restraurant and hotelは工事中


バスターミナルには14:40過ぎに到着し,待合室で少し待った後にバスに乗り込みました.60%ぐらいの乗車率.予定通り15時に発車しました.途中,目立った渋滞はなく,16:34にスワンナプーム空港出発ロビーに到着.シャトルバスは到着ロビーから出ているので,2フロア下がる必要があります.Bell Travelのバスが到着する付近のエスカレータは,いつも監視員がいて下に移動させてくれません.バスを降りて最寄りの入り口から入って左方向に進み,レストランエリアを抜けた辺りにあるエスカレータに移動しました.ここはいつも無人で今のところ監視員が居るのを見たことがありません.この日もこのエスカレータに乗って到着ロビーに移動しました.

p0525_4_3_2.jpg
ここのエスカレータは到着フロアー移動可能でした


シャトルバスは3番出口を出たところに受け付けカウンターがあります.カウンターの前に着いたのが,16:30.チケットの提示を求められて,前回同様ドラえもんのスタンプを押して貰って待機していたバスに乗り込みました.時刻表には16:48の便も有るはずなのだけれど,すでに発車済みなのかキャンセルされたのかはわかりませんが,乗車したバスは17:00発のものでした.乗客は私の他にカップルが1組だけでした.

バスは高速道路を快走して,ドンムアン空港に到着したのが17:50.やっぱり道路が空いていても50分はかかるようです.パタヤのホテルからドンムアン空港まで,約3時間20分かかった計算になります.運賃は,Bell Travelの事前予約価格で230バーツ.Bell Travelのドンムアン空港行きの目安時間は3時間と記載されています.こちらはホテルピックアップサービスが無いことを考えると,それほど時間のロスはありませんでした.便数の多さを考えるとスワンナプーム空港経由の方が便利な気がします.

p0525_4_3_3.jpg


パタヤ→ドンムアン間をMr. Tタクシーで予約すると1,200バーツで目安時間が2時間半とのことなので,約1,000バーツで1時間の時間を買うことになります.荷物が多い場合はタクシーの一択だと思います.

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月26日

マリアちゃんピンチ?(4日目 その2)

12時前にVちゃんを送り出してから,残っていた荷物をまとめてチェックアウトを済ませました.スワンナプーム空港への移動には午後3時のBell Travelを予約済みで,ビックアップのバンが14時半に迎えにくる予定になっています.まだ少し時間があるので,フロントに荷物を預けて,近くのショッピングセンターのフードコートにランチを食べに行くことにしました.注文したのはこの料理.たまごを乗せて80バーツでした.ピリ辛ソースがたまごの甘さと合っていてなかなかいけます.

p0524_3_3_1.jpg


料理を待っている間にメールをチェックすると,マリアちゃんから「彼氏と深刻な喧嘩をした」という内容のメッセージが入っていました.「どうしたの?」と返すと,すぐに返信がありました.

「彼が私の(iPhoneの?)アルバムを見て怒っている」
「大丈夫なの?」
「知らない」
「彼はどこにいるの?」
「自分(彼)の部屋」
「仲直りした方がいいよ」
「うん,分かっている」
「今夜会って仲直りする?」
「今夜は会えないの.会うのは彼が休みの日だけ」

どうやら明日は彼が仕事の日なので会えないみたいです.ということは次に会えるのは次の週末ということになります.喧嘩したまま一週間過ごさなければならない不安な気持ちは良く理解できます.それにメールのやりとりだけで痴話喧嘩をしていると,話しがこじれる場合が多いですよね.彼女は美人だし,性格も良い子なので,フラれることは無いと思うのですが,やっぱり心配です.(なっちゃんの一言が気になりますが…(参照:(個人的)最強LBなっちゃんご立腹?)

私と一緒に撮った写真が直接の原因かどうかは分かりませんが,なんとなく責任を感じてしまいます.しばらくして,彼女のフェースブックのタイムラインに,ちょっと悲しそうな顔でベッドで横になっている自分撮りの写真がアップされていました.ノーメイクでナイトガウンのようなセクシーな服装.ベッドの反対側に,背を向けて寝ている男性らしき姿が少しだけ写り込んでいます.おそらく彼と喧嘩した後に撮ったものでしょう.

p0525_4_2_1.jpg


彼女曰く「彼は50/50ボーイフレンド」.今はパタヤで仕事をしていて彼女と付き合っているけど,日本に家族が居るとのことです.そういう現実も受け入れた上で,生活のことも考えて彼と一緒にいることを選んでいるのだと思います.ちゃんと仲直りできると良いんだけど.
(つづく)

にほんブログ村 旅行ブログ 東南アジア旅行へ
にほんブログ村
posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月25日

Vちゃんとホテルへ(2)(4日目 その1)

何もしないまま眠りにつき翌朝目が覚めると,Vちゃんはまだ隣で気持ちよさそうに眠っていました.起こさないようにそっとベッドを抜け出して顔を洗ってから,しばらくメールをチェックしたり,ネットを見たりして彼女が目を覚ますのを待ちました.でもVちゃん,スヤスヤ眠っていてまったく起きる気配はありません.仕方が無いので荷物をまとめ,パッキングをしてチェックアウトの準備をしました.

p0525_4_1_1.jpg


午前10時ぐらいになって,だんだんとチェックアウトの時間が気になりだしました.昨夜は何もせずに眠ってしまったので,これからシャワーを浴びてからやることやって,もう一度シャワーして着替えるとなると,そろそろ起きて欲しい時間です.そこでベッドに入って抱きしめたりキスしたりしていたら目が覚めたようで,甘えるように抱きついてきました.体を優しく引き寄せて愛撫しました.

昨夜,お互いシャワー無しで寝てしまったので「まずはシャワーかな」と思っていたのですが,Vちゃんは既にスイッチが入ってしまったみたいです.さっさと自分で服を脱ぎ捨ててしまいました.こうなると私としても,もう止めることができません.

相変わらずハリのあるサラサラボディで,さわり心地は最高です.太っている訳じゃないのに胸も大きくて,上向きに横になっていても十分にボリュームを感じることができて興奮しちゃいます.やっぱりこの子のカラダは最高です.上から覆い被さるように抱きしめて,感触を楽しみました.

キスに関しては今回も控え目です.そのせいもあってか,心配していた口臭は随分とマシに感じます.実際,顔を近づけてもそれほど気ならなくなっていました.調子にのって攻めていると,今度は下から.悪臭というほどでは無いけど,キツい目の匂いが… そりゃ,夜とはいえ,暑い中歩き回って汗かいているのにシャワーもしなければ匂うはずです.(^^;

もともと「下」への攻めはあんまり好じゃないので,早めに済ませようと,さっさとゴムを装着して挿入しちゃいました.Vちゃんの受け入れ体勢は十分に整っていたようで,「つるん」と入ります.しっかりとしたホールド感で具合も良好です.小さな声を漏らしている,Vちゃんのカワイイ顔を見ながら,十分に感触を楽しんだあと,腰の動きを早めてフィニッシュしました.注意深くゆっくり抜くと,下の方から魚の腐敗臭が… x_x

さすがに気持ち悪かったので,すぐにでもシャワーに行きたかったのですが,ここはレディ・ファースト.紳士的に遊ぶためのマナーですね.

「シャワー行く?」
「いらない」

エッ?いらないの?帰って浴びるつもりかな? それじゃ遠慮無くということで「シャワー行くね」と言い残して,バスルームに入りました.雑菌感染症が怖いので,おちんちん周辺を念入りに洗って部屋に戻ると,Vちゃんはすっかり服を着けてベッドに転がってYouTubeを観ていました.

Vちゃん,とてもカワイイ性格をしているしカラダも最高なんだけど,ちょっと頭が弱いというか,都会化して無いというか,なんか野生児っぽく(分かりますか?)感じるところがあります.まあ,それが彼女の魅力と言えなくも無いのですが.
(つづく)

posted by Pen at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記